柏人への道(かしわ今昔再発見~昔を知り、今を知る~)

更新日 2019年4月3日(水曜日)

第22回 藤ヶ谷に芽吹いたモダンなゴルフクラブ

藤ヶ谷カントリークラブ

(昔)武蔵野カントリークラブ藤ヶ谷コース

まだゴルフが珍しかった大正末から昭和初期、柏ではゴルフ場の建設が続きました。武蔵野カントリークラブ六実コース(大正15年・1926年)、柏ゴルフ場(昭和4年・1929年)、武蔵野カントリークラブ藤ヶ谷コース(昭和5年・1930年)です。武蔵野カントリークラブは元々日野市にあり、ホールの拡張を計画しましたが、地形的に難しいとの理由から、地形もなだらかで比較的交通の便がよかった六実に土地を求めたのです。六実コースは、東武線の六実駅の近くで現在の高柳と松戸六高台にかけて設けられていました。

藤ヶ谷カントリー

(昔)武蔵野カントリークラブ藤ヶ谷コース食堂

藤ヶ谷コースは六実コースの反対側にあり、現在は海上自衛隊下総航空基地となっています。

藤ヶ谷コース

(昔)武蔵野カントリークラブ(藤ヶ谷コース)

昭和5年(1930年)に開設された藤ヶ谷コースは、現在の下総航空基地の滑走路あたりにコースがつくられていました。当時としては東洋一と称されたゴルフ場で、各界の名士や皇族の方もプレイされたそうです。太平洋戦争がはじまると旧陸軍が首都の防衛を目的として、ここに飛行場をつくる計画が持ち上がりました。昭和17頃より農家の移転がはじまり、ゴルフ場の全てと付近の宅地・畑地山林を含めて接収されました。飛行場は昭和20年(1945年)に完成されましたが、ほとんど使われることなく終戦となり、今度は進駐してきた米軍に接収されました。

藤ヶ谷コース

(昔)米軍から返還まもない下総航空基地正門・昭和34年(1959年)

昭和36年(1961年)この基地から米空軍が完全撤退して全面的に海上自衛隊へ返還されました。海上自衛隊がそのまま引き継いで海上航空の中心的な施設として使用、昭和37年(1962年)には飛行場の管制塔や滑走路などの設備を整備して航空基地の体裁が整いました。

藤ヶ谷コース

(今)現在の下総航空基地(正門)

下総航空基地は幾つもの歴史や騒音、安全面などの問題等をかかえながら地域にある施設として、基地の開放や施設の利用などで住民に身近なものになっています。

藤ヶ谷コース

(昔)昭和34年当時の下総航空基地

藤ヶ谷カントリークラブ

(昔)藤ヶ谷カントリークラブ

昭和39年(1964年)新たに藤ヶ谷カントリークラブが建設されました。オープン当時のクラブバスと入口風景

藤ヶ谷カントリークラブ

(今)藤ヶ谷カントリークラブ

現在のクラブバス入口風景

平成27年(2015年)

藤ヶ谷カントリークラブ

(昔)藤ヶ谷カントリークラブ

旧クラブハウス

昭和51年(1976年)

藤ヶ谷カントリークラブ

(今)現在のクラブハウス

平成27年(2015年)開場50周年を迎えた藤ヶ谷カントリークラブ

藤ヶ谷カントリー

(昔)インコース・スタート付近

昭和42年(1967年)

藤ヶ谷カントリー

(今)現在のインコース・スタート付近

平成27年(2015年)

藤ヶ谷カントリー

(昔)杉村楚人冠(すぎむらそじんかん)

こうした戦前から始まる市内・近隣地域へのゴルフ場誘致の立役者の一人が、当時新聞記者・随筆家として著名だった杉村楚人冠です。国際的ジャーナリストとして活躍する一方、休日には庭造り・ゴルフ・ヨット・俳句など趣味に打ち込み、随筆「湖畔吟」を通じて手賀沼の自然のすばらしさを広く伝えました。彼が手賀沼を初めて訪れたのは明治44年11月ごろのことでした。

藤ヶ谷カントリー

(今)杉村楚人冠・山荘跡域地

楚人冠がゴルフに夢中になったのも昭和の初めでした。彼は早朝、我孫子から柏を経て北総鉄道(現在の東武鉄道)船橋線で何度もゴルフ場へ通い、それが高じて高柳ゴルフ場脇に晩花林(Bunkar inをもじったもの)と称する別邸を設けました。現在も高柳駅西口近くに別邸が残されています。

平成27年(2015年)

更新日 2019年3月6日(水曜日)

