過去の記事一覧

2014年11月の全ての記事一覧

更新日 2014年11月24日(月曜日)

柏スィーツを探せ!第4回

定期的に美味しいケーキを食べないと

人生楽しくないよ~って思ってるアナタ!

実を言うとオレもそ~なんです、ヨロシク~!
 

まあアレですね、柏は女子力の高い街なもんで

お菓子屋、ケーキ屋、甘味処が無数にあります

ベリ~女子に優しい街!女子の女子による女子の為の街!

オレも早く女子になりてぇです、お代官様!
 

で、柏スイーツを検索してたら、こんな記事があった

「柏の奥座敷、逆井の名店ラ・フレジェが美味しい!」

なるほど・・・柏の奥座敷・・・なにそれ?初耳デス!
 

つまり、柏で成功した政財界の大物が居を構える

風光明媚な土地柄・逆井・・・そんな感じ?

柏の影の総理や、闇の帝王が和風邸宅に住んでるの?

んで、獅子脅しがコォ~ンッ!とか鳴り響いて・・・
 

帝王「市長、最近はどうだ?」

市長「ハハァ!順調で御座います」
 

とか話してるんでしょ?よし、早速逆井へGOだ!

考えてみると逆井駅ってのも初体験なんですよ・・・

いや~ドキドキするなぁ・・・次は逆井~逆井~到着だ!
 

逆井

 逆井駅東口・・・すごい奥座敷な感じ・・・西口も同様
 

逆井は完全な住宅街なんですね、ナルホドね~

駅から2分でラ・フレジェに到着した

ほう・・・なかなかオシャレでキュートな外観だ

きっと、きゃりーぱみゅぱみゅ的なオシャレ店主なんだろう

んで、中で踊りながらケーキを作ってる、そんな雰囲気デス!

おお!?ショーケースには・・・ナント、モンブランが3種類も!

モンブラン七段のオレへの挑戦状か!おのれ~ぱみゅぱみゅ~!

え~い、ちょこざいな!バイトの御嬢さん、コレとソレください!

2つともモンブランでいいのかって?いいんです!


もんぶらん

 紫芋のモンブランと熊本産マロン使用の定番モンブラン
 

さらにフランス産マロン使用のモンブランもある・・・

ラ・フレジェのパティシエは、モンブランマニア確定だな

そこまでオレと勝負したいのか?受けて立とうじゃないか!
 

フム、まずは紫芋から・・・パクッ!あ、甘いぞ!だが芳醇!

土中の芋とは思えぬ爽やかな甘み・・・嗚呼モンブランだね!

芋だが栗に負けてないマジック!よし、特級モンブ認定だ!

さてさて・・・次は熊本栗のモンブちゃんか・・・いざ勝負!

なんだ?極太きしめんみたいな・・・細ちぢれクルクル形状じゃない

パクッ・・・重いッ!空気を含まないきしめん形状クリームに

栗の全てが詰まっている・・・う~ん、まさにモンブランだね!

目を閉じると熊本城が見えてくる・・・う~ん火の国、栗の国!

うむ、納得のモンブラン、パティシエの情熱が透けて見える・・・

御嬢さん、きゃりーぱみゅぱみゅ店主を呼んでくれたまえ!
 

店主「私がラ・フレジェ店主で御座います・・・」

河合「あなたが?きゃりーぱみゅぱみゅ店主・・・ですか?」

店主「ぱ・・・ぱみゅ?私、69歳、綾瀬生まれで御座います」

河合「ええ!見えないです!35歳ぐらいに見えます!」

店主「またまた御冗談を」

河合「ええ、冗談です」
店主・河合「ファ~ッハッハッハッハ!」
 

モンブランを愛する者同士、打ち解けるのは一瞬だ

ラ・フレジェは35年前から逆井駅前で営業しているらしい

相当な数のケーキが陳列されていて、どんどん売れていく

うん、地元民に愛されているのだろう、きゃりーぱみゅぱみゅ!

これからも元気にモンブランを作り続けてくださいね~!
 

いやいや~こんな名店が逆井にあるなんて・・・恐るべしだ

きっと高柳にも、豊四季にも、柏たなかにもあるハズ

きゃりーぱみゅぱみゅ(69歳)店主が腕を振るう店があるハズ

さあ、次に勝負するのはどの店だぁ!
 

