過去の記事一覧

2017年8月の全ての記事一覧

更新日 2017年8月30日(水曜日)

捧げし痛みわけの唄vsアルビレックス新潟戦

001
 
こんにちは、みゃ長です。
今にして思えば、善悪をこの方から教えていただき、この方から褒めてもらおうと生き、この方に叱られるのをもっとも恐れていたのかもしれない。
そんな私の母が、この8月にあっけなく、天国に旅立ったのでありました。
そのため、3試合ほどスタジアムに行くことができませんでした。このブログも、少しの期間、お休みとさせていただきました。
でもって8月26日土曜日の日立台。3試合ぶりのサッカー場だ。どうもおちつかない。
・・・がしかし、柏熱地帯チームエンブレムを深呼吸しながら見上げると、2週間前に気持ちが戻ったのでありました。
002
 
相手は、アルビレックス新潟。いこかい!
この試合は、明治安田生命エキサイトマッチ!開門後、隣のサブグランドでは、サッカー教室が開かれていた。夏休みということなんでしょうな。
003
 
ホラ!マスコットも登場していた。明治安田生命のマスコットらしいです。子供に大人気です。まぁ、子供は、こういったマスコットが好きですからね・・・。
005
 
なぜか、スタジアム内で『散歩の達人』という雑誌の取材をうけました。
ラーメンと子供と動物!この三つをとりいれりゃ売り上げ3倍!と言ってあげました。
006
 
バックドロップシンデレラのトシマ君も、久し振りに試合観戦です!
相変わらずの毛量でありました。羨ましい。
009
 
そうそう、9月1日(金)に、バックドロップシンデレラのライブに飛び入り参加するのであります。お暇ならきてください。

・日時:9/1(金)開場18:00/開始18:30

・場所:吉祥寺ClubSEATA
バックドロップシンデレラとプロレスとのコラボです。俺殺されるワ。
010
 
さあ試合。無風状態満員御礼日立台!
015
 
勝利を祈るレイ君!さぁ、試合開始だ!

017

 

020
 
私も準備万端!相手選手へむけ、メッセージ!誹謗中傷一切無し!
023
 
でも抽象的はあり。『初恋、青春』と掲げた!なんの事だかわからない。
024
 
なんにしても暑いって。
現在最下位のアルビレックス新潟さんも、なんとか残留圏内に抜け出そうと必死でありましょう。
キックオフ開始からレイソルペースだ。一方的に攻め込み、何本もコーナーキックをうばったが、得点にはいたらない。そんななか、アルビレックス新潟の左サイドのホニ選手にパスをカットされカウンターを受ける。そのまま先制されるのでありました。中山選手のパスミスからの失点。若さがでたなってこと。
その後、中谷選手が二枚目のイエローカードを受け退場となってしまった。1点ビハインドの状況で、更に1人退場となり、まだ前半にもかかわらず、残り時間を10人で戦わなければならなくなった。ピンチである。
思えば、開始早々の猛攻で1点でも獲れていれば・・・。なんて、タラレバを言ってもしょうがない。我々は応援あるのみである。日立台の力で同点、更に逆転するのだ。
その応援が実ったのか、前半終了間際に追いついた。セットプレーからゴール前の混戦。アルビレックス新潟のGKがボールをキャッチしそこなった所を大谷選手が詰めてゴール。
026
 
前半に追いつけたのは大きい。この勢いで後半で逆転だ!
025
 
そうは言っても現実は厳しい。やはり数的不利の状況が響き、なかなかシュートまで持ち込めない。
逆にアルビレックス新潟の攻撃を受けまくるが、なんとか柏レイソルのDF陣が体を張って守る。
・・・で、結果として引き分けでありました。
027

 

028
 
是が非でも勝ちたかった。が・・・引き分けだよ!
退場者がでた。よく負けなかった・・・とも言えるが、でも引き分けだよ!
でも、うなだれるな!
今日の勝ち点「1」を、明日へどう活かすかだ!
030
 
さて、結果はどうあれ、スタジアムで仲間に会うことによって気持ちが晴れたり、ドキドキしたりする。
ここが、己にとって一番良い場所なのであろう。
 
この後、9/9(土)に浦和レッズ戦、9/16(土)に横浜Fマリノス戦と近地アウェイでの試合が続きます。
今こそ我々のサポートが必要でありましょう。行こう!その先にいくために!

