過去の記事一覧

2016年4月の全ての記事一覧

更新日 2016年4月27日(水曜日)

上を向くしかない!vsナビスコ川崎戦

こんにちは、みゃ長です。
4月16日、熊本県を中心に、九州をマグニチュード7.3の地震が襲った。
被害の状態が、連日テレビ放送され、言葉がでません。もどかしく思うばかりであります。
熊本には、ロアッソ熊本というチームがあって、社長の池谷さん、監督の清川さん、ほかにも柏レイソルに在籍した方が、たくさんいらっしゃったということもあり、私どもも大変心配しております。
皆様が御無事であること、被害がこれ以上大きくならないよう、そして一日も早い復興をお祈りしております。
 
熊本在住のレイソルサポーター福田嘉代様。
現在妊娠8か月。もうじき出産ということで心配しておりましたが、無事という一報を聞き、安心しました。
元気な赤ちゃんを抱いて、必ず日立台にいらっしゃってください。落ち着いたらね。
辛抱し、踏ん張って進んでいれば、必ず好転するのが人生ってなもんだ。頑張れ!
苦しい辛い経験が、のちに「よかったんだな」と思うことは・・・できないかもしれません。
ですが、「無駄ではなかった」と思えることでしょう。
 
4月20日水曜日、ヤマザキナビスコカップ予選第4節、川崎フロンターレ戦です。
横浜マリノス、FC東京、ガンバ大阪と公式戦3連勝し、波に乗った感がでてきた柏レイソル。今日勝って4連勝といきたいものでありました。
平日ということもあり、観客動員数は約6千人。この数字、ちょっと寂しい。もちっと集まろうかい!
20160427-001
 

20160427-002
 

20160427-003
 
ゲート前では、主力選手が熊本地震で被災した方々への募金活動をしていた。
20160427-004
 
もうおなじみ、ヤマザキナビスコ様のチップスターは今日も配られていた。
20160427-005
 
さてキックオフ。
前半39分であった。相手のパスミスにディエゴオリヴェイラ選手が鋭く反応し、冷静にシュート!先制点は柏レイソルだ!本日2本目のシュートで、先制点を奪ったのでありました!省エネ!!すばらしい!
 
後半だよ。
レイソルのねばっこく、しつこいプレスで、フロンターレさんは決定機までたどり着けません。
その後、右サイドから仕掛ける場面が柏レイソルに訪れる。太田選手とディエゴオリヴェイラ選手が、チャンスをつくりだします。あともう少しという場面でしたが・・・・ああ惜しい!
4月に入り、ディエゴオリヴェイラ選手が覚醒した感があります。ポストプレーも良い良い。美しいターンをしながらドリブルで仕掛けてまいります。
1点を追いかける川崎フロンターレは得点が欲しい。中盤を活性化するために中村憲剛選手を交代で入れてきました。
流石に中村憲剛選手、元日本代表のことだけはあり、徐々に川崎フロンターレにペースを持っていかれます。そして、コーナーキックから失点。これで、1-1の同点です。
柏も武富選手を入れ、勝ち越し点を狙います。
なんか、なんか予感したんだよな!武富がやるんじゃねえのかって!・・・と結果を知ってるもんだからなんとでも、言えるのであります。
前線へのフィード、相手選手との競り合い。先にボールに触れられますが、むしり奪うのであります。この武富選手。この気迫!鬼迫!
なんとそのとおりになった。
アディショナルタイム。茨田選手がこぼれ球をひろい、クロス。相手のGKとDFが交錯しクリアミス、ボールがゴール前にこぼれる。そこをすかさず武富選手がアタマで押し込んでゴール!
20160427-006
 
勝利!これで公式戦4連勝だ!嬉しい!
20160427-007
 
皆で勝利のダンス!
20160427-008
 
音頭は、決勝点をあげた武富選手!
20160427-009
 
そして、今日が誕生日の山中選手!
20160427-010
 
情けない話、一度はナビスコを諦めかけていたのだが、これでわからなくなったぜ!
20160427-011
 
この勢いで鹿島にいくぞ!
20160427-012
 
・・・ということで見事鹿島でも勝利を収めたのですが、その話はまた次回。

更新日 2016年4月18日(月曜日)

