過去の記事一覧

2014年3月の全ての記事一覧

更新日 2014年3月31日(月曜日)

同点・動転・曇天vs大宮アルディージャ

さて、今回は3/29(土)に行われた大宮アルディージャ戦の話だ。
試合結果は、残り10分で2点差を追いつかれての引き分け。
負けちゃいないが、あまり面白くないので、試合後、仲間14人と焼肉屋にいった。
その14人だが、ほとんどが貧乏学生であったため、必然的に社会人が奢ることになる。
席に着くなり、駆け付け2杯のご飯大盛りを頼む。(普通はビールでしょうけど、そうはなりません。)
この店、普通盛で500グラムあります。大盛り2杯で腹いっぱいになる。
「お飲み物は?」の店員の問いかけに力強く「甘やかさないでください!」と一蹴し、水だけで済ます。
リーズナブルに会計をすませた、みゃ長です。
 
この陽気で七分咲き・・・というのは、桜の話。
俺の気分は、また蕾に後戻りって感じかな・・・。
窓から見える曇った空の下、桜の艶やかさが寂しくみえやがる。曇天って気持ちも・・・。
20140329-001

 
大宮戦の話だが、柏レイソルで産湯に浸かり、今じゃ移籍して大宮アルディージャの選手になった長谷川をみて、「逞しくなったな」と心の中で呟いていた。
しかし、それは余裕、いいや油断だった。俺の心に差し込んできた。
恐ろしいことに、その思いは、失点と同時刻であった。
ウソ!エイプリルフール!
こちらの選手交替のタイミング 遅し。
サイドからのクロスを簡単にあげさせちゃいかん。
だから、あれほど言ったのに!(って、誰に?)
終盤、大宮のパワープレイに押し込まれた。パワープレーの対抗には、相手選手の脇の下コチョコチョしかない!
勝利まで、あと10分というところからの動転劇だった。
相手のシュートも4本(うち2本が得点になった)に抑えたほどに一方的な展開だったのに。
試合終了後、トランス状態の俺。
どのスポーツにも間というものがある。「間」ここでは「魔」といっておこう。
どのスポーツでも、だいたい魔が差し込む時間があることは、わかるのだが・・・サッカーはわかりづらいな。
 
今回も朝から開門までの間に、いろんな活動をした。
駅前ビラ活動、バックスタンド黄色化活動、対浦和戦コンコース白ダンマクの作製と設置、開門前待機列での前説などなど。

20140329-002

 

20140329-003

 

20140329-004

 

20140329-005
朝から開門まで暇がないくらい動いていたメンバーを褒めておこう。
 

 

そして、俺は「決して負けてはいない!」と声を大にして言ったが、
(いかん、いかん、この原稿、某ファミレスで口述筆記しているのだが、興奮しすぎて大声になってしまった。周りの客がビックリしながら俺の方をみているよ。)
 
さて、4/6(日)に行われる次のホーム試合、セレッソ大阪戦だが、何やらチケットは完売だそうで。
何が「フォルラン」だ。何が「柿谷」だ。
いいでしょう、いいでしょう。サッカーを見に来るキッカケは、なんでもいいよ。
試合が終わるころには「やっぱ工藤だな!」って言わせるくらい選手と一緒に戦いましょ。

更新日 2014年3月24日(月曜日)

ようやくひとつ vs浦和レッズ

最近、スタジアムで歩いていると「ブログみてるよ」と声をかけらる。
正直、悪い気はしない。
調子こいて、みゃ長ブログを作成しているブレーン(このブログを口述筆記してくれているメンバー)に相談した。
「みゃ長グッズを作ろうと思う。俺の顔した市松人形。その名もオキクちゃん!オキクのキは黄色の黄で、髪の部分が脱着自由でスキンヘッドに変身する。どうだ、イイだろう!」
即答で却下され、凹んだ気持ちで、このブログ書いてます。
みなさん、こんにちは。みゃ長です。
 
3月19日の水曜日。
昨日までの暖かさは、いったいなんだったんだろ。
まだまだ夜風が冷たい、寒い3月の夜となったこの日は、ナビスコカップの初戦。
相手は、昨年のナビスコカップ決勝で対戦した浦和レッズである。

 

20140319-001

 

平日というのに、朝から沢山のサポーターが日立台に集まる。
集まったのはサポーターだけではない。
まだ予選、しかも初戦であるのにかかわらず、例年とマスコミの数が違う。
TVや新聞など、各メディアのマスコミが多数、スタジアム内を闊歩している。
毎年、マスコミのナビスコカップに対する扱いはヒドイものである。
TVのスポーツニュースでも、ゴール映像もなく、結果をテロップで流して終わり・・・なんて扱いである。
いったい何を狙って、こんなにも多くのマスコミが集まってきたのか・・・。

そんなマスコミ集団を遠くでみながら、この日立台で10年前に浦和レッズと戦った日のことが頭をよぎった。
勝敗もさることながら、サポーターの数でも圧倒された。
指定席も約半分を赤くされてしまった。ニガイ記憶である。
(注:当時は、指定席などのホームエリアでも赤い服等の着用が可能でした。)

今、日立台に集う二十歳以下の若いメンバーのほとんどが知らない光景だろう。
そういった若いメンバーたちが、日立台を黄色で染めるべく、開門前から準備を進めている。
俺は、てっきり暖かくなると油断して薄着で来てしまったことを後悔しながら、若いメンバーたちの活動を追った。
 

