過去の記事一覧

2018年2月の全ての記事一覧

更新日 2018年2月23日(金曜日)

【第78号】冬の手賀沼

【冬の手賀沼】
前回より、少し時間が空きましたが、今回は手賀沼の冬の風景をいくつかご紹介します。
   
【ハスの群生地は鴨の寝床】 平成30年1月15日撮影
昨年は、ハスの花が沢山咲きましたが、その手賀沼ハスの群生地。
この冬は、<カモの華>が咲きました。去年まで見かけた鴨のえさ場が、今年は無かったのか、エサを求めて?数百羽がハスの群生地を埋めていました。
あれから1か月過ぎた今では、白鳥のカップルをあちこちに見かけるようになりました。
a
気持ち悪いくらい、鴨が群がっています。

aa

 

     

【冬は富士山が良く見える】 平成30年1月25日
この時期、手賀沼の東の出口、<曙橋>。ダイヤモンド富士を求めて、アマチュアカメラマンが列をなします。
綺麗なダイヤモンド富士にはなりませんでしたが、毎年、手賀沼から富士山が望めることはうれしいですね。

a

aa
陽の落ちた富士山の稜線がきれいに見えます。
手賀沼とのコラボも、素晴らしく見えます。漁網が沼の感じをより一層表現しています。

a
<手賀沼曙橋ヨコ>より

   

【手賀沼に氷が張った】 平成30年1月26日
手賀沼に氷が張ることはめったにありません。しかし、この日は氷点下3度?。綺麗に氷が張っていました。
今年は、すでに数回ありました。
a

aa

鴨たちも、氷の間の水面を見つけてじっとしてました。

a

aa
今年の冬は、本当に寒かったですね。

  

【稲作農家の冬】 平成30年2月7日
早朝散歩していると手賀沼干拓地のある場所に、もみ殻の袋がいくつも積まれていました。
いったい何に使うのでしょう? 後日、作業をしてるHさんから種明かしをしていただきました。
aa
田圃の整地作業で、暗渠を入れる作業をするとき。パイプを籾殻で挟んで埋めて、田んぼを乾くようにしているんだそうです。
私たちの知らない田んぼの仕事ですね(^^)。よく「稲作農家は冬暇でしょ」って言われるそうですが
むしろ冬は時間が足りないくらいだそうです。お疲れ様です。

a
(写真提供:沼南ファームさん)

   

【手賀沼フィッシングセンターが変貌している】 平成30年2月22日
手賀沼フィッシングセンターが劇的に変わりつつある。柏市が手賀沼を活性化しようとしている一環なんでしょう。

a
かつては、樹木に覆われて、この位置から手賀沼を望むことはできませんでした。これからは違います。
うれしいですね。手賀沼が広いことが一層良くわかります。

aa
かつての鳥小屋も取り外され、樹木もきれいに伐採され。緩やかな斜面のプロムナードに変貌しつつあります。

a

完成は3月後半とのこと。どんなに変貌するか今から楽しみですね。

aa

  

  

最後に、手賀沼の朝をどうぞ
平成30年2月7日 朝の風景です。サージタンク広場の朝

aa

2月10日 6時40分 手賀沼の日の出です。

a

やっぱり、美しい手賀沼ですね。
それでは、今回はこの辺で。