過去の記事一覧

2014年2月の全ての記事一覧

更新日 2014年2月24日(月曜日)

パッパラーぶらり一人旅~花野井編

旧吉田邸なる国の重要文化財が柏市花野井にある

江戸時代の豪農で、その屋敷が現存しているんです

知ってます?知らないでしょ?オレも知らなかった
 

知らないワケですよ。だって公開されたのは平成21年

重文に指定されたのは去年なんです。で、近所を通ったので

ちょっとだけのぞいてみるか・・・と、なったワケです
 

正門から入っていくと、家の中から60歳ぐらいのオジサンが・・・

オレも53歳のオジサンだが、オレより確実にオジサンがヌゥっと・・・

貞子が井戸から出てくる感じで、出てきたんです。何?ナニナニ?

 

みると小脇にパンフレットを抱えている・・・こ、これはもしや!

え~と、羽毛ぶとんは間に合ってますよ。え?違うの?

吉田邸のパンフレット?はぁ・・・それはワザワザど~も・・・
 

オジ「私ね、ボランティアで吉田邸の説明してます。聞きます?」

河合「説明・・・ハイ、じゃあお願いします・・・」

オジ「時間は大丈夫ですか?1時間ぐらいかかります」

河合「い、い、1時間?それはちょっと・・・30分ぐらいなら」
オジ「そうですか・・・じゃあ超特急ですね。まずはこちらの蔵へ」
 

オジサン、明らかに不満そう。1時間タップリ説明したいらしい

でもオレだってフラっと立ち寄っただけで、1時間の説明はキツイ

平日の昼間、見知らぬオジサンとジックリ1時間・・・やっぱキツイ

でも説明を断ると、オジサン、たぶんグレる。じゃあ30分だけ
 

れきし

  オジサン学芸員の知識と情熱はスゴイ!


オジサン、蔵の中で柏の歴史を語る。江戸幕府の放牧地からスタート

オジサン、柏の生き字引。恐れ入りました。そして母屋に移動する

オジサン、凝りに凝った建物を説明。ちょっと口を挟むともう大変
 

河合「この瓦のデザイン、面白いですね」

オジ「よくぞ!よくぞ気付いてくれました!そこなんですよぉ!」
 

河合「この建具、木目がキレイですね」

オジ「カァ~ッ!ソレ言いますか!ソレ言われちゃ~コレも見て!」

もうオジサン、ノリノリ。気が付くと30分過ぎている

オジ「あ・・・時間・・・大丈夫ですか?」 

河合「ええ、まだ大丈夫ですよ!大丈夫マイフレンド!」
 

オジサンの顔がパァ~と明るくなった。頬が紅潮して女子高生みたいだ

こうなったら明日の朝まで付き合おうじゃないか!ハッハッハ!
そして施設をすべて見て廻り、気付いたら1時間以上が過ぎていた
 

河合「ありがとう御座いました。ホント面白かったです」

オジ「フフフ、私もつい熱くなって語ってしまいました」

見詰め合う二人。そこには奇妙な友情が芽生えていた・・・青春か!
 

それにしても花野井にこんな観光スポットが・・・柏恐るべしだ!
 

よしだ

 吉田邸前で記念撮影。これですべて無料!歴史好きにオススメ
 

(つづく・・・次は布施弁天でも行くか・・・)

更新日 2014年2月17日(月曜日)

このあとすぐ!

もう1時間半ぐらい待ってるんですけど・・・

でもね、まだ待たなきゃダメみたいです・・・

やっぱり待ったオレの負けですかね・・・

何を待ってるのかって?えっとね、さっきからTV画面右上に

「女子スピードスケート1000m~まもなく小平スタート!」

と表示されてるんですが、全然始まらないんです
 

「まもなく」ってのは5分ぐらいでしょ?違うの?

オレの認識が間違ってる?それともTVが間違ってる?
トイレも行けない、コンビニも行けない、なにもできない
 

オーケー了解、オレが甘かった。TV業界をなめてた。負けを認める
そもそもね、世界陸上の「人類最速!ボルトはこのあとすぐ!」で

このあとすぐは、すぐじゃないと学習したハズ
 

たぶんオレは五輪の雰囲気にのまれた。冷静じゃなかった

ホント、完全に舞い上がってた・・・五輪のプレッシャーすげえ!
 

そち
  もうね、完璧にソチ五輪の奴隷状態であります

ところで、53歳のオレにとって、冬季五輪の原点、それは札幌

フィギュアといったらジェネットリン!日の丸飛行隊といえば

「ふなきぃ~」じゃなくて「笠谷!金メダル~!」なんですね、ハイ
 

そして冬季五輪のたびに思い出すのが柏中央郵便局

札幌五輪記念切手シートを買うぞ~なんて、朝7時から並びました

1972年当時は、切手ブームもあって五輪と切手のダブルブーム

買うしかねぇ!いま記念切手買わないでど~すんの?ですよホント
 

でもね、中学1年になって突然、ラジオが欲しくなりまして・・・

西友4階のコイン販売店で、切手を全~部売りまして・・・

で、買いました、ソニー・スカイセンサー5500!ワ~イ!