第21回 手賀の丘公園(森の公園)

手賀の丘公園

(昔)手賀の丘公園センター「どんぐりの家」

どんぐりの家は、森の木を丸太にし,そのまま使い建てられた2階建ての建物です。手賀の丘公園内にあり、多目的に使える森の講堂や郷土史コーナーなどが設置されています。

平成4年(1992年)

手賀の丘公園

(今)現在の手賀の丘公園センター「どんぐりの家」

1階施設 管理事務所、休憩コーナー、森の教室(自然に関する本を多数集めた図書コーナー)

2階施設 集会所(大・小)資料室等

平成31年(2019年)1月

手賀の丘公園

(今)森のアトラクション「恐竜のすべり台」

子供達に大人気、恐竜のお腹の部分から入り恐竜の尻尾がすべり台になっています。「恐竜のすべり台」は絶好のフォトスポットです。

平成31年(2019年)2月

手賀の丘公園

(今)森のアトラクション「きのこの家」(あずまや)

大きなきのこの家(あずまや)は、丸いベンチシートで休憩も楽しそうです。

平成31年(2019年)2月

手賀の丘公園

(昔)森のアトラクション「野外ステージ」

当時、芝生広場「野外ステージ」では,演奏イベントが行われステージ前には家族連れや、若人達が集い楽しい一日を過ごしました。昭和62年(1987年)

手賀の丘公園

(今)森のアトラクション「野外ステージ」

芝生広場に隣接している「野外ステージ」切り株がモチーフのステージ前には、たくさんのベンチが並んでいます。

平成31年(2019年)2月

手賀の丘公園

(今)森のアトラクション「アスレチックコース」

全15種類のアスレチック遊具が設置され写真手前から、ゆらゆら一本橋・カニ渡り・森のお城の3つの遊具が設置されています。アスレチックコースは、平成23年(2011年)4月1日リニューアルしました。                平成31年(2019年)2月

手賀の丘公園

(今)森のアトラクション「アスレチックコース」

男の子が挑戦している遊具は、12番目の手賀の丘登り、子ども達に大人気。

平成31年(2019年)2月

手賀の丘公園

(今)森のアトラクション「森の谷渡り」

アスレチックコースの中でも「森の谷渡り」は普通に歩いているとほとんど揺れない吊り橋です。

平成31年(2019年)2月

手賀の丘公園

(今)森のアトラクション「森の谷渡り」

注意書きの看板が設置されています。他にも公園内には、「森を楽しむ」野鳥の森、あやめ池、桜の森等があります。

平成31年(2019年)2月

手賀の丘公園

(昔)千葉県立「手賀の丘少年自然の家」

手賀の丘少年自然の家は、社会教育、青少年教育のための宿泊研修施設です。

平成5年(1993年)4月開設

所在地柏市泉1240-1

手賀の丘公園

(今)千葉県立「手賀の丘少年自然の家」外観

手賀の丘少年自然の家では、「3つの体験」を軸に様々な活動を行うことができます。自然体験は手賀の丘公園に生えている樹木を探し木の特徴を観察する「この木なんの木」のほか,星座観察・キャンプファイヤーなどが行えます。創作体験では切り絵・創作うちわ作り・勾玉作りなどものづくりの体験ができます。スポーツ体験ではラート体験・ディスクゴルフ・インディアカなど珍しいスポーツの体験ができます。中でも「ラート」は、ドイツで生まれた子どもの遊び道具で,三次元の回転ができる為、生涯スポーツとしても高く評価されています。

平成31年(2019年)2月

手賀の丘公園

(今)千葉県立「手賀の丘少年自然の家」

手賀の丘少年自然の家入口景観。

平成31年(2019年)2月

更新日 2019年2月6日(水曜日)

第20回 手賀近隣センター

手賀近隣センター

(昔)着工前の写真

今回は平成29年に手賀地区で開所した手賀近隣センターについてご紹介します。

平成26年(2014年)

手賀近隣センター

(昔)着工前・土地の整地の写真

建築・工事に入る前に土地をならしました。手賀近隣センター開所にあたり、地元手賀地域ふるさと協議会会長さんをはじめ、役員の方々は高柳センター、新富近隣センター等に見学に行かれたそうです。

平成28年(2016年)

手賀近隣センター

手賀近隣センター

(今)手賀近隣センター

平成29年(2017年)4月15日手賀近隣センター開所式典が行われました。設立に携わった多くの方々が参加され,テープカットが行われ千葉県立沼南高等学校の吹奏楽部による素晴らしい演奏が披露されました。

