過去の記事一覧

2015年5月の全ての記事一覧

更新日 2015年5月25日(月曜日)

火の見やぐら

さっき地震がありましたね

あれぐらいの揺れだと

「ついにきたかッ・・・ドキ~ッ!」

って状態になります、エエ
 

「関東大震災は60~70年周期だから

 いつきてもおかしくない!マジで!」
 

なんてオレが子供の頃から言われてます

でも、あれから50年以上経過してますよね

でも、日頃の備えは大事ですよ、ホントに
 

さて、地震は怖いですけど火事だって怖い

あれは小学校4年、土曜日の午後でした

オレは家で漫画読みながらオヤツ食べてた
 

ま、オヤツと言えばカールでしょ?普通ね

で、カールと言えばカレー味でしょ?常識的に考えて

ま、54歳になった今でも、この信念に変わりはない
 

サクサク、カリカリ、美味しいなぁ・・・

すると突然「ひゃ~!」外で誰かが叫んだ

ただならぬ気配を感じて家から飛び出すと
近所のオバサンが真っ青な顔で走ってくる
 

「か、火事・・・火事~火事だよ~!」
 

あのカッと見開いた目!

なぜか右手で手拭いを振り回している

今でもクッキリと目に焼き付いてます
 

火事は3軒隣の家で、全焼だった

鎮火した後、その家のオバサンが

近所中に「申し訳ありません・・・」

と頭を下げてました・・・

みなさん、火事には気をつけましょう
 

なんでこんな話をしたかと言いますと

こんな写真を柏市役所のHPで見つけたんです
 

やぐら01
  ↑↑1960年頃の柏駅東口ハウディーモール↑↑ 
 

右上に火の見やぐらが写ってますよね

オレね、これ覚えてるんですよ!

いや~懐かしい!まだ一方通行じゃないですね
 

ウソよ!こんなの柏じゃないわよ!なによ!

と憤慨する子育てママさんの為に解説します

現在の位置関係は・・・こんな感じですね
 

やぐら02
 ↑↑これ、たぶん消防パレードやってますね↑↑ 
 

オレが覚えてるのは丸井や西友がある時代なので

既に、火の見やぐらは使われてませんでした
どう見ても、やぐらのが背が低いですからね
 

でも、火の見やぐらって消防署の上にあるんでしょ?

駅前通りに消防署があったんですかね?

それは覚えてないなぁ・・・誰か知ってます?
 

街の景色ってのはドンドン変わりますけど

カールだけは変わりませんね・・・

カレー味があまり売ってなくて悔しいですが
 

(つづく・・・チーズ味が主流なのは何故だ!)

更新日 2015年5月18日(月曜日)

柏・珈琲迷宮へようこそ~その2

速報!コーヒーを飲むと寿命がのびる!

なんてニュースを一週間前に見ました

東京大学と国立ガンセンターが

9万人を19年間、追跡調査したらしいので
それなりに信憑性があるような・・・
 

コーヒー?紅茶?それとも緑茶?と問われれば

「コーシープリーズ!マドモワゼル!ウィウィ」

と迷わず答えるオレとしては朗報ッス、嬉しいッス

ま、元祖健康食品と言えばアレです

紅茶キノコです、社会人の常識です
オレが小学校の頃なんですけど

台所に奇妙な液体が置いてありましたね

茶色い液体にサルの腰掛みたいなのが浮いてた
 

こうちゃ
 

オレは直感的に思いました

腐ってやがる・・・早すぎたんだ

早速、台所管理者の母親に問い合わせた
 

オレ「マム・・・これ何かな?」

母親「紅茶キノコだよ・・・飲む?」

オレ「OH~!NON!NON!」
 

そんな感じで母以外、誰も飲みませんでした
で、母は現在87歳ですけどピンピンしてるんです

たぶん紅茶キノコでしょうね・・・たぶんね
 

そんなワケでバカにできない民間療法
コーヒーを毎日飲んで健康維持を目論むオレとしては

ど~せ飲むなら美味しい珈琲ってコトで

またまた・・・柏で珈琲店を見つけたよ~!

これまた・・・マスターが珈琲博士だったよ~!
 

コーヒー03

 柏駅東口の豆壱ってお店。普通に歩いてたら見過ごす
 

豆壱のマスターは52歳・・・またオヤジか!

彼は元柏市職員だったが48歳で早期退職

そして珈琲屋のマスターになった

安定の公務員を辞めてまで・・・理由を聞くと
 

「コーヒーが好きだから・・・(キリッ)」
 

どうしてオヤジはコーヒーが好きなんだよ!

