過去の記事一覧

2019年7月の全ての記事一覧

更新日 2019年7月26日(金曜日)

【第109号】柏市消防局の水難訓練

【第109号】柏市消防局の水難救助訓練

去る7月19日午前中、道の駅しょうなん、手賀大橋付近で柏市消防局による「令和元年度水難救助訓練」と銘打った水難救助訓練が行われました。その模様をお伝えします。

私たち柏市民の安心安全を日々守っていただいている市消防局では、
水難事故の増加が予想される夏のシーズンを前に、各部隊の連携強化を目的とした水難救助訓練を実施しました。
この訓練では、手賀沼でセーリング中のヨットが転覆し、乗員2名が転落したという水難事故を想定し、救助活動が展開されました。

aa

a

訓練内容としては、手賀大橋付近に指揮本部を設定し、救助艇、救命ボートと無人航空機(ドローン)が
連携して上空と水上から要救助者を捜索、発見次第救助隊による救出活動を実施しました。

aa

今回の水難救助訓練のトピックスとしては、東葛5市の中での初めての「ドローン」による訓練だったようです。

aa

a

市消防局によれば無人航空機(ドローン)の活用として
・火災発生時の拡大状況及び部隊展開の確認等の火災対応
・水難救助や土砂災害現場による要救助者検索活動
・事故時の救助活動に関する周辺状況の安全管理及び情報収集活動
・大規模災害時の広域的被害状況の把握等の広域災害活動
などが考えられているそうです。

aa
ドローンのカメラが、大型モニターに映しだされていました。

a

柏市消防局では、今年度中にドローンを2機購入予定で
・赤外線検知システム付きドローン(5月購入済)
・ズームシステム付きドローン(下期購入)だそうです。

a

救命ボートと無人航空機(ドローン)が連携

aa
訓練で使用された救命艇
   

筆者も個人的にドローンを所有してますので、興味をもって、訓練風景を拝見できました。
市消防局のドローン活用もますます重要性を増してくるでしょう。

【参考資料:柏市ホームページ、消防局配布資料(転載許可済み)】


それでは最後に、梅雨明け間近な手賀沼の風景をどうぞ。
a
7月25日 5:15 撮影 霧が出てきました

それでは、次回また。

更新日 2019年7月12日(金曜日)

【第108号】蓮見舟水路刈り取り作業

【第108号】蓮見舟水路刈り取り作業
毎年、7月下旬になると、手賀沼名物「蓮見舟」が運航されます。その前に蓮見舟の水路を確保するためのハスの刈り取り作業が、7月8日に行われました。その模様をお伝えします。
連日の曇り空、梅雨寒の気候が続く中、この日は珍しく青空が広がりました。
aa
今年は、例年よりハスの生育が遅れているようです。背丈もそうですが、ハスの花はまだありません。

a
蓮見舟にのって、現場に向かい、草刈り機、鎌などを使い、刈り取っていきます。

aa
まだ、背丈も低く、刈り取り作業としては、いま一つ満足した結果ではありませんでした。

a
この水路は、民間の蓮見舟運航会社のほか、道の駅しょうなんの納涼船の水路、ハス祭りの水路としても利用されます。
    
さて、これはジャングルのようですが、例年行われる「ハス祭り」で運航される蓮見舟の船着き場付近の葦(あし)を刈り取っている様子です。
手賀大橋より東へ500メートルほどの手賀沼自然ふれあい緑道に隣接した場所です。
aa
細かいところは、鎌を使って刈り取っています。

a

今年も、きれいなハスが鑑賞できるといいですね。

aa
特定外来生物「ナガエツルノゲイトウ」が繁殖していました。困ったものです。
今回はこの辺で、また次回!