至福の頭に蛙vsガンバ大阪戦

「あなたの至福の時って?」と、聞かれたらなんと答えるだろう。
「柏レイソルが勝利したとき!」
・・・そりゃそうだわな。
他にも、美味しい食べ物と出会ったとき、ギャンブルで大勝ちしたとき、愛する人とのひと時など・・・まあいろいろとあるものだ。
20160418-001
 
私にとっての最上級の幸せ?それは・・・
「他人様が、仕事をしている姿を横目で見ながらゴロゴロしているとき!」
こんにちは、みゃ長です。
 
4月15日、金曜日の早朝。晴れ、気温20度。
本日は仕事休んで、大阪に行って参りました。ここは、市立吹田サッカースタジアムであります。
20160418-002
 
今年からガンバ大阪が本拠地とする、新スタジアムなのであります。
でかくて、美しいのでありました。4万人収容できるのです。マンホールの蓋までガンバ大阪。こジャレてるのであります。
20160418-003
 
万博記念公園の太陽の塔もコチラを見ておりました。
20160418-004
 
大型ショッピングモールが隣接されているのでありました。
20160418-005
 

20160418-006
 
我々は朝10時の開店と同時に、このショッピングモールにいってきました。様々な分野の店舗がはいっておりました。
他にも水族館や映画館、ポケモンの展示室。羊のショーンのキャラクターショップ。ガンダムの巨大オブジェなどなど、いろんな施設が集まっていました。
20160418-007
 

20160418-008
 

20160418-009
 
まだ建設途中なのですが、日本一高いという観覧車です。迫力があります。
20160418-011
 
とりあえず空腹を満たすため、フードコートへ直行しました。
20160418-012
 

20160418-013
 
フードコートも広いです。私はサケイクラ丼とタコ焼きを食しました。
20160418-014
 

20160418-015
 
そんなショッピングモールでとりわけ私が魅かれたのは、おやっ!昔、懐かしい風の駄菓子屋さんではありませんか。
20160418-016
 
しかし、私が最も着目したのは駄菓子ではなく、今どきの子供は絶対に騙されて買わない、この子供騙しのオモチャにひかれたのでした。
空気で足が動くカエルのオモチャです。なつかしー、まだ製造してたんですね。
20160418-017
 
子供騙しを大人の私が、全力で騙されて買ってしまいました。
いいえ、騙されてはおりません!このオモチャの購入価格である108円分たっぷりと遊びまくりました。
20160418-018
 
その他にも、鉄道のジオラマが展示されたお店がありました。そこで、いい大人が遊んでいます!
20160418-019
 

20160418-020
 

20160418-021
 
そんなことしてしたら、あっという間に開門となり、さて試合開始です。
20160418-022
 

20160418-023
 
金曜日というのにもかかわらず、約14,000人の観衆でありました。
パナソニックがトップスポンサーであるガンバ大阪は、試合前の演出がニクイ。一瞬でスタジアムの照明を落とし、暗くなったスタンド全体で青色のライトアップ。そして、選手紹介が終わるとパッと一瞬で明るくなる。松下さま、やります。
このスタジアムの照明はLED電気なんですって。そんでもって、その電気は、スタジアムの屋根に設置されたソーラーパネルで賄っているらしいです。
20160418-024
 

20160418-025
 
さて、試合リポートです。
ここまで怒涛の勢いで連勝街道を突き進んでいる柏レイソル。ガンバ大阪との対戦であります。
GK中村航輔を鉄壁と言わずして何を鉄壁というのか!レイソル両サイドバック陣の上がったり下がったり、それを一番近くでみる相手選手の三半規管を破壊せよ!さあ今日もいけ!柏レイソル!キックオフ!
開始早々であった!
中山選手が、ペナルティエリアの外から、シュートを放った!流石!凄い!東京オリンピック代表に選出され、金メダルも期待できると巷で噂されている中山選手!そんなウワサはまだない?ならば、ここから噂を発信!
とにかく今日の柏レイソル、攻守の切り替えがはやい!勝つんだという気持ちが、選手から、ヒシヒシと我々に伝わってくる!危ないシーンもありましたが、体を張る!
なんといっても小さな巨人中川選手。華麗なテクニック!よく走る!攻撃のリズムをつくりだす!あなたなら足で帆船の模型を造れるワ!そして気迫、鬼迫がみなぎる!
 