手賀近隣センター

(昔)着工前の写真

平成28年(2016年)

手賀近隣センター

(今)手賀近隣センター駐車場

写真正面の建物が柏市消防局沼南消防署手賀分署です。近隣センターの駐車場は28台のスペースあります。

平成30年(2018年)12月

手賀近隣センター

(昔)着工前の写真

平成28年(2016年)

手賀近隣センター

(今)手賀近隣センター

駐車場から見た手賀近隣センター入口

平成30年(2018年)12月

手賀近隣センター

(今)手賀近隣センター入口案内版

写真奥が手賀の丘公園、隣の建物が沼南消防署手賀分署です。

平成30年(2018年)12月

手賀近隣センター

(昔)着工前の写真

平成28年(2016年)

手賀近隣センター

(今)手賀近隣センターの外観

平成29年(2017年)4月18日手賀近隣センターがオープンしました。主な施設は、和室、会議室、多目的ホール、ロビー、近隣センターは各地域のふるさと協議会及び地縁団体の活動拠点として設置されており,また避難所としての機能を備えています。

平成30年(2018年)12月

手賀近隣センター

(今)手賀近隣センター

ロビーのコミュニティスペース

平成30年(2018年)12月

手賀近隣センター

(今)手賀近隣センター防災倉庫

同一敷地内に防災倉庫が設置されています。

平成30年(2018年)12月

更新日 2019年1月2日(水曜日)

第19回 手賀ばやし「柏市指定無形文化財」

手賀ばやし

(今)手賀ばやしは旧沼南町手賀地区の夏祭り

7月第1日曜日で奉納されるお囃子です。成立年代は不明ですが地元の民俗芸能として伝承されてきました。興福院境内での神事の後、人々に引かれた神輿、山車が兵主八幡神社に向かい、その復路に地区各所で演奏されるのが「手賀ばやし」です。人々の無病息災と豊作を願い「アンバ様」の愛称で親しまれてきました。

柏市指定無形文化財への指定年月日 平成15年4月1日

手賀ばやし

(昔)手賀ばやし「アンバ様」祭り

アンバ様は茨城県稲敷市阿波にある大杉神社への信仰で利根川や江戸川の流域を中心に広まっていきました。とくに疫病除けにご利益があるとされ、手賀地区でも兵主八幡神社の境内に「大杉大明神」の石祠(宝歴7年・1757年)が立てられています。

昭和50年代

手賀ばやし

(今)手賀のまつり「アンバ様」祭り

現在、保存会と一緒に平成元年から地元の小学校の子供達が参加するようになり、大人と子供が一体となって祭りを盛り上げています。

平成30年(2018年)7月1日

手賀ばやし

(昔)手賀ばやし「アンバ様祭り」

夏祭りの当日地区の中央にある興福院に人々が集まり美しく山車を飾りたてます。お祓いを受けた一行は、お神輿を先頭に兵主八幡神社へと山車を引きながら村の中を進みます。神社での神事のあと地区の辻々で奉納されるのが手賀ばやしです。

昭和50年代

手賀ばやし

(今)現在の手賀のまつり「アンバ様」祭り

美しく飾られた山車を引く人々・手賀構造改善センター内にて

平成29年(2017年)7月

手賀ばやし

(昔)手賀ばやし「アンバ様」祭り

伝統行事として大切にされてきた「まつり」は,心のふるさとであり沼南の生活文化の特色を示す、貴重な民俗行事です。

昭和50年代

手賀ばやし

(今)現在の手賀のまつり「アンバ様」祭り

手賀構造改善センターを出発して山車を引く人々

平成30年(2018年)7月

手賀ばやし

(今)手賀区、手賀のまつり

会場の手賀構造改善センター入口の様子

平成30年(2018年)7月

手賀ばやし

(今)手賀のまつり会場内の様子

模擬店では、かき氷・わたあめ・フランクフルト・焼きそば、ヨーヨー釣り・ばらっ葉まんじゅう等が出店、販売していました。

平成30年(2018年)7月

手賀ばやし

(今)沼南の三大料理のひとつとされる「ばらっ葉まんじゅう」

甘いアンコの入った素材で、おいしい手作りまんじゅうです。

平成30年(2018年)7月

手賀ばやし

(今)サルトリイバラの葉っぱ

サルトリイバラの丸い葉の上におまんじゅうをのせて蒸し器で蒸します。この丸い葉の上におまんじゅうをのせて蒸したので「バラっ葉まんじゅう」と名付けられたとされ、農作業のあいまのおやつになったり、お彼岸料理のひとつでもありました。

