過去の記事一覧

2013年9月の全ての記事一覧

更新日 2013年9月30日(月曜日)

ノアケーキの伝説

ワタクシね、しっかりと53歳なんですが

お菓子の国に行きたいな~なんて思うワケです

ええ、もう、イカれてると思って頂いて結構です
 

で、甘~いクッキーとかチョコを食うワケですが・・・

最近の女性はケーキを食べながら、こんなコトを言います
 

「このケーキ、甘くなくて美味しい~!」
 

ん?ケーキは甘いから美味いんじゃないの?ど~なの?

そんなコト言うなら・・・塩を食べなさい!塩ケーキを!

ふぅ・・・オジサン興奮しちゃったよ・・・すまんね

まあね、それだけならイイんですよ、許せるんですよ

でもね、こんなコトも言うんですよ
 

「この野菜・・・甘くて美味しい!」
 

オ~イ!さっきと逆じゃね~か!いいの?甘くていいの?
じゃあさ、ピーマンの砂糖漬けとか食べなさいよ!黒糖白菜とか!

はぁ・・・また興奮しちゃったよ・・・ホントすみません
 

ケーキ


まあでも判ります。ケーキは食べたいけど太りたくない

甘くなくて美味しいお菓子に価値があるワケですね

砂糖水が御馳走だった戦前(オレの父親体験談)とは違うのです

さてさて、じゃあ柏で美味しいケーキは?

あれは・・・オレが小学生の頃かなぁ・・・

ヨーカドーの裏手に「リヨン」って洋菓子店がありまして

そこに1個70円でノアケーキってのがねありましたね
 

ふっくらスポンジに、砕いたクルミとバタークリーム

ホント美味かったですよ・・・甘くなくてね・・・えええっ?

いいのかよ、甘くなくて!オレは支離滅裂かよ!

でもまた食べたいです・・・ノアケーキ

(つづく・・・リヨン復活の日まで)

更新日 2013年9月23日(月曜日)

柏駅東口・ハウディーモールを歩いたら・・・

コーヒー好きですか?オレは好きなんですよ

コーヒー豆の香りを5分間クンクンします
朝コーヒー、昼コーヒー、夜コーヒーします


具体的に、どれぐらい好きかと言うと

秘密の合言葉は「ブルーマウンテン」だし

山に登るなら「キリマンジャロ」しかないと思ってる
 

そして、未だにスタバに行っても指をパチンと鳴らして

「おね~さん、ホットひとつね!」とか自然に言えます

ま、稀代のコーヒー通と言っても過言ではないでしょう
 

そんなオレが柏駅東口・ハウディーモールを颯爽と歩く

パリジェンヌがシャンゼリゼを歩くイメージに近いですね

そして、お菓子屋「まちおか」で見つけたもの・・・それは!

「ブレンディーボトルコーヒー 900ml 99円!」
 

ブラボ~!買うしかないじゃないか~トレビア~ン!

コーヒー君が「ハ~イ!ボクを飲んで~」と叫んでる

飲まいでか!ここを通り過ぎたらコーヒー通じゃない
 

ん?種類が沢山あるぞ・・・どうやら甘さに違いがあるようだ

ダイエット中だから甘くないのがいいな・・・どれを買おう?
 

「ブレンディー 微糖」

「ブレンディー 低糖」

「ブレンディー 甘さ控え目」
 

アウッ・・・フゥ・・・ウィッ?エエエッ?ウオォォォ~!
わかりません、わかりません、わかりません!

これがワビサビってヤツか!全然違う?そ~ですか・・・
 
あ
 

まあ、アレですよ、難関私立中学入試の3択みたいなもんです

オレは負けませんよ!オレにだってコーヒー通の意地がある

早速AGFのHPにアクセス、すると・・・こう書いてあった

低糖 ほどよい苦味

微糖 ほのかな甘み

甘さ控え目 ほのかに甘い

クゥッ・・・カハッ・・・グオオォォ~!やっぱワカンネ!