ふぅ・・・よし、書いたぞ・・・

今はソチのコトしか考えられない・・・
 

(つづく・・・次の祭り、ブラジルW杯まで)

更新日 2014年2月10日(月曜日)

カマクラに御用心!

やっぱりね、雪はイイですね。エエ、夢がありますよ

青森あたりの人間からすれば、なに?夢?フザケてんの?

ってコトなんでしょうが、やっぱりカマクラは魅力的
 

まあアレです、わかりやすく言えば、原田知世ちゃんに

「私とカマクラ、どっちを選ぶの?ねぇ!河合(深町)君!」

なんて迫られても「Oh!Yes!カマク~ラ!」と答えるレベル
 

つまり雪国育ちじゃない人間にとって、雪はファンタジー

「明日、関東地方は大雪になるでしょう」

こう言われるとオラ、ワクワクしてきたぞ!なんて興奮しちゃう

フルフル詐欺じゃないの?と思いつつも期待しちゃう
 

しかも大雪ですからね、オ・オ・ユ・キ!

サイヤ人じゃなくてスーパーサイヤ人ってコトです

でもね、学校が休みになる雪は滅多に降らない

事実、オレが柏一小に通学してた、1967年~1973年で

休校になったのは、2年生のとき、たった1日だけ

そう、あの日は朝起きるとヒザまで雪が積もってた・・・
 

それでもオレは半ズボンをはいて学校にたどりついた

すると朝の学活で・・・あ、ホームルームですね今風に言えば

で、学活で担任の浦野先生が、こう宣言したワケです
 

ゆき
 帽子を投げるのはハーバード大ではなく、コレが起源
 

学級閉鎖すら未経験なのにいきなり休校。大興奮ですよ

まあ秋田あたりの人間からすれば、なに?フザケてんの?

ってコトなんでしょうが、そこはホラ、勘弁してください
 

で、家に帰ってから、早速カマクラを作り始めた

だが圧倒的に雪が足りない。仕方ないので塀を利用した

カマクラは半球だが、そのまた半分ってワケ

かまくら
 つまり、こ~ゆ~コトです
 

オレの人生でこれだけです。カマクラを作ったのは

んで、この中で2時間ぐらいジーッとしてまして・・・

んで、風邪をひきまして・・・ハイ、翌日も休校(自主的に)
 

半ズボンが失敗でしたね。でも冬の半ズボンが勇者だった

昨日も近所の小学生が同タイプのカマクラを作ってたんですが

スキーウェア着用だった。まったく最近の若者は・・・賢いです

(つづく・・・次回の大雪まで)

更新日 2014年2月3日(月曜日)

二番街のモンテローザはジャズ喫茶だった

昨日、柏市民文化会館で、柏マイラブって歌を歌いまして(オレが)

地軸がズレるんじゃない?ってくらい盛り上がりまして(オレが)

いや~満足。モンブラン5個一気食いと同等の満足感(オレが)
 

で、このブログのタイトルにもなってる「柏マイラブ」ですが

「二番街のモンテローザでは~」って歌詞があるんです

ユーミンにも「山手のドルフィンは~」ってあるでしょ?アレです
 

歌詞では、モンテローザでは~コーヒー飲んで話した~

なんてオシャレっぽくアンアンとかノンノ風に言ってますけど

コーヒー1杯でしつこく粘った!が事実ですね、エエ
 

もんて
  モンテも今はイタリアンの店。喫茶店の時代は去ったのか

で、粘りまくってたら「ウチで働かないか?」とスカウトされて

バイトを始めた。1979年から3年間。時給は390円。移籍金はゼロ

当時の賃金はそんなもん。でも店長の小林さんがブツブツ言うんです
 

小林「時給390円か・・・河合君はめぐまれてるョ」

河合「そうなんですか?」

小林「オレなんか最初、時給105円だったよ!105円!」


ヒャ、ヒャ・・・ヒャクション!

じゃなくて、ヒャ、105円!

100円プラス消費税かよ!
100円じゃ藤谷美和子は買えないんだよ!
 

でもゴメン、小林さん、時代が違う。ほんとスミマセン

タクシーは、昔一円で乗り放題だったとか通用しないでしょ?
昔は国鉄初乗り30円だった!なんて文句言っても意味ないでしょ?
 

まあでもオレもコンビニで、時給1100円~(22:00~6:00)

なんて張り紙を見ると「高ぇ!オレの時の3倍かよ!」と思う

多分、小林さんが、この張り紙を見たら泣くだろう。間違いない
 

現在のモンテローザの時給はいくらだろう?1000円ぐらい?

今度確かめに行こう。そして「オレなんか390円だったのに・・・」

と、ネチネチ言おう。嫌われるだろうな・・・よし、言おう!変態か!
 

(つづく・・・時給が上がるまで)