更新日 2017年8月8日(火曜日)

祝杯は日立デーなりvsヴィッセル神戸戦

001
 
それは小学校5年だったと思う。友達3人で電車に乗り、東京は、銀座に向かったのだ。目的は映画を観る為だった。何の映画を観にいったのかは忘れたが、その出来事は、今でも鮮明に覚えているほど印象的な出来事であった。それは銀座の街中を映画館に向かって歩いている時のことだった。
「あっ!外人さんだっ!すごい!金髪だ!」
人生で初めて金髪の外人さんと遭遇したのだ。さも、有名芸能人に出会ったかの如く、指をさして友達と騒いだものです。それだけで東京を満喫した感がありました。映画の内容もぶっ飛ぶほどの衝撃を受けたのでありました。
観光立国となり街中に外国人観光客が溢れている現在から比べると、なかなか想像できないと思いますが、昭和40年代の日本では、街中で外人(しかも、金髪の)を見かける機会など、なかなか無かったのです。
あれから40年。ドイツから来られた外人さんに絶対!驚かない!
こんにちは、みゃ長です。
 
昔、読んだことがある本の一文を思い出した。
「勝つと人は、傲慢になる。傲慢になると怠慢になり、怠慢になると努力を怠る。その逆は負けることにより、発憤する。」
柏レイソルもここ最近勝てていない。なら、良いじゃない!どうすりゃ勝つのかやってくれるでしょ!
期待を胸に8月5日、ホーム日立台にヴィッセル神戸を迎え撃つ。対戦相手のヴィッセル神戸には、元ドイツ代表FWのポドルスキ選手が新加入しており、久しぶりの大物外国人選手のJリーグ参入に、マスコミ各社は大いに騒いでおりました。ポドルスキ選手のJデビュー戦となった前節の試合でも、さっそく2ゴールを決め、大物の片りんを魅せつけておりました。
026
 
この試合は、年に1度の日立デーであります。柏レイソルの最大スポンサーである日立製作所様および日立グループの冠試合なのである。なんと、先着1万名には、タオルマフラーがプレゼント!回して振って!汗吹いて拭いて!
002
 
試合前には、ゴール裏の柏熱地帯に日立製作所の東原社長が、柏サポーターに挨拶に来たのであります!
005

 

006

 

007
 
日立製作所のゲーフラと、東原社長の顔写真をあしらった巨大パネルでお出迎えであります。
オイオイ、一枚違くねえのが!印刷ミスだ。
004
 
心強気なお優しいお言葉をいただいた後、スタジアムのサポーターと一緒に乾杯だ!
008
 
隣のサブグラウンドでは”レイソル縁日”と銘打って、夏休み期間ならではのイベントを開催。子供で賑わうのでありました。
010

 

012

 

013

 

014
 
おっとそうでした。皆さん、外看板に気づかれましたか?
珍来の隣に道路に面した場所に看板が設置されているのだが、今までは、何も掲示されていない白紙の状態でした。そこに、日立台らしいデザイン画を掲示しました。今後、日立台に行かれた際には確認してみて下さい。
015
 
また、街を真っ黄色にしようと、チーム主導で「イエロー作戦!」も行われています。早い話が、公式の柏レイソル・ポスターを渡しますので、街中の商店などに貼って下さい!ということだ!皆さんも協力して、柏の街中をレイソルのポスターで埋め尽くそう。

※「イエロー作戦!」の詳細は、こちらのサイトを確認下さい。 
みんなで街をレイソルポスターで埋め尽くそう!!~イエロー作戦協力隊 2017シーズン第2回募集!~
016
 
さて試合リポートです。
満員となったこの試合、スタジアムのヴォルテージは試合開始前から最高レベル。柏レイソルの布陣は、4-2-3-1のフォーメーションだ。
021
 
開始5分、早くも失点です。
これです、これなんです。この暑いなか、遠く神戸から来ていただいた選手および神戸サポーターの皆さんに対しての「おもてなし」でしょう。
今日はいつも以上に、最後まで気持ちをきらさないで声を!手拍子を!跳ねていこう!まだまだ時間はあるし、慌てることはない。
すると後半、神戸のDFラインを上手く抜け出したクリスティアーノ選手にスルーパスが通る。GKと1対1の局面だ!充分シュートも打てる場面であったが、更にフリーの状態だったディエゴイリヴェイラ選手に横パス!見事、無人のゴールにシュート。同点だ!後半そうそう、試合を振り出しに戻しました。
025
 
このあたりから球際の激しい攻防があり、イエローカードの連発となります。
ボールキープ率もレイソルに傾き、あわや逆転ゴールというチャンスも多々あり、流れは完全にこちらのペースであった。更に神戸に退場者が出て、柏レイソルが一方的に攻める展開に拍車がかかる。
もはや、この展開は必然だった。72分にクリスティアーノ選手の逆転弾!ミドルシュートが見事に決まった。これで2-1となり、しかも、ヴィッセル神戸の攻撃陣、特に「ポドルスキ選手に仕事させません」柏レイソルの若きディフェンス陣。
しかし、もう一点獲って少し安心したい・・・そんな贅沢な要望を叶えてくれました、この選手が。ディフェンダーの中山選手が、これまたビューティフルな左足によるミドルシュートを決めて3点目だ。
027
 
そして勝利の瞬間を迎え、歓喜のときをスタジアム全体で味わったのでありました。
勝利のダンスは、1ゴール1アシストと大活躍であったクリスティアーノ選手による乾杯!最高でありました。

029

 

030

 

003

 

031

 

032
 
ここ数試合は先制するのでありますが、そこからやや消極的になり勝てないという試合が続きました。今回のヴィッセル神戸戦では、最後まで攻撃する意識や闘争心があったように感じました。
とにかく勝ってよかった!
 
