過去の記事一覧

2015年1月の全ての記事一覧

更新日 2015年1月23日(金曜日)

【第29号】夜空に輝く星の芸術を手賀沼で見よう

【夜空に輝く星の芸術を手賀沼で見よう 】
 手賀沼の柏市側には、手賀沼自然ふれあい緑道が整備されています。
全長約9.4Kmあり、休日の昼間には、ウォーキングする人、ジョキングする人、

サイクリングする人、釣りを楽しむ人で活気にあふれています。
緑道

今回は、手賀沼で<夜空に輝く星の芸術を見よう >をテーマにしてお伝えします。

★★★ 
 

現在私たちが見ている星座は、古代人が見たそのままの姿を見てるんですね。
5000年前に星座は生まれ、全天空には88個の星座が輝いていると言われています。
明るい星が多く形がわかりやすい星座もあれば、あまり目立たない星座や

形を思い浮かべるのに想像力が必要な星座もありますね。
 

一般的に【季節の星座】というのは、夜の8~9時ごろに、
<南の空から頭の真上あたりに見える星座>のことを指します。

季節によって見つけやすい星座や形は、一般的に次のように言われています。  

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★   
 冬:オリオン座、ぎょしゃ座、冬の大三角、冬のダイヤモンド
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

  春:しし座、うしかい座、北斗七星、春の大曲線、春の大三角
    夏:さそり座、はくちょう座、夏の大三角        
    秋:カシオペヤ座、ペガスス座(秋の四辺形)


そんな中でも、この冬。冬の季節の星座を手賀沼で眺めてみましょう。
ここでお見せする星座はすべて手賀沼湖畔で、私が撮影したものです。
 
3

冬の夜空は澄み切っていて、一年で一番星の輝きが素敵な季節ですね。
最もよく知られているのが、この「冬の大三角」。
冬の宵、南の空には大きな大三角形を結ぶ3つの星が現れます。
一番明るいおなじみのシリウス(おおいぬ座)、
赤い星はペテルギウス(オリオン座)、
白い星のプロキオン(こいぬ座)
この3つの星が大三角形を構成してます。
また、わかりやすい2つ並んだカストル、ポルックス(ふたご座)も見えますね。



109
オリオン座のほか、カペラ(ぎょしゃ座)、アルデバラン(おうし座)、
プレアデス星団(すばる)、カストル、ポルックス(ふたご座)などが
ぎっしり見えます。 冬のダイヤモンドの一部も見えます。



110

夕方に、太陽が沈んで西の空に輝く金星のすぐ近くに水星が並んでいます。
水星は見ることが難しい惑星として知られてますが、
この時期ちょうど見やすい位置に来ています。

 ★
 

108 
早朝に手賀沼に来て、星座を眺めるのもいいものですね。

明け方の東の空を見れば土星とさそり座が見られます。

夏の星座アンタレス (さそり座)がよく知られてますね。
ここには現れていませんが、ベガ(こと座)も北東の方向にくっきり見えます。
 


 

118

18日の明け方東の空に月(細い月)が土星を追いかけるように登ってきました。
夏の星座、へびつかい座、てんびん座も見えます。
その土星の下方には、さそり座のアンタレスも見えます。
moon
(細い月)

 ★

 

先日、手賀沼のほとりにある

手賀沼親水公園<水の館:プラネタリウム>へ行ってきました。

2月15日までの期間は「大切なもたからもの~冬の星座を見つけよう~」を

上演してます。入場無料ですので、こちらで予習をしてから、

冬の星座を眺めるのもいいですね。

1 2

オリオン座を代表する<冬の星座>の解説をしています。解説の最後には
、【冬の大六角(冬のダイヤモンド)】
1.カペラ(ぎょしゃ座)ー2.ポルックス(ふたご座)ー3.プロキオン(こいぬ座)

ー4.シリウス(おおいぬ座)ー5.リゲル(オリオン座)

ー6.アルデバラン(おうし座)を結ぶ【冬の大六角】の
説明もありました。

手賀沼湖畔でもしっかり<冬のダイヤモンド>を見ることができますよ。

P

<手賀沼湖畔で星座を見るのに素敵な場所はここ>
手賀沼で 星を見るのに、この時期しっかり防寒対策をしたうえで

こんな場所で冬の星座を眺めるのはいかが?
夜間、早朝は特に防犯のため一人ではなく、家族、友人と複数人で行かれるように

お願いします。足元を照らすのに懐中電灯も必須です。

P

ピラミッド展望台に腰掛けて

C

集音ベンチに寝そべって

D

緑道下の導水管空気弁の上に腰掛けて

S

芝生に寝っ転がって



 【ご参考】
1月のこれから、こんな楽しみがまだまだあります。

★★1月天文カレンダー★★ (引用:NIKON星座案内)
~これから~
23日(金)   夕方~宵、細い月と火星が接近
27日(火)  【上弦】(日没ごろに南の空に見え、夜半ごろ西の空に沈む)
29日(木)   夕方~翌30日未明、月とアルデバラン(おうし座)が大接近

 ★
それでは今回はこの辺で。
 


次回は<誰も知らない手賀沼の秘密>をいくつかおとどけします。

<誰も知らない手賀沼の秘密>

・巨大な鳥が棲んで場所があるってホント?

・巨大うなぎが方位を教えてくれるってホント?

・東経〇〇〇度が手賀沼のド真ん中を通ってるってホント?

・知られてない橋の名前があるってホント?

・柏市と我孫子市の境界線で素敵なものがあるってホント?

・神様が宿ってる神聖な場所があるってホント?
・天下を取った様な気持になれる場所があるってほんと?

・行きどまりなのに楽々Uターンでいる場所があちこちにあるってホント?

・ランニングの助けになる距離計があるってホント?

・サウンドパイプからバリの音色を聴けるってホント?
    などなど・・・

お楽しみに

    


   

           k           

kashiwani© KIC 2009

© kuma3 H27.1.23


それでは次回また・・・