過去の記事一覧

2017年10月の全ての記事一覧

更新日 2017年10月4日(水曜日)

第4回開かずの踏切・通称「大踏切」

大踏切

(昔)昭和40年代前半まで国鉄の柏駅管内には大・小16ヶ所の踏切がありました。「開かずの踏切」,通称「大踏切」と呼ばれ常磐線と東武線をまたぎ,なかなか遮断機が上がりませんでした。貨車の入れ替えも30分位かかり,「大踏切」の手前には人も車もあふれていた時代でした。当時常磐線はチョコレート色の電車で車両は古く,よく揺れたそうです。開かずの踏切「大踏切」は昭和51年(1976年)に閉鎖されました。(当時の住所は小柳町,中央通り) 


「大踏切」閉鎖された現在の風景
「大踏切」が閉鎖された現在の風景(2017年)
(今)歩道橋を渡ると,柏市旭町方面へ。写真後方の整備されたセントラルパル街をぬけると旧水戸街道京葉銀行交差点に出ます。


整備されたセントラルパル街
整備されたセントラルパル街(2017年)
写真中央右側奥にドンキホーテの建物・左側にDayOneタワースクエア中央パーキングが見えます。1階には2016年5月にオープンしたスーパーのマルエツがあります。


旧水戸街道交差点
旧水戸街道交差点
2016年5月14日にオープンしたDayOneタワーが右側に見えます。


昭和45年建設中のサンサン通り
昭和45年拡張工事中のサンサン通り
(昔)柏駅東口駅前再開発事業にともない駅へのアクセス道路として拡張工事が進む東口サンサン通り工事現場の様子。雪が降った後のサンサン通り,正面奥に進むと旧水戸街道に出ます。


現在のサンサン通り1
現在のサンサン通り(2017年7月)
(今)柏駅東口から旧水戸街道を望む。「協栄商店街」サンサン通り
三井サンガーデンホテル跡地には河合塾が新設されました。


スカイプラザ8階連絡通路から見たサンサン通り
スカイプラザ8階連絡通路から見たサンサン通り(協栄商店街)(2014年)


歩行者・車が行き交うサンサン通り
歩行者・車が行き交うサンサン通り「協栄商店街」の風景(1997年3月)


現在のサンサン通り2
現在のサンサン通り(2017年8月)
柏駅東口から旧水戸街道を望む。街路樹のある街並みに変わったサンサン通り
現在のサンサン通り3
現在のサンサン通り(2017年7月)
旧水戸街道から柏駅東口を望む
「協栄商店街」サンサン通り
柏まつり輪踊りの様子
第40回柏まつり みんなが主役輝く未来(2017年7月30日)

柏まつりを締めくくる輪おどりが午後6時30分~8時迄行われました。誰でも参加できるイベントでサンサン通りは,太鼓の音に合わせて柏おどり・京北音頭と踊り手が盛り上がった一夜でした。


サンサン通りの歴史と共に歩んできた「シミズメガネ」
サンサン通りの歴史と共に歩んできた「シミズメガネ」。

シミズメガネは,大正5年(1916年)初代・清水儀一が,東京根岸で「清水眼鏡製作所」を設立したことから始まります。18金枠メガネを製造していました。その後二代目久吉のとき,太平洋戦争の激変により,柏市に疎開。昭和28年(1953年)他業の店舗を居抜きで購入,現在地でメガネ小売業としてスタートしました。店舗の後ろは旧水戸街道まで広々とした原っぱが広がり,サーカスが来たり,ヘリコプターが降りた事がありました。


シミズメガネ②
道路の拡張と共に増改築されたシミズメガネ。

何度かの道路拡張工事を経た大通りは昭和48年(1973年)一般公募によって「サンサン通り」と名付けられました。増改築を繰り返した中,昭和62年(1987年)増築の際に「しみず眼科」開業,外装工事も行ない完成形となった旧三階建のビルです。歩道のバス停そばの白い格子の電話BOXも懐かしい光景です。

シミズメガネ④
サンサン通りに新しくシミズビルが竣工しました。
平成23年(2011年)4月サンサン通りにシミズビルが竣工しました。1階はシミズメガネ本店・2階にはしみず眼科,本年2017年で創業101年,柏で小売り開始64年・眼科開業30年となります。