0-0で前半を折り返す。後半には田中順也選手がイン!そして至福の時が、我々にやってきた。

後半の26分であった。武富選手から田中順也にパスを、中央のディエゴオリヴェイラ選手につなぐ!体を反転し、美しく振り抜いた左足!
ゴーーーーーーール!
至福の時!ヨッシャ!
20160418-026
 
ガンバ大阪もパトリック選手と倉田選手の二人をいれてきたが、大丈夫!心配なし!
アディショナルタイム5分。もうじき終わると思わない、あと5分闘える!自信があった。

そして、試合終了です。1-0でガンバ大阪に勝利しました。
20160418-027
 

20160418-028
 
ありがとうございました。
勝ちました!いつの間に頭の上にカエル!108円也!
20160418-029
 

20160418-030
 
勝利のダンスの音頭は、この日ゴールを決めたディエゴオリヴェイラ選手であります!
20160418-031
 
いやあ嬉しい!
アウェーの帰り道ですが、勝ったときと負けたときでは時間と距離が全然違うのであります!
今日の試合で、3月の遅れを取り戻した感がありました。
でも、まだまだ完全ではないと思います。選手と共に戦い、追いついていく!
一人でも多くのサポーターとともに、スタジアムで戦ってみたいのであります。
 
闘い終えてヤサに帰りブログ綴る蛙 。
20160418-032

更新日 2016年4月14日(木曜日)

ネチェンジエブバレvsFC東京戦

4月6日水曜日、ナビスコカップの予選にて3-1で横浜F・マリノスを撃破した柏レイソル。
ようやく春の訪れを感じた。
20160413-001
 

20160413-002
 

20160413-003
 

20160413-004

 

そして、今日は、4月10日の日曜日である。
前回の勢いのままFC東京戦をものにしなければならない。これから先を占う意味でも大きな一戦となるのである。
そんな早朝、日立台公園にある自動販売機の前で缶コーヒーを買っているとき、若者に声をかけられた。
「みゃ長!ムリキ、ベンチにはいりますね」
ムリキとは、FC東京にカタールのアルサッドSCより期限付きで移籍してきたブラジル人選手なのである。何といっても、カタールの前には、中国の広州恒大でもプレーをしており、ACLの際には日本のJチーム勢から10得点しており、我が柏レイソルも、広州恒大との対戦で痛い目にあっていた。「ムリキ」と聞いただけで鳥肌がたってしまう時期もあった。
20160413-005

 

大枚はたいて外人を獲って来る・・・嗚呼、ここも金なのか。義理と人情はどこにいっちまった、嘆きを心にしまい込み、缶コーヒーを買った私は、釣銭口を再度、指で確認した。いつもの癖だなコリャ。
こんにちは、みゃ長です。
やっぱりお金でした。全てじゃないけど、だいぶ・・・世の中はお金です。

 

並びの待機列にて、日立台の桜並木が、見事であります。
20160413-006
 

20160413-007

この日は、同じ敷地内にあるアカデミーのグランドにて、柏U-15の試合があった。その試合を応援する断幕をグランドに貼った。「柏の育成 俺達の宝」である。
トップとおなじくユースの少年達も応援していこうではありませんか。
20160413-008
 

高円宮杯U-18プレミアリーグも、この日から開幕しました。

なんといっても、このプレミアリーグは、高校からクラブチームまで、国内にある全ての18歳以下のサッカーチームを総括した高校年代における国内最高峰リーグになります。その最高峰リーグを、我が柏U-18は戦っているのです。応援していこうではありませんか。