平成30年(2018年)7月

手賀ばやし

(今)ばらっ葉まんじゅうを蒸した蒸し器

地区のご婦人達が協力しておいしい、ばらっ葉まんじゅうを作りました。

手賀ばやし

(今)ばらっ葉まんじゅう

蒸し上がった、ばらっ葉まんじゅう

模擬店、販売準備中の様子です。1パック2個入りで販売していました。

更新日 2018年12月5日(水曜日)

第18回 道の駅しょうなん・手賀大橋

道の駅

(昔)道の駅「しょうなん」 

自然・農業との交流・ふれあいをテーマとした都市農業センター「つばさ」にて,地元産の農産物を販売。手賀沼のほとりで、ひと休み。レストランも併設されています。

平成13年(2001年)4月設置

道の駅しょうなん

(今)現在の道の駅「しょうなん」

正面玄関を入ると柏市や手賀沼の周辺施設などの関連情報を提供しています。ゆったりとした大型駐車場。沼周辺にはさまざまな生物や植物が生息しています。豊かな自然と触れ合うのも楽しい時間です。

平成30年(2018年)6月

道の駅しょうなん

(今)手賀大橋から望む道の駅「しょうなん」

周辺には、隣接する手賀沼ふれあい緑道を始めハスの群生地、手賀沼親水広場、鳥の博物館等、観光ポイントが点在し、手賀沼周辺観光の拠点として期待されています。

平成29年(2017年)9月

道の駅しょうなん

(今)道の駅しょうなん、インフォメーションホール

正面玄関を入ると、大型テレビのある休息コーナーがあり,新鮮なおいしさに出会える農産物直売所があります。

平成27年(2015年)

道の駅しょうなん

(昔)行商の人々などを運ぶ「中秋丸」桟橋の風景

大昔から手賀沼は、魚や鴨の猟場として,また人や物を運ぶ大切な水上交通路として人々に利用されてきました。かつては17ケ所ほどの渡し場がありサッパ舟と呼ばれる小船がつながれていました。戦後行商などの人々の増加により昭和28年(1953年)風早村と我孫子町の間に県営の渡船が就航します。舟の定員は30人で他に自転車などの荷物を積む場所もありました。当時の風早村長・中台正夫と我孫子町長・秋谷好治の頭文字から「中秋丸」と名づけられました。

道の駅しょうなん

(昔)県営の渡船「中秋丸」

我孫子側の桟橋は、手賀沼公園、小池ボート場付近に。風早側の桟橋は今の手賀大橋のたもとにありました。運行は1時間に1本ほどでした。

昭和31年(1956年)

道の駅しょうなん

(今)中秋丸 県営渡船・発着場看板

この場所には昭和28年から手賀大橋の開通する昭和39年までの11年間、柏市から我孫子市に渡る「中秋丸」の渡船場がありました。「中秋丸」は都心に向かう、行商のおばさんや学生たち、たくさんの荷物を無料で運び続け柏の人々に親しまれたそうです。手賀沼遊歩道・手賀沼ふれあい緑道・手賀側に設置されました。

道の駅しょうなん

(昔)祝 手賀大橋開通

昭和30年代に入り船便に替わって大量輸送の可能な架橋への期待が大きくなり「中秋丸」輸送の限界から手賀沼に橋を架ける事が決まり昭和37年(1962年)起工式が行われ,昭和39年(1964年)7月に完成し、開通式が行われました。昭和47年(1972年)には県道の路線名が「船橋-我孫子線」と変わりました。

道の駅しょうなん

(昔)旧手賀大橋

幹線道路として重要度を増す一方交通量は増加、平成4年(1992年)新しい手賀大橋の架け替えが始まり、平成9年(1997年)に最初は2車線で開通しました。

平成6年(1995年)

道の駅しょうなん

(今)現在の手賀大橋

平成13年(2001年)美しいアーチを見せる4車線の橋が誕生しました。水の館、展望台からの眺めです。

平成27年(2015年)

道の駅しょうなん

(今)現在の手賀大橋

手賀沼の中央にかかる全長415mの11連アーチ橋。ここから眺める手賀沼の風景も素晴らしく、日の出や夕景の撮影スポットとしても人気。橋のたもとには手賀沼のほとりでホットするステーション「道の駅しょうなん」があります。

平成27年(2015年)

道の駅しょうなん

(今)手賀大橋から見た手賀沼の風景

豊な自然に囲まれた水辺の空間、手賀沼の魅力の一つです。

平成28年(2017年)8月

お問い合わせ先
広報広聴課 / 電話:04-7167-1175 メールフォーム