(つづく・・・スィーツの旅は終わらない)

更新日 2014年11月17日(月曜日)

恐怖!千代田線相互乗り入れ

「お客さ~ん!終点ですよ~!」

な~んて車掌さんに耳元で叫ばれて

肩をグイグイっと揺すられて・・・
「ん・・・ナニ?あれれ?シマッタ~!」
 

そ~ゆ~コトあるでしょ?ないですか?

オレは結構あるんですよ~

電車で乗り過ごすコトがね

ホント、眠りが深いってゆ~か

寝る子は育つってゆ~か
 

柏駅を通り過ぎて我孫子・取手ならまだイイんです

1~2駅、寝過ごして「ハッ!」ならカワイイんです

舌をペロっと出して「やっちゃった~エヘ!」で済むんです

でもね・・・フト気が付いて勝田駅だったら・・・ (絶句)
 

ちよだ
  これで大丈夫?ま、こんな人見たことないけどね
 

ところで、みんなは本厚木駅に行ったコトあるかな?

ええっ?本厚木を知らない?小田急線の奥地だよ!
あのね、オレはね、3回ほど行ったコトがあるよ

用事も無いのにね、ハハハ・・・(号泣)

 
千代田線が柏駅に乗り入れたのが1971年

小田急線と相互乗り入れ開始が1978年

この時、柏駅に恐怖の「本厚木行き」が登場した
 

当時18才だったオレは、電車で寝ると熟睡した

よし、北松戸へ行くぞ~!と千代田線に乗って

ガタンガタ~ン・・・電車の揺れって眠くなるよね

ああ眠い・・・眠いよ・・・パトラッシュ・・・
 

フト気が付くと・・・そこは本厚木!ヒョエ~!

柏駅から57駅デス!57回も乗り過ごしたよ!

18才なのに人生やり直したい気分ですわ

18才なのに「部長スミマセン!寝過ごしました~!」

と、言わざるをえない気分ですわ
 

こ~ゆ~のを筆舌に尽くしがたいと言うのかな?

いやいや、寝過ごしチャンピオンかな・・・

ま、オレに寝過ごさせたらギネス級だよね


あの頃は「時間を無駄にした・・・悔しい!」

なんて思ったんですよ。でも今はこう思える

「あの時、あれだけ寝たから今も健康なんだ!(強引)」

ふぅ・・・なんて前向きなんだろう・・・エヘッ!
 

だけど今でも怖い

上野駅から勝田行きに乗るのが

軽~く緊張するんですよね

もし乗り過ごしたら・・・ってね
 

常磐線勝田行き、車内はガラガラなのに立ってる男

それは多分オレなので・・・ヨロシク!
 

(つづく・・・次は唐木田~!え~ッ?)

更新日 2014年11月10日(月曜日)

カムバ~ック!かしわ荘

むか~しむかし、長野県の菅平高原に
柏市直営の「かしわ荘」って山荘がありまして
柏市内の小学生は5年生になると
2泊3日の林間学校に菅平へ行ってた
 

でね、オレも行きましたよ菅平。人生初高原です

んでね、朝起きると窓の外がモヤ~っとね・・・

何コレ?これがウワサの朝霧っつ~ヤツですか?
 

そりゃ~幻想的でしたね、感動ものデス!本物デス!

まるでスイスの湖畔だよチロリア~ン!って感じ

アナタにもチェルシー・・・アゲタイ・・・

オレは思わず口ずさんでた

そして夕食後、大食堂でお楽しみ会ってのがありまして

有志が前に出て歌謡曲を歌ったりして盛り上がるワケです

すると突然、石橋先生(担任・体育会系)がオレを指名した
 

先生「河合~ッ!何か歌え~ッ!盛り上げろよ~!」
 

オレ?オレかよ!いきなりオレ指名かよ!
本田圭佑からのキラーパスってこんな感じ?
やさしくないなぁ・・・鬼か!アンタ鬼か!
 

菅平

 
オレ「それでは・・・丘を超えて行こう、を歌います」

大食堂にはガッカリ感が漂った

なんで教科書に載ってる真面目な歌なんだよ!
ここはドリフのズンドコ節だろ!そんな感じ・・・
おれは静かに歌い始めた
 

♪丘を超え~行こ~う・・・
 

シーン・・・(静寂)
 

♪と思ったら、丘~が無いのでズッコけた!
 

ドッ!(大爆笑)
 

かしわ荘が揺れた!大ウケだ!
貞子も井戸から笑いながら飛び出してくるレベル
石橋先生(パンチパーマ)もオレのギャグにビックリして
黒ひげ危機一発の海賊みたいに椅子から飛び上がってた
そしてオレに言った・・・
 

先生「河合・・・さ、さすがだな(涙声)」
 

なにが流石なのか今でもわからない
オレのギャグがネイマール級ってことかな?
とにかくお楽しみ会は盛り上がって先生も御満悦
 

だがオレには心に引っ掛かるものがあった
実はこの日、アニメ「巨人の星」の最終回だったのだ

大リーグボール3号はどうなるの?親子対決は?