仕方ないな・・・オレはヤマ勘で「ブレンディー 低糖」を選んだ

ゴクッ、ゴクッ、ゴクゥッ~!美味い!ほどよい苦味が最高だ!
こんなアドベンチャーなハウディーモールが大好きです
 

(つづく・・・ほどよい感じで・・・)

更新日 2013年9月16日(月曜日)

分水嶺

「爆弾処理班!リード線を切断しろ!時間がないぞ!」

「了解、手順を教えてくれ!」

「まずは赤!そして青!間違えたらボンッ・・・だ!」
 

な~んてシーンがアクション映画であるじゃないですか

しかも何故かペンライトの光がオレンジ色でして・・・うあぁぁ!

赤・青・緑・橙のリード線が全部同じ色に見えてしまうぅぅ!

ねえ、ど~すんの?時間だってあと10秒しかないよ!ハァハァ・・・

しかも繁華街のど真ん中。もう一か八か、どえ~いッ!パチンッ・・・

ん?おお、大成功!みんな生きてるよ!助かったぁ・・・

よくあるパターンですよね、主人公が「誰も死なせん!(キリッ)」

とか言っちゃう。ほぼ助かる。アクション映画通のオレが保証します

でもさ・・・今まで我慢してたけど・・・思い切って言いますね
 

人生、そんなラッキーばっかじゃね~ッてばよ!

ふつうはボンッ!だってばよ!嘘はイカンよ、嘘は!
 

そしてリード線以外にも、どっちを選ぶ?ってコトがたくさん

で、それが人生を左右することだってあるんです
 

えr

 柏餅って柏名物じゃないが、そろそろ名物にしてもイイ

1954年、オレの両親は東京のアパートに住んでいた

で「そろそろ一戸建てに引っ越そうぜぇ!」となったらしい

2人とも勤務地は秋葉原で、新居の候補地は横浜か柏だった
 

さあドッチを選ぶ?まずは横浜に物件を見に行ったが予算オーバー

次は柏。駅歩8分、新築一戸建てが・・・ナント30万円ですよ!

終戦から僅か9年、それでも30万円は安い。両親は柏に引っ越した

この時、両親が横浜を選んでいたら・・・オレはハマっ子だったぁ!

イヤイヤイヤ、わからないモノですね、ヒトの運命ってのはね

とことんYOKOHAMAマイ・ラブ・・・違う!なんか違うと思う!

更新日 2013年9月9日(月曜日)

20××年 Kashiwa Olympic Games

オリンピック開催都市は・・・ガサガサ・・・「トォキョ!」

と、昨日は少なくとも50回ぐらい聞いたので

柏でもオリンピックをやりたくなったんです

まあね、無理は承知で招致ですよ・・・プッ・・・ププッ!

とりあえず2040年開催目指して招致活動をする

メイン会場は柏の葉、他に柏中央体育館、柏市民プール
選手村は豊四季団地の空き部屋再利用でコストカット
 

そんな超コンパクト・低予算な大会計画がIOCに高評価
そして開催地決定の瞬間がやってきた!

2040年開催地は・・・シティ・・・オブ・・・ガサガサ・・・
 

001
 

それにしてもロゲ会長さん、ロボットみたいに無表情だった

開催地を発表しながら今夜のオカズとか考えてそう

それぐらいクールじゃないとやっていけない世界

それぐらい魑魅魍魎が跋扈する国際社会・・・お~コワコワ
 

オレはロゲ会長を見て思いましたね

柏に住んで、人生を楽しんでください!とね・・・フフフ

何がフフフだか、全然わかりませんけどね

オリンピックはさておき、柏はスポーツの街です

あれ?ラーメンの街じゃないの?ファッション・音楽の街は?

