過去の記事一覧

2019年5月の全ての記事一覧

更新日 2019年5月8日(水曜日)

第23回 セブンパークアリオ柏(平成28年春柏市にグランドオープン)

セブンパークアリオ柏

(昔)藤ヶ谷造成工事現場

大型店の出店が決まった沼南センター地区。写真奥国道16号をはさみヤマダ電機、ニトリの看板が見えます。

セブンパークアリオ柏

(昔)建設中のセブンパークアリオ柏

ときめき、わくわくの集うグループの総力を結集した施設、パークが誕生します。

平成28年(2016年)3月

セブンパークアリオ柏

(昔)建設中のセブンパークアリオ柏

ショッピングセンター200店舗が出店するセブンパークアリオ柏が2016年4月25日にオープンしました。

平成28年(2016年)3月

セブンパークアリオ柏

(今)セブンパークアリオ柏外観

ショッピングスポットとプレイスポットが一体となった体験型ショッピングセンター、巨大オブジェが楽しい憩いの空間や遊具、バーベキューゾーンがある大型公園など、レジャースポットとして楽しめます。

平成29年(2017年)1月

セブンパークアリオ柏

(今)セブンパークアリオ柏

駐車場から見たセブンパークアリオ柏外観。連日来場客で賑わいをみせるアリオ柏店。

平成29年(2017年)1月

セブンパークアリオ柏

(今)柏市PRコーナー道の駅「しょうなん出先機関」

セブンパークアリオ柏の1階にある柏市PRコーナー、手賀沼周辺の観光案内所として設けられています。

平成31年(2019年)4月

セブンパークアリオ柏

(昔)「町民の森」

塚崎地区の鎮守神明社は、大津川をはさんで藤心地区と対する丘の上に位置します。表参道は伊勢神宮に向かい北側の参道は塚崎に向いています。境内の森は、昭和52年に「町民の森」としてオープンし、現在は「沼南の森」とよばれています。

昭和50年代

セブンパークアリオ柏

(今)現在の「沼南の森」

「沼南の森」は、一般に開放されています。

平成31年(2019年)4月

セブンパークアリオ柏

(今)神明社境内にある「沼南の森」

柏のパワースポット、沼南の森は気温が低く空気がきれいです。

平成31年(2019年)4月

セブンパークアリオ柏

(昔)曲がりくねった大津川

十一の村が合わさり”土村”と呼ばれていたエリア。昔から全面に畑が広がっていました。遠くから見ると森の小高い山が確認できます。高く生い茂った木の中には神明社があります。

昭和初期

セブンパークアリオ柏

(今)現在の神明社を含む「沼南の森」の外観です。

平成31年(2019年)4月