当時、ビデオなんて気の利いたモノもない・・・

オレは先生に怒られるのを覚悟して食堂を抜け出し

かしわ荘ロビーのテレビで巨人の星を見始めた

オレは画面を見て驚愕した
 

オレ「うおおぉ!巨人の星に色が付いてる!」
 

当時、オレの家はまだ白黒テレビだったのだ

飛雄馬がボールを投げると空が紫に染まる・・・カッコイイ!

気が付くと周囲には数十名の同級生が集まってた

そう、みんな最終回が見たかったのだ
 

星一徹「わしら親子の戦いは終わった・・・ジャジャ~ン」

いや~大団円!パチパチ!ふと振り返ると・・・ゲェ!

石橋先生(鬼)が後ろの方で腕組みして仁王立ちしている

あわわ・・・これは・・・怒られる!オレは覚悟した

先生はオレに歩み寄り、オレの目の前に立った
 

先生「河合~ッ!」

オレ「ハ、ハイ・・・」

先生「やっぱり巨人の星は面白いな!ガ~ハッハッハ!」
 

ふぅ・・・アンタは伴宙太か!豪快君か!

いやいや、先生が豪気な体育会系でヨカッタです

あれ以来、オレにとって高原とは菅平高原なのです!(キリッ)

(つづく・・・かしわ荘が復活する日まで)

更新日 2014年11月3日(月曜日)

俺は柏のナシゴラ~

今ね、インドネシア・ジャカルタにいます

でね、朝食はホテルのバイキングなワケです

よ~し、コーヒー飲むぞ~なんて思いまして

バイキングで飲み放題!5杯飲むぞ~なんて思いまして

早速フロアー係のお嬢さんに頼んだワケです
 

オレ「OH!・・・コーヒー・・・プリーズ・・・」


なにが「OH!」なんだか自分でも意味不明っス!

つい、旅慣れた外国語ペラペラのフリをしてしまって・・・

コーヒー頼むのに「OH!」とか感嘆詞を言う必要ないんス
 

うら若きフロアー係のお嬢さんにしてみれば、突然

「ウッヒョ~!・・・コーヒー・・・頂戴・・・」

って言われてるワケですよ、これは怖いですよ
 

だって、ウッヒョ~!から話すのは北斗の拳ぐらいでしょ?
しかもモヒカンの人か、3秒で爆発する人ぐらいですよ
 

極悪非道のウイグル獄長だって必ず

「うむ、今日は気分がよろしい・・・」

なんて穏やかに話し始めるわけですし・・・


じゃあオレはフロアーお嬢さんに何て言えばいいのか?

日本だったら「あの~すみません、コーヒー」ですよね

ってコトは「アイムソーリー、コーヒー」でいいのか・・・
 

違うよ~!似てるようで、全っ然違うよ~!

ハイ、ここ大事!テストに出るよ~!

もし「アイムソーリー」なんて言ったら・・・

寝る直前にフトンの中で思い出して赤面だよ~!
 

あと、アイムソーリーと言ったら、約98%の人がその後に

ヒゲ剃~り~って言っちゃうからね・・・要注意だよ!

ハイここ大事!ちゃんとメモしないとダメだぞ~!

OH

    ホテルの前で間違いを後悔するオレ
 

まあでもね、ジャカルタに3日間滞在して得た結論

それは・・・ナシゴレンは美味しいってコトなんですね

もしオレがですよ、食いしん坊万歳の龍虎さんだったら

「ウンウンウン、美味い!」と3回うなずく、ほぼ間違いなく
 

で、柏でもナシゴレン食べようと思いまして

アナと雪の女王ばりに歌いながら検索開始です
 

♪ナシゴレン食べよう~

♪ナシゴレン食べよう~
 

な・・・無い!
インドネシア料理屋が無い!

ナシゴラ~としては悲しいデス

母さんドコいったんでしょうね・・・

あのナシゴレン・・・
 

柏と言えばエスニック料理でしょ?

それなのに、嗚呼それなのに、それなのに

インドネシアは人口2億5千万人の巨大国家

柏市としてもナシゴレン推しで損はない!(強引)


(つづく・・・柏名物ナシゴレンが定着するまで)