過去の記事一覧

2017年12月の全ての記事一覧

更新日 2017年12月8日(金曜日)

【第74号】巨大道路標示現る

【第74号】緑道に巨大道路標示現る

師走も、はや中旬を迎えようとしてます。今回は、手賀沼自然ふれあい緑道に見たこともない巨大文字が現れたことをお伝えします。
手賀沼の東の端、曙橋付近を歩いていると何やら路面に文字を書こうとしてる白墨の輪郭線が。

あまりに大きくて近すぎて目線からは判読できません。12月6日撮影。
「手賀????」と書こうとしてることはなんとなくわかります。

a

aa
なんて書こうとしてるのでしょう? 次の日に行って、確かめてみました。太くしっかりと道路幅いっぱいに塗ってありました。
「手賀曙橋手賀沼土改(テガアケボノバシ テガヌマドカイ)」
1文字が、2mX2mの大きさでした。
a

aa
こんな風になっています。向こうが曙橋です。
a
「手賀沼土地改良区」の意味だということがわかりました。

【手賀沼土地改良区】のホームページによれば<手賀沼土地改良区>とは

>>>
(1)農業生産を行う上で欠くことのできない用排水路や揚排水機場等の整備や維持管理を目的として設立

  された団体です。また、施設の維持管理を通して、地域社会での限られた水資源を活かし、農家と

  地域住民が一体となった生活空間の形成・環境保全など、公益的な役割を担っています。

(2)土地改良区は土地改良法により県知事の認可を受けた組織です。

  その組織は農家の人たちで構成されており、農家の負担によって運営されています。
<<<
とのことです。

     
更に、曙橋を渡って、手賀沼フィッシングセンター手前の空き地には、更に巨大標示が。
a

aa

やはり、

「手賀曙橋」「手賀沼土改」と、標示されています。あまりに太く大きな文字に圧倒されます。こちらは、先ほどの文字よりさらに大きく、1文字が3mX3mの大きさです。 

上空から見ればはっきり見えるのでしょう。災害時などに場所が明確にわかるようにしているのでしょうか?飛行機から見ても、判別できるかもしれません。


次の話題は、手賀沼周辺の農家では、たくあん大根の収穫に追われ、丁寧に洗ったのち、天日干しする風景がありました。青空のもと、午前中の陽の光をあび、あまりにきれいなので写真を撮らせていただきました。

12月6日撮影。

a

aa
農家の方の話によると、今年の大根は、スタイルもよく、すばらしい出来だと喜んでいました。

この農家は、いちご園も経営されており、あと一か月後に迫ったいちごシーズンの手間に連日追われています。

   

次の話題は、緑道に<ニホン水仙>が咲き始めましたという話題。地元、ボランティア団体「一球会」の皆さんによって、9月の彼岸花の列に並行して植えられています。
まだまだ、ポツリポツリですが、これから冬に向かって、可憐なかわいい花を見せてくれると思います。緑道を散策される方にとっては、楽しみですね。

12月5日撮影

a

aa

  

最後に、もう一つ。

鷲野谷地先に沈む満月。12月4日 朝6時24分 <スーパームーン>のなごりです。こんなにきれいな満月も珍しいですね。ちょうど<いちご園の頭上>に輝いてましたので

「いちご満月」と名付けました。(笑)

a

    

それでは、今回はこの辺で。

 

 

更新日 2017年12月1日(金曜日)

【第73号】霜月の手賀沼

 

【第73号:霜月の手賀沼】
お久しぶりです。いよいよ今日から師走。昨日までは、11月<霜月>、秋最終月でした。霜月は読んで字のごとく「霜が降り出す月だから」という意味のほかに、10月の神無月を「上の月」、11月が「下な月」として「しもづき」となったとも言われてるようです。というわけで、まずは<手賀沼の霜>からご覧ください。

    
★<手賀沼に霜が降りた> 11月25日
寒い朝でした。今年初めての霜が降りました。これからいよいよ冬に向かいます。

a

aa
手賀沼自然ふれあい緑道の<公園側>は、きれいに整地されていて初霜も元気に? 育っています。

   

★<芋茎(いもがら:ずいき)> 11月2日

芋茎とは、里芋や八頭などの芋の茎、葉柄をいい、食用に供します。

手賀沼の近くにあるそのべ農園さんでは、今では珍しい芋茎を作っています。秋の風物詩といった趣のある風景です。

a

aa
味噌汁に入れたり、油揚げと一緒に煮たり、おいしいですよね。道の駅しょうなんで売っていますよ。


★<手賀しょうが> 11月3日
関東では、千葉県がショウガの名産地、中でも以前は、柏市手賀地区は、古くからショウガの名産地だったということで、11月8日には、民放テレビ番組「よじごじ」で<体ぽかぽかショウガパワー>として紹介されたんですよ。100年以上4代続くショウガ農家、布瀬の湯浅さん宅をたずねました。
ショウガには、いろんな種類があるんですよね。
<根ショウガ>(ひねしょうが)
皮がベージュから薄茶色をしていて、香りと辛味が強く、薬味として利用されてるそうです
a
 
<葉ショウガ>
小さな根茎に茎葉がついたもの。甘酢漬けにしたりして食べるのが一般的ですよね

a

           
<新ショウガ>
初夏に収穫される根しょうがのこと。

a


<谷中ショウガ>
葉ショウガの一種、味噌をつけてそのまま。おいしいですよね。
 a
   
★<11月の空>
最後に、先月11月の手賀沼の空をご覧ください。

a
11月2日  まるでアフリカのようですね
    

aa
11月2日                     11月5日
  

a

11月9日 手賀沼に光の道が
   

aa

11月10日                    11月20日
   

a
11月24日 手賀・布瀬地区の台地の上から、すばらしい日の出前
   

a
11月24日 今まで見たこともない神々しい手賀沼

それでは、今回はこの辺で。