過去の記事一覧

2017年12月の全ての記事一覧

更新日 2017年12月6日(水曜日)

第6回緑ヶ丘「一本松公園」奇跡の「一本松」

奇跡の一本松         

(昔)旧水戸街道に向けて整備された幹線道路、道路の左側が現在の「一本松公園」。昭和37年(1962年)3月

戦前、柏地域には江戸時代の小金牧の面影を残す野馬土手や松林と畑地が混在する広大な原野が下総台地上に広がっていました。その後この平坦で広大な土地は畑地や軍用地として転用され、昭和17年(1942年)この付近に軍需工場が進出してきました。

奇跡の一本松  

(今)現在の緑ヶ丘幹線道路、道路の左側に緑ヶ丘会館(茶色の建物)。会館横が「一本松公園」 平成29年(2017年)10月

奇跡の一本松

(昔)60年前の緑ヶ丘航空写真、昭和30年代(画像をクリックすると別ウインドウで開きます)

昭和29年(1954年)4月「日立製作所柏工場跡地」では住宅団地の一つ「緑ヶ丘団地」の建設工事が始まりました。当時は、林とススキの中に家が点在する開発途上の緑ヶ丘地区でした。現在の「緑ヶ丘会館」前の道路が交番付近から旧水戸街道にむけて幹線道路として計画され一本松を伐採することなく整備されていった事がわかります。

奇跡の一本松

(昔)昭和37年(1962年)3月千代田町付近

当時は空き地の中に家が点在する千代田町でした。

奇跡の一本松             

(今)現在の緑ヶ丘交番前交差点から見た千代田町住宅街 

この道をまっすぐ行くと国道16号線,交番の交差点を左に行くと国道6号線へ、右へ行くと柏レイソルサッカー場、藤心方面へ 平成29年(2017年)10月 

奇跡の一本松            

(今)緑ヶ丘「一本松公園」

緑ヶ丘「一本松公園」は、115坪の農地を開拓して昭和54年(1979年)に公園完成。平成29年(2017年)1月

奇跡の一本松

(今)緑ヶ丘会館

地域のオアシス緑ヶ丘会館は昭和53年(1978年)に建設されました。平成29年(2017年)1月

奇跡の一本松

(今)緑ヶ丘町会「一本松」

この松の樹齢は、年輪から120年とされています。今から120年前、明治30年(1897年)頃、種が芽吹いてこの地に根付いたことから、その歴史が始まります。この「一本松」は緑ヶ丘町会が公園の命名を行う際にも一役買った経緯もあり、町会行事に長い間「神木」として役割を果たしてくれました。 平成29年(2017年)1月

奇跡の一本松

(今)「緑ヶ丘町会」ありがとう「一本松」(画像をクリックすると別ウインドウで開きます)

一本松公園のシンボルとして親しまれてきた「一本松」が松くい虫による被害で伐採されることになりました。平成29年1月29日に地元緑ヶ丘町会が同公園でお別れ会を開きました。町会長をはじめ町会のメンバーは一本松の思い出を振り返り長年愛されてきた木がなくなるのは淋しいと名残惜しみました。

奇跡の一本松

(今)昨年の平成28年(2016年)8月中旬に上の枝から枯れはじめ、葉全体が赤褐色に変化しました。公園管理課に調査を依頼したところ松くい虫と呼ばれる,マツノザイセンチュウの被害が判明。回復は不可能と診断され、枯れ枝の落下や倒木を避けるため伐採を決断しました。平成29年(2017年)1月29日

奇跡の一本松

(今)さようなら「一本松」お別れ会

お別れ会では町会メンバーら、約30人がこれまでの感謝を込めお神酒を木にそそいで供え物を奉納しました。公園管理課に要望の上,伐採後は幹を高さ約2メートルだけ残す方針です。平成29年(2017年)1月29日

奇跡の一本松

「一本松基本情報」

一本松はクロマツで高さ20.0m,幹回り2.2m,樹齢120年とされています。

奇跡の一本松

(今)樹齢120年「一本松」倒木の恐れがあり,伐採へ

平成29年(2017年)2月2日、午前9時より伐採作業が開始されました。

奇跡の一本松

「一本松」伐採作業

重機が入り枯れ枝が切り落とされました。

奇跡の一本松

「一本松」伐採作業

切り落とされた枯れ枝を束ねる作業員。

奇跡の一本松

伐採後の「一本松」

伐採後、幹を高さ2mだけ残しました。平成29年(2017年)2月16日

奇跡の一本松

(今)伐採後の「一本松」

大きな「一本松」はなくなってしまいましたが、これからも地域を守るご神木として住民の皆さんを見守っていくことでしょう。平成29年(2017年)10月

奇跡の一本松

(今)緑ヶ丘会館内に設置された「一本松」

樹齢120年の年輪。平成29年(2017年)2月23日

奇跡の一本松

『緑ヶ丘「一本松公園」奇跡の物語』から「昭和22年「緑ヶ丘一本松」公園」付近の航空写真」(画像をクリックすると別ウインドウで開きます)

こちらの資料は柏市立図書館本館で開催された「緑ヶ丘町会・さようなら一本松写真展」で来場者に配布された資料です。

「日立台」の由来にもなった「日立製作所柏工場」の全容と「緑ヶ丘公園」主役の一本松も、昭和22年(1947年)の航空写真に一緒に写しだされています。