過去の記事一覧

2017年3月の全ての記事一覧

更新日 2017年3月6日(月曜日)

【56号】手賀沼を彼岸花の名所に ~「一球会」の活動報告~

【56号】手賀沼を彼岸花とスイセンの名所に ~「一球会」の活動報告~
今回は、「手賀沼を彼岸花とスイセンの名所に!」を合言葉に活動されているボランティア団体「一球会」の活動状況をお伝えします。
   

ボランティア団体「一球会」(大山六男会長)は 手賀沼のほとり、柏市片山にお住いの概ね70才以上の方々10数名で構成されています。「一球会」の名前の意味するところは、9月の「彼岸花」と1月の「水仙」にちなんで<一九→一球>語呂合わせで、命名されたとのことです。

筆者も、その活動に加わって、ボランティア活動をしています。
去る2月25日午前、彼岸花の球根を一部植えました。その模様をお伝えします。

この作業は、柏市社会福祉協議会を通じて、柏市地域生活支援センターあいネット(就労準備支援事業)の紹介を受け、就労支援事業に協力させていただいたものです。
   
当日は、手賀沼も快晴に恵まれ、午前中の約2時間、春めいた風を受けながら就労を目指されている方と一球会会員とともに作業をしました。1
作業場所は、手賀沼曙橋より西、約1kmの手賀沼自然ふれあい緑道の公園内です。
ここには、昨年に植えた彼岸花が約1500球植えられており、今回はさらに追加しました。
11
まず、彼岸花の球根のうち、丈夫なものをほぐしながら、紐で植える場所の位置決めをし、順に植付をしていきます。球根がうまく育つように、大事に方向を決めながら植えていきます。
1
次に、植え終わったところに土をかぶせます。

11
最後に、肥料を撒いて、作業終了です。きれいに植わりましたね。
1
今回植えた場所です。9月になると紅い彼岸花が、きれいな姿を見せてくれるでしょう。楽しみです。
    

皆さんも、ご存知とは思いますが、

彼岸花は、霜柱がたつような冬の間でも他の植物は全て枯れてなくなっているのに生き生きしている。寒い冬には青々と茂り、春になって四月頃になると枯れてなくなくなってしまう。
そして9月の彼岸の頃いきなりにょきにょきと茎が伸びてきてその先に美しい花を咲かせるんですね。花には茎はあるが葉がありませんね。

「葉見ず花見ず彼岸花」と言われるように花と葉が別々の時期に出る。つまり花と葉が同時に出ることはないんですね。今は「葉」の時期ですね。
    
これは、現在、この場所に植わってる彼岸花の葉です。冬にしっかり葉で光合成をし養分を受けとめ、球根に栄養を蓄えています。

1
これは白い彼岸花の葉です。
11
こちらは、赤い花の彼岸花です、右は、狐のカミソリという彼岸花の一種です。

話題は変わって、もう時期は過ぎましたが、これは昨年10月後半に同地場所に植えた「ニホンスイセン」の現在の様子です。
今季は、残念ながら、あまり多くの花を見ることはできませんでした。来季(今年12月~来年1月)には、手賀沼にスイセンの花が咲き誇るでしょう。


1

これは、昨年の9月に咲いた彼岸花です。今年もしっかりと咲いてくれると嬉しいですね。
今回植えた球根も元気に育ってくれるとうれしいですね。
11

11

これは、この2月28日のニホンスイセンと彼岸花です。もう終わりの時期です。

1
左側がスイセンの列、右側が彼岸花の葉の列です。
11
スイセンも所々で、まだ咲いてますよ。

今回は、ボランティア団体「一球会」の活動を報告しましたが、
「当会では、こういった社会福祉協議会の事業にも協力をさせていただいていることを皆さんに知っていただきたい(大山会長談)」とのことでした。

今回は、この辺で。

写真提供:一部一球会より(掲載許可済)