この日の結果は、横浜F・マリノスユースと対戦して1-1の引き分けとなっています。次節は4/17(日)に鹿島アントラーズユースと対戦します。

日程は以下になります。日立柏サッカー場でも試合が行われます。是非、スタジアムに応援にきて下さい。

20160413-009
20160413-010
 
夕方になり開門です。
20160413-019
 
小学生の頃から、先々ゴール裏で頑張ってくれるよう洗脳活動!!をしている。こんなステッカーをつくり配った。 
20160413-012
 
そんな騙された子供達とパチリ。
20160413-013
 
スタジアムに貼られていたポスター。「柏熱通信WEB版」のクオリティーが凄い。一度見てちょうだい。
20160413-014
 

20160413-015
 
その「柏熱通信WEB版」は、こちらのサイトからご覧いただけます。
http://www.hitachidai.net/log/top_log/report/hakunetsu_log/eid453.html
 
こちらは「アウェー促進ポスター」。まるでチーム側で作成したかのような出来栄えです。
皆さん、アウェーにもいきましょう!
20160413-016
 
スタジアムのコンコースを歩いていると、いろんなサポーターから、一緒に写真を撮ってくれと依頼されます。
こちらは、タイからきた青年たちとパチリ。
20160413-017
 
「アリガット、ミャチュー!」
「みゃ長だよ。」
「ミャチュー?」
「み・や・ちょ・うー!」
「ミャチュー!」
何度教えてもおぼえない。
 
そして、キックオフ1時間前。こんな気分になったのは久しぶりであった。
たくさんのサポーターの前でミーティングをおこなう。気合を注入!そしてスタンドへスタンバイ!!
20160413-018
 
その時のミーティングの動画がこちらです。
https://youtu.be/djfn996ry5A
 
さてと試合です。スタジアムは、ほぼ満員御礼。
開始から、柏のウリであるパス回しが良い!華麗であります。中川選手は、まさに曲芸師でありました。
途中、中村航輔選手のファインセーブあり!FC東京、前田選手のシュートを弾き飛ばすのでありました。
また前半27分にも再びピンチ。相手選手が、左サイドからクロス、FC東京の河野選手がシュート。しかしここは、中谷選手が、横っ飛びでブロック!
FC東京は、さらに畳みかけるようにシュートをうつが、決められない!
中谷選手のガッツポーズがでる!
20160413-020
 
「わっ」とまわりから声が聞こえた。「ビビんな!」と怒鳴る私であったが、内心ヤラレたと思った。
もし、びびったランキングがあるとしたら、今のシーンが今年の1位であったろう。なぜなら、ゴールの真裏2mという近距離に私は居たからである。日立台は、臨場感、日本一のスタジアムであります。
前半は、0-0で折り返します。
 
後半に入る。あのムリキが交代で出てきた。しかし柏のディフェンス陣が仕事をさせない!キッチリ抑え込む!ムリキ、無リキ!
後半37分。ディエゴオリヴェイラ選手が、ペナルティーエリア内でファウルをうけた。柏レイソル、PK獲得だ!ここで、ディエゴオリヴェイラ選手は自ら獲得したPKを蹴ることもなく、エデルソン選手と交代する。まさか、交代したエデルソン選手がPKを蹴るのか?エデルソン選手は、先日の鳥栖戦で試合終盤のPKを外している。そのイメージが頭の中に残っている。
でも、「違うよな!」などとは思わない。そんな弱気なことは、これっぽちも思わない。
PKのキッカーは田中順也だった!背番号9!
何故だろうか、ちょっと安心したが、でも、心のどこかに不安がチョギル。大丈夫、大丈夫、絶対、決まるから大丈夫・・・。心の中で自分に暗示をかける。蹴る寸前、目をつぶった。乙女な心の私であった。
3秒後・・・1-0。    
20160413-021
 
やったー!見事、PKが決まった。これで、1-0。試合終盤で柏レイソルが先制である。
その後、ヒヤヒヤする場面も多々あったが、なんとか無失点におさえ、柏レイソル、リーグ戦初勝利である。勝った。でかいホームでの勝ち点3。ナビスコ横浜戦に続き連勝である。
20160413-022
 

20160413-023
 
ゴール裏に挨拶にくる選手たちも笑顔である。皆で勝利のダンスを歌い踊る!
無失点で抑えた中村選手が、音頭をとる。
20160413-024
 
見てよ、試合終了後の安堵の私。
リーグ戦は、ここまで何度も試合終盤に追いつかれ、あと一歩というところで勝ちを逃してきた。本当に一勝するのが大変だと感じた。その安堵の顔である。
20160413-026
 