たぶん、珈琲には浪漫があるのだろう

アフリカ・キロマンジャロ峰には行けないけど

キリマンジャロコーヒーを一口飲めば・・・

ブワァッ・・・・光景が目に浮かぶ・・・

ワケないんですけどね!
 

コーヒー02 

 マスターお勧めのコーヒー3種を飲んでみた
 

まずはエチオピア・ナチュラル・・・ズッ・・・

濃いわ~すっげ~濃いわ~コレ好きだわ~

チョコもついてるの?ペロペロ・・・合うわ~!

次はケニアか・・・ゴクツ・・・

こ・・・これはッ!普通だわ~ホント普通だわ~

でも普通に美味しいってのが大事なんですよね~

濃すぎても飽きちゃうでしょ?これもイイわ~

そして・・・最後はパナマ・・・グイッ!

ブアァァ~!パナマ運河の光景が目に浮かぶ・・・

ワケね~し!でもフルーティーだわ~

さすが早期退職しただけのコトはあるわ~

え?このチーズケーキも作ってるの?

へぇ・・・パクッ・・・美味しいよマスター!

ケーキ屋やれば?それは違う?あっそう・・・

オヤジにはこだわりってヤツがあるんだな・・・

わかるよマスター、ご馳走様でした!
 
コーヒー01
  自家焙煎の豆も販売していて、実はこっちがメイン


しかしアレですよね、コーヒーの種類って膨大ですよね

でも味の違いって少しですよね?素人から見れば・・・

それを何十種類も・・・ちょっと苦いとか・・・

ちょっとスッパイとか・・・微妙に渋いとか・・・
もう・・・完全にイっちゃってますよ!

でもマスターは楽しいんですよ・・・そうなんでしょ?
 

「コーヒーが好きですから!(迫真)」 
 

やっぱりね・・・珈琲屋のマスターは

オタク体質じゃないと、つとまらない

なるほど、オヤジが多いのも納得です

(つづく・・・オヤジに栄光あれ!) 

更新日 2015年5月11日(月曜日)

柏スィーツを探せ!第8回

繁盛ソバ屋を女主人が切り盛りするドラマ

「肝っ玉母さん」見てました?え?見てない?

オレは見てましたよ、小学校2年生の頃ですけど
 

主人公の京塚昌子さん、当時30代だったんですね

でも子供目線だと50~60歳ぐらいに見えたんですよ
 

小二(8歳)の子供目線だと

9歳~11歳 お姉さん

12歳~18歳 大きなお姉さん

19歳~ オバサン

60歳~ オバーサン
 
まあ、こんな感じで識別してますよね

つまり30代と50代の見分けがつかない

まあでもイイもんです、元気な女性の店ってのは

で、そんな女性が一人で切り盛りする

スイーツカフェが柏駅徒歩8分にあるってんですよ

店の名前は「Takiko’s sweets」早速、突撃してきた~!
 
たきこ04
 イキナリ元気だわ・・・店主・瀧可澄(タキ・カスミ34歳)
 

う~ん良い名前です、まるで萌えアニメの主人公です

カス☆ミン!キュンキュン!萌え~萌え~おっと失礼

店内はパリ風じゃなくてアメリカンポップな感じ

へぇ・・・スイーツ店にもいろいろあるんだなぁ

オレ「オススメは何ですか?」

可澄「エヘヘ・・・全部だよぉ」

オレ「そこをなんとか・・・」

可澄「シフォン、今焼いてるからパンプディングは?」

オレ「よしソレだ!ざるソバ大盛りで!」

可澄「ね~よ!」

オレ「知ってるさ・・・ハ~ッハッハッハ!」
 

そんなオチのないアメリカンな会話を楽しんで

パンプディング+コーヒー(セット700円)を注文した
 

たきこ05

  コーヒーカップもいちいちオシャレ~さすがカス☆ミン

なるほど、これがパンプディングか・・・

フフフ・・・オレはパンケーキで学習した

この「パン」はフライパンのパンでしょ?そうでしょ?

え?違う?この場合は食べるパン?あっそう・・・

了解カス☆ミン、パンとプリンね、いただきマ~ス!

パクッ・・・やわい!しっとり!懐かしい!

え?ホイップクリームと一緒に食べろ?ああナルホド

パクッ・・・ハーモニー!甘~いミルクの香りブラボー

え?コーヒーと交互に楽しめ?ああナルホド

ゴクッ・・・パクッ・・・至福だよカス☆ミン・・・

これさ、ケーキ全種類を一人で作ってるの?

え?カレーも作って出してる?すごいパワーだね

もしかして京塚さんのお孫さん?知らない?あっそう

いいお嫁さんになるよカス☆ミン・・・ご馳走様!
 

