過去の記事一覧

2020年1月の全ての記事一覧

更新日 2020年1月31日(金曜日)

【第123号】手賀沼のニホンスイセン

【第123号】手賀沼のニホンスイセン

<緊急情報>
手賀沼のニホンスイセンが見頃を迎えています。今回はその姿をお伝えします。
面積はそれほどではありませんが、散歩をする方々が匂いを嗅いだりして、楽しんでいました。

【<その1>曙橋付近の土手】 1月30日 15時20分撮影
一球会の皆さんが、数年前に植えたところです。今年はしっかり咲いています。

a

aa

a

土手の下から見上げると、青空と相まって一層きれいに見えます。

aa
ここから、紫峰:筑波山もよく見えました。

a

【<その2>もう一つのニホンスイセン】1月30日 15時30分撮影
こちらは、柏市鷲野谷新田付近です。いちご屋さんのあたりです。
今年は、風よけのため、ネットを張って養生しました。

a

aa
このように一面に球根を植えられています。まだ、ところどころですが、これから咲いてくれるでしょう。
満開になるといいですね。

a

aa
緑道側からは、ネットの陰になって、良く見えませんので、ぐるっと反対側から見てください。

a
一球会の皆さま、いつもボランティア活動お疲れ様です。ありがとうございます。

【<続報>コミミズク情報】
まだまだ、コミミズクが手賀沼干拓地に棲んでいるようです。多くの野鳥ファンが、シャッターを下ろしていました。
場所は、手賀川、水道橋と浅間橋の間の干拓地付近です。毎日午後2時あたりから、見られるそうです。
a

aa

お時間許せば、皆さまもどうぞ、ただし、望遠レンズが必要です。スマホでは無理ですね。【残念】
それでは今回はこの辺で。

更新日 2020年1月24日(金曜日)

【第122号】先進的な柏市のドローン活用事例

【第122号】先進的な柏市のドローン活用事例
昨年11月29日発表の柏市発の報道資料によれば柏市環境部産業廃棄物対策課が主体となって「産業廃棄物不法投棄等をドローンによって監視するスカイパトロールを実施」とのことであった。筆者も手賀沼近辺を散策していると、沼周辺はもちろんのこと、旧沼南地区の山林などに不法投棄が多いことに驚くばかりです。

報道資料によれば「地上からのパトロールでは確認が困難な場所での産業廃棄物や建設残土の不法投棄、不適正堆積の早期発見、指導することにより発生や拡大を防止し、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図ることを目的に、産業廃棄物不法投棄等監視スカイパトロールを、市消防局と連携して無人航空機(ドローン)を活用して実施。ドローンによるスカイパトロールは、千葉県内では初の試み」とのことであった。
関係者から、実施の報をうけ、「スカイパトロ-ル」の実際を見学させていただいた。場所は手賀沼周辺の公共施設の屋上を使って行われた。関係者が見守る中、市消防局指揮統制課のドローンパイロットが真剣なまなざしで操縦していた。
筆者もドローンを少しばかり経験しているので、その難しさはよく理解できた。a

手元のモニターを見ながら、半径4km圏内を目視外飛行で監視していた。
aa
地上からでは発見が困難な山林、大きな柵で囲われ侵入でない不法産廃場所など、的確に把握できていたようです。柏市のこのような事例は県内初とのこと。
今後もこのようにドローンを有効に活用することができれば市民にとってもうれしいことですね。
a
真剣なまなざしで、不法投棄場所を確認する市職員と市消防局の職員

【ニホンスイセン】
次は、前回もお知らせしましたが、手賀沼自然ふれあい緑道に「ニホンスイセン」が咲き始めてる話題です。
a

ああ

あ
まだまだ咲き始めですが、一球会の皆さんが周囲に風よけのネットを張って、ニホンスイセンを大事に育てています。
もう少し天気が良くなってくれるとうれしいですね。

【手賀沼の夕暮れ】 1月20日 16時45分
あ

ああ
手賀沼フィッシングセンターあたりからはよく富士山が見えますね。
それでは今回はこの辺で。寒い毎日ですが、皆さま体調を崩しませぬように。

更新日 2020年1月10日(金曜日)

【第121号】<令和二年>手賀沼から謹賀新年

【第121号】<令和二年>手賀沼から謹賀新年

柏市民の皆さま。あけましておめでとうございます。今年も「ぐる~っと手賀沼」ブログ発信して参ります。どうぞよろしくお願い致します。
令和二年になって初めのブログは、何といっても<初日の出>ですね。
柏の皆さんの初日の出ベストスポットはどちらですか? 
筆者は、手賀沼近くに住んでいますが、やはり手賀大橋からが多いようですね。
私はここ数年、我孫子市高野山 桃山公園から手賀沼を見下ろす感じでご来光を拝んでいます。
手賀沼の美しさを高台から望めることと相まって、柏市手賀地区上空から現れる姿が気に言っています。
しっかり、日の出の光が手賀沼に降り注いでくれますし。

aa
左:午前5時25分 右:午前6時1分(約1時間前です)

a
あいにくの曇り空(予定時刻より20分過ぎ)綺麗な光芒(こうぼう)が出現しました。

a
今年はあいにくの曇り空でしたが、予定時刻より30分後雲の上からご来光を拝むことができました。
動画でも、初日の出のまでの模様(雲の動きばかりですが(汗))をご覧ください。

<動画>
初日の出の模様を動画でご覧ください

     
【コミミズク】

正月早々友人から、手賀沼の田圃に、珍しい鳥が飛来してるとの情報を得て、現場に向かいました。
手賀沼から流れ出る手賀川<水道橋ー浅間橋>左側の地域。たくさんの野鳥ファンがシャッターを下ろしてました。手賀川の左側に並行して流れる水路(ここまでの間が実はまだ柏市の行政区域)手賀川とこの水路間の水田を数羽が飛び交っていました。
「冬の草原のアイドル」とも言われているコミミズク。体調40センチほどのフクロウの仲間で渡り鳥だそうです。
手賀沼には7~8年ぶりの飛来だそうです。獲物は、ハタネズミなどの小動物とか。

a
珍しい鳥を見ることができました。偶然、うまく撮れました。

aa
飛ぶ姿もかわいいですね。

aa
沢山の野鳥ファンが訪れていました。それだけ珍しいんでしょう。

a
これは、友人からお借りした(掲載許可済)、コミミズクの勇姿です。こんな写真を撮りたいものです。

【一球会のニホンスイセン】
いよいよ ニホンスイセンの時機到来?。手賀沼自然ふれあい緑道にニホンスイセンの花が咲き始めました。
風が強く毎年期待を裏切っていますが、今年はどのくらい咲いてくれるのでしょうか?楽しみです。

a

aa
5000球ぐらいの球根が植わっています。秋の彼岸花に沿って植えてますが、こちらは群生地です。
植栽してから初めての開花です。さあ、どのくらい咲いてくれるでしょうか>

aa

以上、令和2年最初のブロブをお届けしました。今年もどうぞお楽しみください。