このままの勢いで大阪へ殴り込みをかける!
皆さん、アウェーにいきましょう!
平日の大阪アウェーになり、なかなか参戦するのが難しいですが、何とか都合をつけて駆け付けよう。諦めずに最後まで行ける努力をしましょう。
とにかく試合内容が面白い。サッカーがよくわからん素人の私でさえわかるほど面白いのであります。
苦しんだ末にもぎとった1勝。次の先を見つめながら!一歩づつ!
闘い終えてスタンドをあとにすると・・・寒っ!4月だというのに、昼間の暖かさが嘘のように夜になると寒い。気づかんくらい熱い試合だった。

更新日 2016年4月7日(木曜日)

桜前線九州急襲vsサガン鳥栖戦

それは、昔、私が、九州は佐賀県の鳥栖までサッカーを見に行った時の話じゃ。
20160406-001
 
前日にスタジアムに到着した私達一行は、寒さのなか寝袋に入り重なるように寝ていたのだ。
この看板の裏でな。
20160406-002
 
朝方、あまりの寒さに寝ていられず、看板前で一人震えながら立っていた私。
すると地元のお婆さんが、早朝散歩の途中だったのであろう。私に声をかけてきた。
「サッカー観に来たんか?え~え~」
語尾に「え~」という癖があるお婆さんでした。
すると次にお婆さんは、「寒いのに大変だねえ~え~え~」と、懐から財布を取りだしたのでありました。
おそらく、近くにあった自動販売機で暖かいものでも飲みなよという事だったと思います。菩薩様のような方であります。
「何人いんの?え~え~」と聞くお婆さん。
ちょうどその時、私とお婆さんの声に起きてしまった仲間が、「50人ちょっとです!」とこたえたのです。
想像を絶する人数の多さに、「風邪ひかんようになえ~え~え~」と呟きながらお婆さんは財布を引っ込め、消えてしまいました。
しばらく、お婆さんの「え~え~」という声が耳に残っておりました。
おしまい。
 
こんにちは、みゃ長です。
心優しい鳥栖の方達であったのでした。
それから時は流れて2016年の4月2日、土曜日。世間は、お花見で賑わっていた。
J1リーグ第5節、所同じく佐賀県鳥栖市にある、ベストアメニティスタジアムに行ってきました。今日、桜咲くといくぞ!
この日の最高気温は22度もあり、とてもとても暖かったのでありました。
20160406-003
 

20160406-004
 
スタジアムの最寄駅でもある鳥栖駅には、歓迎のポスターと旗が、飾られていた。
20160406-005
 

20160406-006
 
ベストアメニティスタジアムは、鳥栖駅に隣接されているのでありました。非常にアクセスが良い。
今年も鳥栖高校、書道部の方が迎え入れてくれました。
20160406-007
 
入場のさい、お米を配っておりました。『さがびより』 
20160406-008
 
ここほど、アウェー人に対してあたたかく迎えるところがあるのでしょうか。
売店には、こんなものも売られておりました。
20160406-009
 

20160406-010
 

20160406-011
 

20160406-012
 
しかしここまでくる途中、博多駅で駅弁を食べたので、売店でお金を落とすことはありませんでした。すいません。 
20160406-013
 

20160406-014
 
さて、試合といきましょう。
是が非でも勝ちたいのであります。両選手が入場してまいります。
そしてポジションに散っていくとき、昨年まで柏レイソルに所属していた、現サガン鳥栖の藤田選手が、一礼する姿をみる。憎いことしやがります。
さてと前半戦、あたりさわりなく、静かに時が過ぎ、小鳥の囀りがきこえています。えーえーえー。これじゃ、お婆さんじゃないか。
後半、柏の猛攻が炸裂する。大津選手がはいります。
その大津選手、果敢に前からプレスを仕掛けてまいります。
流れは、完全に柏レイソル!セカンドボールもすべて柏!すべてです!
輪湖選手、伊東選手の両サイドバックが、攻めあがる場面が多くなってまいります。
得点の予感がしてきました。
エデルソン選手が入ります!更に恐ろしい波状攻撃。
伊東純也が右サイドからクロス!
エデルソンが相手ディフェンスをものともせず飛び込んでいく!
はじかれますが、こぼれ球を大津選手が、華麗に押し込んでゴール!
ゴール!美しい!?
柏レイソル、ゴール!
我々のヴォルテージ最高潮であります!
さあ!いけ柏!攻撃は続きます!そして後半42分!
武富選手が倒されてPKを獲得!突き放せ!祈る!祈る!
がしかし相手キーパーに弾かれてしまう。
20160406-015
 
