過去の記事一覧

2019年12月の全ての記事一覧

更新日 2019年12月13日(金曜日)

【第120号】手賀沼自然ふれあい緑道っていいですね

【第120号】手賀沼自然ふれあい緑道っていいですね

柏の皆さんは手賀沼の柏市側に<9.4キロメートル>もの自転車・ランナー・歩行者専用道路があることをご存じですか?休日ともなると、多くの方が利用されてますね。今回は特に筆者が気に言ってる場所をご紹介しましょう。
手賀大橋から、緑道を東に1500メートル地点に、あまり知られていない公園があります。
上空から見ると石畳がカタカナの「ワ」に似ているため「ワの公園」と勝手に名付けています。(笑)

a
令和元年12月9日撮影

以前、孫たちとここでピクニックをしたこともあります。ちょっとした休憩場所にいかがですか?

aa
人のいない時間帯を利用して、久しぶりに、ここから手賀沼の空撮を試みました。
この緑道は、千葉県の県立公園で,本来緑道上空では、県の条例によりドローン撮影は禁止されていますが許可をいただいて撮影をしました。(柏土木事務所許可済み)
a
この公園から上空50メートルぐらいで手賀沼の素晴らしい光景が目に留まります。
a
素晴らしい緑道が続いてますね。これだけ整備された緑道は、近隣にはないと言っても言い過ぎではありません。柏市自慢の緑道ですね。

a
緑道の傍ら(陸地側)には北千葉導水路が埋設されていて、手賀沼の浄化に役立っています。

a
ここから見える右方向の手賀沼の水は、東端の曙橋を通って、利根川にそそいでいます。手前の芝生もよく整備されています。いかがでしたか? 手賀沼も空から見るとまた一風変わった風景ですね。

ここで動画で緑道の風景をご覧いただきましょう。

<手賀沼自然ふれあい緑道>

いかがでしたか? 素晴らしい手賀沼をあなたも歩いてみませんか?
    

最後に<手賀沼の歳時記>をどうぞ。
手賀沼周辺の農家はすっかり米づくりも終わり、冬を迎えようとしてます。
ある農家では、特産のいちごづくりに励んでいます。年が明けるといちご狩りもオープンされるとか。
また、沢庵づくりの為の<たくあん大根干し>も始まりました。

a

a
令和元年、今年の漢字一文字は「令」だそうです。まもなく令和元年も半月で終わります。

あっという間の一年。農家は休む暇もありません。お疲れ様です。

最後に、雑草が刈り取られて見通しの利くようになった手賀沼ハスの群生地の遊歩道と

手賀沼から見た<お月さん四変幻>をどうぞ。

a
12月11日 撮影

a

12月11日 午前5時 撮影

それでは今回はこの辺で。

更新日 2019年12月6日(金曜日)

【第119号】手賀沼にオオハクチョウ来る

【第119号】手賀沼にオオハクチョウ来る

「エッヘン!、おいらは<オオハクチョウ>!手賀沼に居続ける嫌われ者のハクチョウとはわけが違う」といったかどうか。
11月後半から、手賀沼のハスの群生地には、シベリア方面から渡ってきたと思われるオオハクチョウが羽を休めています。
a

大きな鳴き声を出しながら、沼を優雅に泳いでいます。3~5家族。1家族3羽~10数羽ぐらいでしょうか。

a
同じ方向を向いてきれいに並んでいます。同じ方向を向いて首を縦に振り始めると、飛び立つ合図だそうです。

aあ

a
美しい姿です。
そして、不思議なことに毎朝ほぼ定刻の7時前後に、一斉に飛び立ちます。
「さあ、いくぞ~~!」って号令をかけてるように、家族ごとに東南の方向に去っていきます。

a

a
聞くところによると、行先は白井市西白井の調整池(白鳥飛来地)に向かうのだそうです。

aa

a

手賀大橋を回遊して・・・たちまち過ぎ去っていきます。

aa

12月3日この日は、太陽に向かってきれいに並んで飛び去って行きました。

a
きれいに、一列に整列しています。こんなオオハクチョウの姿を来年の2月ごろまで、手賀沼で見ることができます。
「早起きして、ハスの群生地あたりにぜひ私達を見に来てください。お待ちしています」とオオハクチョウさんが言ってたかどうか。

さて、次はとっておきの、翡翠<かわせみ>Kingfisherをご覧ください。これは、去る10月31日に手賀沼自然ふれあい緑道をウォーキング中に撮ったものです。ほんとにきれいな鳥ですね。

a

aa

最後に、手賀沼の夜明けをご覧ください。12月3日の午前5時45分 空が厚い雲に覆われながら、手賀沼が神秘的に照らされていました。手賀沼ではあまり見ることのできない夜明けでした。
毎日、どんな手賀沼が現れるか期待しながら、早朝ウォーキングを楽しんでいます。

a

それでは今回はこの辺で。