過去の記事一覧

2020年9月の全ての記事一覧

更新日 2020年9月25日(金曜日)

【第142号】手賀沼ヒガンバナ直前情報

【第142号】手賀沼ヒガンバナ直前情報
今年も、彼岸花(ヒガンバナ)の季節がやってきました。今回は最新のヒガンバナ開花状況をお伝えします。
いずれも、令和2年9月24日朝の状況です。「一球会」の皆様、毎年ありがとうございます。

<サージタンク付近>
曙橋より緑道を700メートル進んだところに「サージタンク広場」があります。
例年ですと、もう満開の時期を向かえるはずですが、今年は1週間ほど遅れてるようです。

あ
あまり咲いてませんね、

ああ

あ
接近してみました。

ああ

白いヒガンバナも咲いています。



<曙橋駐車場付近>
緑道の終点、曙橋駐車場横の芝生広場です。今から8年前にボランティア団体「一球会」の皆さんが最初に植栽した場所です。

やはりここも、開花が1週間ぐらい遅れてるようです。

あ

まだまだです

ああ

一部、咲き始めています。

あ

<曙橋より1.9キロメートル付近>

ここが一番咲き誇ってる場所です。曙橋より1.9キロメートル地点。緑道の法面に咲いています。

あ

ああ

下から見上げると、一段と映えます。

あ

この週末は、雨の様子です。来週には一段と咲き誇ったヒガンバナを見ることができると思います。
お散歩がてら、ぜひお越しください。

最後に朝の模様をどうぞ。

<9月20日 午前5時23分>朝焼けの手賀沼です。

あ

次回は、満開のヒガンバナをお届けできると思います。
それではこの辺で。

更新日 2020年9月18日(金曜日)

【第141号】<動画特集>手賀沼の日の出とヒガンバナ

【第141号】<動画特集>手賀沼の日の出とヒガンバナ

前回の続編として、手賀沼の日の出。そして間もなく開花するヒガンバナの動画をお届けします。
ぜひご覧ください。

●日の出(令和2年9月4日 午前5時15分)



●日の出(令和2年9月9日 午前5時20分)

 

●咲き始めのヒガンバナ(早朝)

 
●咲き始めのヒガンバナ
(お断り:動画説明文の中で花の名前を夏水仙と明記してますが正しくは「リコリス・スプレンゲリー」です)


●一球会プレゼンテーション
手賀沼のヒガンバナを説明しています。じっくりご覧ください。

 

今年は、今日現在いつものヒガンバナは開花していません。予想では9月の下旬と思われます。
どうぞいらしてください。

それでは今回はこの辺で

更新日 2020年9月11日(金曜日)

【第140号】すばらしい手賀沼の日の出

【すばらしい手賀沼の日の出】
9月になりました。今年の夏は、連日猛暑が続きましたが、筆者は、毎朝3時半から約2時間半手賀沼自然ふれあい緑道<ハスの群生地点から手賀曙橋>まで早朝ウォーキングしながら日の出の瞬間を写真撮影してきました。8月の日の出をお届けします。8月は通算25日間通い続けました。毎日違う<手賀沼の日の出の顔>をぜひご覧ください。そして、ぜひ手賀沼に足を運んでください。


<手賀沼の日の出>

撮影時刻は、およそ午前4時55分から5時15分ぐらいの間。撮影場所は、手賀大橋から緑道を東に約3.3キロメートル地点、染井入橋(通称:日の出橋)付近です。おすすめの日の出スポットです。25日間の日々の日の出風景をご覧ください。
あ

あ

あ

<毎日違う太陽の顔>

望遠撮影しました。こうして、太陽に接近して撮影してみますと、まぶしくて肉眼では見られないドラマチックな太陽に会えます。

あ

あ

<日の出その瞬間>
時々刻々変化する日の出の瞬間です。出始めから出終わるまで約3分間、毎日違う光景に出会えます。

(8月21日)

あ


(8月25日)

あ


(8月28日)

あ
9月も後半になりますと、また彼岸花が咲きだします。楽しみですね。

それでは今回はこの辺で。