残念!でもいいか、大津が点とっているし・・・
あれ!?そうだった。柏レイソルは、前半に先制されていました。この時点で同点だった。
この失敗したPKは、逆転する絶好のチャンスだったのだ。それを外してしまったのだ。
でもって結果は・・・ 
20160406-016
 

20160406-017
 

20160406-018
 
そうなんです。
開幕戦で勝利を飾って以降勝ちのないサガン鳥栖。方や一勝もしていない柏レイソル。
どちらも勝利が欲しかったのですが、痛み分けの1-1の引き分けで終わりました。
それにしても負けません!柏レイソル!負けません!勝ってもないけど・・・
えぇーい、次だ!次!
実力があってもだめな時は思うようにはいかない。
だからといって気持ちだけは負けてはいけない。
努力。必ず幸が舞い込んでくる。
 
試合後、博多に一泊した。そこで仲間と焼肉屋で食事。場所は「赤星!」
20160406-019
 

20160406-020
 

20160406-021
 
店長さんは、我々が去年もおじゃましたのを覚えていてくれました。まあ私は、覚えやすい顔なのであります。
「大衆焼肉酒場 赤星」で大騒ぎなのでありました。
店長さんとツーショット。
20160406-022
 
お店のインスタグラムにもあげていただきました。
https://www.instagram.com/p/BDsrSeBkIvI/
 
楽しいひとときを過ごしました。看板前で1ショット。とっても不気味でしょ。
20160406-024
 
ホームの良さと違う楽しさがアウェーにはあるのでありました。ホテルまで博多の街を闊歩。なぜか、懐かしさを感じた。とっても良かった。
仲間と旅の良さを感じた。だから皆さん!アウェーもいきましょう!
20160406-025
 
おまけ
翌日、帰りの福岡空港内で新十両昇進が決まった、宇良関を発見。
記念写真をお願いしました。
20160406-026

更新日 2016年4月5日(火曜日)

気分はショーシャンクvsナビスコ仙台戦

昔、こんな話を本で読んだことがある。
イライラが募っているときは、そのイライラの原因である想いを相手にぶちまけると、溜飲が下がり、一瞬だけ胸がすっとする。
・・・でも、それは逆効果になるときが多い。
胸にしまっておけばよいものを、つい口に出してしまう。しゃーないわな、人間のサガだ。
大事なのは、ぶちまけた相手にとって為なるのか?それとも、だた己の苛立ちを、誰かにぶつけたいだけなのか?その投げかけは、相手や自分にとって得となるのか?・・・そうならないなら黙っていろ。
何故なら、時がくれば苛立ちは通り過ぎていくからだ。
 「みゃ長さんのブログだけ読んでると、レイソルって無敗ですね」といわれる。
だから、ソレよ。
だって、負けたって書かないもん。言いたくないし。
こんにちは、みゃ長です。
 
今年もヤマザキナビスコカップが始まったのである!お菓子の王様はチップスター!
ACLに出場しない柏レイソルは、今年はナビスコ予選から参加するのであった。
まずは予選の一発目!
3月23日水曜日、アウェー福岡の地、レベルファイブスタジアムだ。
20160331-001
 