次節、8月9日水曜日はサガン鳥栖戦だ!場所は日立台!
サポーターの応援は確実に選手のチカラになる。ならば、それが多いほどチカラも大きくなる。平日の試合だが、みんな日立台に駆け付けろ!学生諸君は夏休みなのだから宿題はほっといて日立台に集合だ!
いくぜ、柏レイソル!

更新日 2017年8月3日(木曜日)

美しき屁理屈vsベガルタ仙台戦

まず、今回は告知から!
8月5日土曜日のヴィッセル神戸戦にて、日立製作所および日立グループのご協力で、先着1万人にタオルマフラーがいただけます。ありがとうございます、HITACHI様。
・・・で大津祐樹がタオマフ持って、キュートな笑顔で1ショット。イケメンは、タオマフ1枚でも絵になるなあ。
001
 
「僕が汗をふいたよ」
これ毎試合やったら、観客増といくんちゃうんかい。でも、そんなこと選手には頼めん。ならば・・・みゃ長の汗を思い切り拭きましたタオマフ!先着・・・あぁ~誰がもらうかい!わかってらい!
こんにちは、みゃ長です!
タオマフには、数に限りがありますんで、お早めのご来場願います。
 
柏市で・・・いいえ、おそらく東葛地域で一番賑わうであろう「柏まつり」に、ベガルタ仙台戦の前日である7月29日に行ってまいりました。
002
 
「柏まつり」では、柏駅周辺が祭りの会場となります。歩いていると、いろんな方に遭遇します。
レイソルタイムのアッキーです。
どこで売ってんの?その浴衣。レイ君ガラなのでありました。さすがテレビに出てる人です。写り方が完成されてます。
003
 
警察官募集の顔出し看板。お決まりの頭をだします。
004
 
よさこい、阿波踊りの団体さんが、祭りを盛り上げていました。
005
 
ライブハウスのスタッフの方。顔は怖いがとても気の良い方でした。
006
 
この子は、私が本当にアンパンマンと信じ込んでいます。
「アンコでるよ!」といいますと汗でベトベトの頭を笑顔で触れてきました。そのうち気づくんだろうな。
007
 
サッカーショップの「KAMO」さんにもお邪魔しました。
008
 
楽しかった「柏まつり」。毛髪は一本もないけれど、後ろ髪を引かれるような気分で私は、仙台に向かうのでありました。
柏から車で3時間ちょっとで杜の都、仙台であります。現地の天気は曇りでありました。
009
 
さっそくご当地グルメをご紹介いたしましょう。やはり仙台といえば”牛タン”ではありませんか!
いいえ、私は”カップやきそば”!全国どこいってもです。裏切られたことはありません。
 
仙台との試合は、7月30日、日曜日のナイター。明日は仕事だというのに大勢のレイソルサポーターが集結しておりました。絶対、勝って帰ろう!柏へ!・・・と強く思うのでありました!
010
 
ハモンロペス、滝本の弾幕であります。
011
 
約3週間ぶりの試合であります。ジレル!サマーブレイク(中断期間)なんていらん!
さて試合リポートです。柏のフォーメーションは4-4-2!試合開始からなかなか崩せないまま前半を折り返します。

中村航輔選手の好セーブもありました。
013
 
歓喜の瞬間は、後半23分にやってきた。
輪湖選手のシュートが、相手に当たりコーナーキックを得ます。キッカーはクリスティアーノ!予感的中!ゴールのフォアサイドにいた伊東選手が頭でゴール!これで1-0です。
014
 

015

 

016
 
その後も主導権は常に握っていたように思いました。しかし、敵陣に入ってからの攻撃がうまくいきません。
チャンスはありました。しかし、2点目が遠いのでありました。
・・・で、結果からいいますと1-1の引き分けです。
018

 

019

 

020
 
負けちゃいねえや!・・・勝ってもねえけど。
アディショナルタイムに失点しました。
いらないよ、そんな時間。最初に90分で決めたらそこで終われ!って。そうしたら勝ってたよ。
なんだよ!帰り道が遠く感じました。
 
さて、話は変わるが、何十年ぶりであろうか、我が母校が甲子園にいく。
テレビから流れる校歌。胸が熱くなりました。
球児達の涙。美しいものです。輝いています。
一心不乱に取り組む姿勢。清々しいです。
 
片や、私、みゃ長は、このサポーター稼業、柏レイソルに一心不乱であります。毎日が充実感のみである。レイソルとサポーターともに泣き喜び、ときには怒ったり。
人生の折り返し地点を過ぎた私だが、それを今でも体感できることは、柏レイソルの存在とサポーター活動に感謝なのであります。
そして、最高の幸せと感じなければならない。その為にも、嬉し泣きのフィナーレを諦めないぜ!
さあ来い!神戸!楽天!ドイツ人!
021
 
そうそう、次節では”みゃ長ステッカー”も差し上げます。今回は中山だ!
スタジアムで見かけたら、声をかけて下さい。
022