う~ん、なるほど美味しい

開店してから6年、地元で愛されてるってのがわかった

アレです、完全手作りホームメイドケーキって趣向です

しかもランチでサンドイッチとかカレーとか・・・
これはハードです~がんばれ柏スイーツ戦士!
 

問題は自分の時間が、あまりないってコトらしい

ならば・・・精神と時の部屋に入ればいいじゃない!

知らない?漫画ドラゴンボールに出てくるアレ
 

可澄「ね~よ!」

オレ「知ってるさ・・・ハ~ッハッハッハ!」
 

(つづく・・・スイーツ探訪は永遠に)

更新日 2015年5月4日(月曜日)

柏一族の陰謀~第一回(登場する人物・団体は架空の・・・以下省略)

コンコン・・・ノックの音がした

誰だろう?もう夜中の2時半を過ぎている

ドアモニターを覗くとそこには

柏たなかが立ちすくんでいた
 

「何事だ?こんな夜中に」

「柏の葉キャンパスにいじめられたんだ」

「そうか・・・まあ中に入れよ・・・」
 

またか・・・オレは思った

双子の兄弟、しかも隣の駅なのに

2人はいつもケンカばっかりだ

「いったいどうした?」
「柏の葉キャンパスがボクを見下すんだ!

 柏たなかにはショピングセンターが無いって!」

「気にするなよ・・・そのうち三越とか出来るよ」

「ウソだ!ボクの駅に三越ができるワケないよ!」
「まあ確かに・・・まずはドラッグストアだよ

 そう思ってオレは前々から松戸さんに頼んである

 ちょっと電話してみるよ・・・」
 

かしわ01
 
「あ、松戸さん、夜分遅くスミマセン・・・例の話

 どうなりました?え?ハイ・・・そうなんです

 また2人がケンカしてるんですよ・・・

 なんとかなりませんか?マツモトキヨシ新規店舗・・・

 無理?ああ、そうですか・・・そこをなんとか・・・

 とりあえず話だけでも・・・ハイ、ありがとうございます

 え?あ、ハイ・・・じゃあ今度あらためてご挨拶に」
 

「柏兄さん、今の電話なに?マツモトキヨシできるの?」

「違う・・・違うよ、頼んだだけだ・・・」

「兄さんばっかりズルいよ!高島屋もそごうも丸井も・・・」

「いつだって柏に遊びに来ればいいだろ?」
「いやだ!柏たなかに欲しいんだよ!」

「なあ、たなか・・・オマエには広大な空地があるだろ?

 あれは無限の可能性なんだ。作ろうと思えば何でも・・・」

ドンドンドンッ!突然、誰かがドアを叩いた

ふぅ・・・なんて夜だ。今度は逆井と増尾がケンカか?

ドアを開けると、汗びっしょりの北柏が立っていた
 

「どうした?顔が真っ青だぞ」

「あ・・・我孫子が攻めてきた~!」

「あわてるな!どうせまた取手にそそのかされたんだろう」

「それが今回は違うらしいんだ・・・」

「え?そうなのか?じゃあ土浦か?まさか守谷に?」

「それが・・・バックに水戸がいるらしい・・・」

「バ・・・バカな!県庁じゃね~か!それは大事だ!」
 

かしわ02
 

「今すぐ流山に援軍を要請だ!たなか、電話だ!」

「流山って・・・流山電鉄の方でいいの?」

「違うって!流山おおたかの森に決まってるだろ!」

「りょ・・了解!野田は?」

「野田は食糧支援だ!ホワギョー60個、冷凍で!

 おいおい・・・電話は秘密回線を使え!落ち着くんだ」

ふふふ・・・腹が減っては戦はできぬってヤツだ

妹の豊四季も呼び出すか・・・餃子焼くの上手いからな

しかし我孫子のヤツ・・・なに考えてる?

まさか湖北も一緒じゃないだろうな?だとしたら厄介だ


「野田・流山、30分以内に集合できるそうです!」

「ふふふ・・・圧倒的じゃないか我が軍は!」

「船橋からも支援は必要かと問い合わせが・・・」

「今回は断ろう、これは東葛地区の問題だ」
 

ドォ~ン・・・爆音が近づいてくる・・・いよいよか

2階で寝てる新柏を起こしてくるんだ!40秒で仕度しな!

ドガガァァ~!ドガンドガン!近い!来るぞ~!
 

ガタン・・・ドアを開けて我孫子が入ってきた

両手に花束を抱えている・・・なんだ?

「柏君!市政60周年オメデトウ!ちょっと遅いけど・・・」

ふぅ・・・ビックリさせやがって・・・コイツゥ!

我孫子!俺達いつだって親友だよな!ハッハッハ!
 

(つづく・・・夢オチだけは回避しました)