20160331-002
 
相手は、今年J1に昇格し、かつて柏レイソルでヘッドコーチをされていた井原監督が指揮するアビスパ福岡なのでありました。
しかしなんだろな。下平レイソルに変わった直後の試合相手が、昨年の柏レイソルの監督だった吉田達磨が率いるアルビレックス新潟で、今度は井原正巳が率いるアビスパ福岡。なんか運命的なものを感じる。
ちなみに、私は、仕事の都合で試合には行けてないのでありました。あしからず。
結果は2-2のドロー。
前半2点獲られてのビハインドをもろともせず、後半に追いついた柏レイソル!
チカラはある!大事なのはスタート!試合の入りだ。
そう出だしである!デダシ・・・ダシ。
ダシといえばラーメンである。
柏レイソルのスポンサーでもあるラーメン店『珍来』様で使用している丼に、【柏から世界へ】という文字が底に描かれたのであります。
20160331-003
 
ナビスコカップ予選2節!
3月27日日曜日。晴れ、でもちょっと寒いな。
日立台でのホーム試合であります。桜は、まだでありました。残念・・・。
20160331-004
 
その試合前の様子をレポートします。
キックターゲットに参加したサポーターは、ナビスコのポテトチップをいただけるのである。
ヤマザキナビスコ様、毎回、ありがたいかぎりです。
20160331-005
 

20160331-006
 

20160331-007 
もちっとJリーグさんも、ヤマザキナビスコ様に感謝の意を贈られた方がよいのではないでしょうか。
いやいや余計なことかもしれません。
・・・が、長い間スポンサーとして開催していただいているヤマザキナビスコ様。
開催日が、ほとんど水曜日だし、優勝してもACLに出られるわけでもないし。そもそも、日本代表の試合とかぶっているときが多いので、代表選手は抜けてるし。
まっいいや・・・。
入場ゲートでは、こんなクリアファイルも配られておりました。
20160331-008
 
鎌倉から家族で来ましたという方とエンドレストリップのダンマクの前で。
20160331-009
 
さあ試合と行きますか!下平監督お願いします。応援にも気合が入る!
20160331-010
 
開始早々であります。輪湖選手が、左サイドからクロスをあげエデルソンへ!きた!いける!今日はいける!今のは、惜しかった。
今日のレイソルは、スタートから攻めまくるのでありました。
右サイドの伊東純也選手は、まさに刀をふりかざし斬って走る侍のようであります。鋭く敵陣をえぐっていきます。
20160331-011
 
良い流れであります!もちっと前目のあなたもみてみたい。
守備も良いですよ。若き戦士中山選手。落ち着いております。相手を覆いボールを剥ぎ取ります。
20160331-012
 
そんななか、先制点のチャンス!
・・・しかし、ポストに弾かれます。あと2ミリであった。
誰かが細工したとしか思えません。多分妖精のイタズラであろう。昔、このあたりに結構いたから。えっ!?何がだって!?だから妖精!
でここで前半終了。0-0で折り返しました。
後半になります。ベンチの流経3人組、頼もしい。とにかく描きやすい3人でもありました。とくに新人の湯澤選手。
20160331-013
 
さあて、ベガルタ仙台も選手交代だ。途中出場の水野選手。彼は、この間まで柏レイソルの選手でありました。
その彼に、サイドを突破され、あっあっあ~!
 
そういえば、今年から歌い始めたチーム応援歌がある。バックドロップシンデレラさんの「さらば青春のパンク」が原曲のやつだ。
この前、「だいぶ浸透してまいりました」とヴォーカルの豊島さんにラインした。
そうしましたら「この間、ワンマンライブの際、柏レイソルの旗をふっていたお客がいました」と画像を送ってくれたのでありました。
それが、コチラ。
20160331-014
 

20160331-015
 オオッ!確かにレイソルフラッグ。ブログで使ってくださいとのことでありました。ありがとうございます。
 
さてとどこまで書きましたかな。ああそうでした。結果はこうです。
20160331-016
 
試合終了後、ゴール裏に選手が挨拶にきました。
20160331-017
うなだれるな!負け続けていりゃ、そいつが本当に今の体に頭に浸み込んでくる。
次はこうしてやろうと考えるであろう。こいつが、成長であろう。そして、明日の勝ちにつながっていくんだ。
似たようなことを、あの田中角栄元総理もおっしゃっていた。
俺たちは、スタジアムに次の試合もいく。君たちと共に・・・。