過去の記事一覧

2018年4月の全ての記事一覧

更新日 2018年4月4日(水曜日)

第10回篠籠田の田園風景

篠籠田の田園風景  

(昔)篠籠田田んぼの刈り入れの頃

昭和45年(1970年)高度経済成長時代が一段落する頃、柏駅から徒歩で15分~20分の篠籠田には、まだ田んぼが広がっていました。刈り取られた稲は稲架に掛けられ天日干しにされていました。この写真は現在のサルビアマンション付近で,この後すぐ宅地化が進んでいきました。地名である篠籠田の元の姿は「迫田(せこた)」のことで「迫」は、「山や岡に挟まれた狭い谷のような所」の意味で、大堀川ぞいの谷津田も上手に行くにつれて幅が狭くなり、その姿を物語っています。

篠籠田の田園風景 

(今)現在のサルビアマンション

篠籠田の田んぼが宅地化され,マンションが建ち並ぶ現在の風景。

豊四季台団地、   

(昔)篠籠田の田んぼでザリガニ捕り

都会から引っ越してきた家族と子どもたち。篠籠田の田んぼと流れる小川でザリガニ捕りに熱中した休日のひとコマ。

昭和43年(1968年)

豊四季台

(今)現在の風景

柏市旭町消防署を右手に前の通りは豊四季3街道のひとつで県道流山・柏線になっています。

豊四季台

(昔)篠籠田の田んぼ風景

休日を利用して、小川で遊ぶ二組の親子連れ(ザリガニ捕り)昭和43年(1968年)

豊四季台 

(今)現在の風景

県道流山・柏線、柏市旭町8丁目2番地付近で前方に東武線が走っています。平成25年(2013年)

篠籠田

(昔)篠籠田の田んぼ風景

昭和41年(1966年)頃、篠籠田の田んぼのあぜ道で親子連れが写真を撮っている風景。

篠籠田

(今)現在の風景

前方が柏市旭町消防署、県道流山・柏線に出ます。大字は柏市篠籠田

平成26年(2014年)

豊四季駅

(昔)東武野田線の豊四季駅

豊四季駅北口は、明治44年(1911年)県営軽便鉄道、開設当時からの駅です。豊四季駅大宮方面で柏市内にあるのは、この駅のみで駅前広場には、ボンネットバス・タクシーが停車しています。「おすわさま」でおなじみの諏訪神社があり、お正月や、お祭りには近隣から多くの人々が訪れます。

豊四季

(今)現在の豊四季駅北口

平成15年(2003年)には東武野田線豊四季駅北口に自由通路が完成しました。

豊四季 

(昔)豊四季駅

昭和31年(1956年)駅の北側にある駅舎は入母屋作りの大柄な木造建築で、どことなく風格も感じさせます。ホームは、2面2線の相対式ホームで,太平洋戦争中は、十余二に在った飛行場への軍需品、中継駅として使用されました。

豊四季 

(今)現在の豊四季駅南口

平成15年(2003年)には南北駅間に橋上自由通路が完成し、南口が開設されました。現在は,駅前土地区画整理事業により文化的な街並みが造られています。