過去の記事一覧

2020年4月の全ての記事一覧

更新日 2020年4月13日(月曜日)

【第130号】手賀沼自然ふれあい緑道

【130号】手賀沼自然ふれあい緑道

運動不足になりがちな毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか?
今回は、きれいに整備された手賀沼南岸に設置されている<手賀沼自然ふれあい緑道>をご紹介します。
筆者は、ほぼ毎日手賀大橋から手賀沼の出口曙橋朝5時~7時早朝散歩を楽しんでいます。

あ
穏やかな手賀沼と手賀大橋です。

あ
このように整備された自動車進入禁止の緑道が整備されています。

手賀沼自然ふれあい緑道は、手賀沼の自然に親しんでいただくよう、沼の南側の柏市北柏橋から、手賀曙橋に至る堤防を利用して整備した全長9.4キロメートルの緑道を言います。

ああ
自転車道と歩行者・ランナー優先道路が分かれています。

あ
その傍らにつづく<芝生の公園>がきれいに整備されています。

あ
舗装道路に隣接して、くねくね道もあります。

ああ

あ
きれいに刈込された芝生面です。

a
ここは、彼岸花が植えられているサージタンク広場です。こんな朝日もいいものです。

あa
芝生公園の中に、たった一輪ずつ、スイセンとチューリップが咲いていました。なんだかうれしくなりました。
今回は、緑道の整備された<芝生>を中心にご紹介しました。
最後に手賀沼の<日の出>をどうぞ。

あ
令和2年4月9日 午前5時30分撮影
それではまた。

更新日 2020年4月3日(金曜日)

【第129号】今井の桜

【第129号】今井の桜
前回は、手賀の丘公園内の「桜の森」をご紹介しましたが、今回はその手賀の丘公園の近く、柏市と白井市の間を流れる「金山落」という水路の両脇に植えられたすばらしい桜並木をご紹介します。いずれも、3月30日に撮影したものです。a
これは、手賀の丘公園行の「一つ井戸」バス停から撮ったパノラマ写真です。右側から左側に向かって流れる水路「金山落」の両岸に約2キロメートルにわたって、ソメイヨシノが植えられています。水路は、いずれ、もう一つの手賀沼「下手賀沼」に流れ込みます。

ああ

ズラリ植えられた桜並木は、見事なものです。

あ
ほぼ満開です。

ああ
水路の左側には、柏市柳戸地区と白井市今井地区の田園風景が広がっています。田園地帯にピンクの帯といったところでしょうか?

あ
「金山落」の水路両脇の菜の花と、よくコラボしていますね。

ああ
水路の流れこむ桜の枝も、水面に映る桜の花も見事なものです。

あ
満開の桜です。

ああ
黄色い菜の花とピンクの桜が相まって素敵な光景です。

あ
桜並木の途中に色あせた説明看板がありました。(多分、35年ぐらい前のものと思われます)

=====
「今井の桜」
今井の桜は、昭和35年(1960年)地域の景観を保つため緑の羽根の還元資金により名内橋より手賀沼まで約2キロメートルの河川堤に ソメイヨシノ八重桜が150本ほど植えられたことに始まります。
昭和58年(1983年)千葉県の「美しいふるさとづくり運動」の一環として指定を受け地域環境保全のために、手賀沼改良区白井支部が管理しているものです。

水と緑を大切に! 手賀沼土地改良区白井支部

=====
いかがだったでしょうか? 動画もありますので是非ご覧ください。

<今井の桜:動画1>
https://youtu.be/dfGOjK1s4Q8 

<今井の桜:動画2>
https://youtu.be/8PVGD2T9Vhc


それでは、今回はこの辺で