とか言わないの!いろんな表情がある街なのです
 

で、柏のスポーツといえば
レイソル・まあこれは当然、柏の顔

JX-ENEOSサンフラワーズ・これも柏の顔になって頂きたい
 

そして手賀沼ハーフマラソン。これ、実は人気の大会

オレも4年前からランナーの仲間入りして、この大会を知った
フルマラソンだったらもっと人気になる。フルに進化すべき
 

で、KASHIWAリレーマラソンってのも今年から開催される

全然知らないでしょ?オレも全然知らなかったが

演奏で参加するコトになって、担当者と打ち合わせをした
 

担当「この大会、あんまり知られてないんですよ・・・」

河合「だって・・・ランニング大好きなオレも知らないから!」

担当「ですよね~ホントにね~(顔面蒼白)」

河合「ど~すんの?(困惑)」

担当「ど~しましょうね~ホントにね・・・(涙目)」

とまあ、担当者はガンガンに頑張ってます。ガンバレ!

オレはギターを弾いて走るだけなんで、いまから楽しみデ~ス!

10月6日、柏の葉で担当者は笑ってるのか泣いてるのか?

満面の笑顔で会おうぜ。担当者!
 

10月6日 8:00 受付開始 柏の葉総合競技場・・・よろしくお願いします!

更新日 2013年9月2日(月曜日)

柏駅を通過する黒い物体をキミは見たか?

蒸気機関車って見たことあります?

さいたま鉄道博物館で見た?いやいや、そ~じゃなくて

シュポ~シュシュ!っと煙を吐くリアル蒸気機関車ですよ
 

ええ、オレは見ました。しかも柏で。一回だけですけどね

60歳以上なら普通でしょうが、52歳のオレとしては貴重な体験
 

いやね、そら~怖かったです。静かな電車とはワケが違う

だってね、黒くて大きくて・・・プシュ~とか猛り狂ってるんです

人間で言えば、がぶり寄り荒勢の全盛期って感じですね、アレは
 

昭和46年頃、柏駅近辺にも踏切がありましたね

丸井横の大踏み切りと、代ゼミ(当時は天神家具センター)踏み切り

丸井横は東武線も通るので、開かずの踏み切り状態だった
 

小学校4年だったオレは、代ゼミ踏み切りを毎日利用していた

当時のオレは踏み切りを恐れていた・・・何が怖いかって

「線路のスキマに足がはまったら・・・迫りくる電車!ギャアア~助けて!」

なんて真剣に考えてた。だってね、靴が丁度ハマりそうなスキマなんです
 

カンカンカン・・・その日もオレは踏み切りが開くのを待っていた

その時ですよ・・・「汽車がくるぞオオォォ~!」フイに誰かが叫んだ

叫んだってコトは当時でも珍しかったんでしょう、汽車はね

雰囲気的には船乗りが「船が出るぞぉ!カ~ンカ~ン!」

なんて叫ぶ感じ。ええ、そんな感じ。イメージ的にね
 

え?なになに?汽車ってアレ?マジでぇぇ!
すると市役所方面からシュポ・・・シュポ・・・シュポッ!

シュ!シュ!プヒャ~!シュ~!ゴォォ~!蒸気機関車キタ~!


 きかんしゃ

    いつもの線路に蒸気機関車・・・すごい違和感だった
 

すごい存在感。漢字で言うなら「暴」とか「威」が似合う存在
まあ人間で言うなら、呂布、弁慶、荒勢、そんな感じ

で、もの凄い轟音と蒸気をオレの眼前で吐き出しながら

柏駅方面へと走り去った・・・いや~蒸気機関車さん圧倒的ですワ
ニワトリが卵を産まなくなると騒いだのも納得ですワ
 

で、早速イトーヨーカドーにプラモを買いに行きました

で、C-62ってヤツを買ったんですが・・・失敗だった

小学生には難しすぎたんですよ・・・蒸気機関車のプラモは
 

結局、C-62は未完成のまま、高校生の頃「プラモ?くだらないぜ!」

と捨ててしまった。で、オレは思うわけです・・・あの時のカタキをとりたい!

つまり、C-62を完成させなければ、オレの人生、中途半端なワケです
 

よ~し決めた。あしたヤマモト模型店かマルマンでC-62を買う

作ってないプラモが20個ぐらいあるけど買う!決めた!

まあ52歳でプラモのカタキ!とか言ってる時点で

オマエの人生はナンなんだってコトですが・・・ガ~ッハッハッハ!
 

(つづく・・・シュポシュポ・・・)