20140319-002
スタジアムのゲートに、メッセージを書き入れたダンマクを貼るモノ。

 
20140319-003

風で剥がれないように、しっかり設置したいのだが、あまり前かがみになると、落下の可能性もある危険な作業です。

 

20140319-004

コンコースの壁にポスターを貼るモノ。

 

20140319-005

ゴール裏の壁を黄色くすべく、チェック柄の布を準備するモノなど、大勢のメンバーが試合を盛り上げるべく活動しています。

 

戦いの準備は整った。
夕方16:45に開門。開門時にはまばらだった我々のゴール裏も、試合直前にはギュウギュウの状態になった。
対するアウェー側の浦和レッズも満席状態であった。
しかし、そこにはいつもの段幕や旗はない。声と手拍子のみの応援である。
さすがは浦和レッズ。声の音量とサポーターの統率は、他のアウェーチームとは違う。
また、危惧したバックスタンドなどホームエリアでの赤着用などのトラブルもなし。
悪夢のような10年前のホームジャックはない。
 
さあさあ試合開始であります。
今日は試合内容も書くよ~。
開始から、試合の流れは浦和レッズに傾いた。
浦和レッズのMF柏木からFW忠成へつなぎ、MF宇賀神がミドルシュート。
プリーズミスターポストマン。祈りが通じた。
しかし、こぼれ球をMF梅崎が・・・。
"日立台ではポストに当たってからのこぼれ球押し込みは得点になりません!"の地域限定ルールの申請間に合わず。残念。
「ナベ~!梅崎をなんとかせんかい」と叫んだ矢先にPK獲得。同点に追いつく。ここで前半終了。
トコロかわってハングギョンもいいね。
中盤でグインと奪ってカウンター。CKをゲットして、最後はナベのフタ。
勝った。逆転勝ちだ。以上。
(うーむ。自分で読み返してみたけど、何をいってるのか全然分からない。やっぱり、試合内容は雑誌や新聞を見るなりして下さい。)

 

浦和が強敵であることは、間違いないであろう。
今日は水曜日、平日のナビスコカップである。それでも浦和レッズのアウェー側は、満員状態だった。
次、日立台で彼等と戦うは4月26日、リーグ戦の土曜日である。
みんな、仕事・学校の調整を今からしとけよ。

 

なんにしても、久々の公式戦勝利であった。
Jリーグが開幕して、出だしから波に乗れなかったので、これは大きな勝ちであった。
コレをきっかけに、次節の徳島戦へはずみをつけたいのである。
優勝と同時に、なんといっても来年のACL出場権を獲得したいのである。
そして、ハナを垂らしたガキの頃から育った柏を、レイソルとともに世界に知ってもらうんだよ。
「柏から世界へ」再び・・・。

更新日 2014年3月18日(火曜日)

蕾よツボミよ

3月15日の土曜日。J1リーグの第3節、名古屋との決戦5時間前。ふらり日立台の桜並木を散歩する。
冷たい風だが、日差しは、春を感じる。
そのせいか蕾が、ふくらみかけている。
日立台の桜木は、日本で・・・いや、チト大袈裟だな。千葉で・・・というと嘘になるか、柏市で8本の指に入るほどの絶景であります。
もうじき美しい桜が、スタジアムで満開になるであろう。
 そして、歓喜の嵐で散すのか・・・。
「ああ、我がチームの蕾が開くのは、いつなのか・・・。青空を元気よく飛ぶ飛行機さん、教えて」

20140318-001

 

このブログに関して、柏市役所の方から注文されたことがある。
「もうちょっと一般の人にも分かりやすい内容でお願いします」
まあ、確かにそうである。ちょっとコア感が強すぎるよね。
ここは柏市のオフィシャルなんで、今後は草木や花など移り変わる季節感とか、子供達との触れ合いとか、一般受けしそうなキレイなモノを入れていこうと思う。
花心など、まったくナイ俺が、鳥肌立てながら御贈りいたします。
さて、前置きが長くなりましたが、皆さんいかがお過ごしですか、みゃ長です。

 

シーズン間もないホームで、チケット完売できないのは恥ずかしい事だとばかりに、この日も我等サポーターは、自前のチラシを作成し、柏駅前で昼から宣伝活動をする。

20140318-002

エライ!これぞ、熱き情熱と信念。無垢なる貢献活動だ。
どうですか柏市役所さん。キレイなモノ、入れたゾ。

 

「おいコラッ!アンパンマンだぞ!応援しね~子は誰だ~」と子供を欺き、スタジアムのゲート前で待ち伏せる。
 恐怖で動けない子供とパチリ。
おーい、柏市役所さん。無邪気な子供も入れたゾ。

20140318-003

 

その光景を見ていた、警備に来ている警察官に対し「おまわりさん!いつも安全なスタジアムを、ありがとうございます」と感謝の言葉。
その、おまわりさんとパチリ。
おーい、柏市役所さん。国家権力・・・いや、地域社会との触れ合いも入れたゾ。

20140318-004

 

さて試合だが、今日は、何が何でも一致団結で勝利をもぎ取らなければならない。
 柏は、2節を終了して、未だに勝利がないのだ。
スタンド内で、私の隣にいる方達への呼びかけもいつも以上にチカラが入る。

20140318-005

 

試合開始1時間前、GKのスゲとキリがウォームアップでピッチに登場する。
スタンドのボルテージも一気に上がる頃、俺達サポーターの笑顔が消える。戦闘モードだ。
「さあ、ブッ潰してやろかい!」
いけない、いけない。キレイな言葉に変換しとこ。
「さあ、楽しい冒険の旅へ、出発進行ー!」って、そんなこと俺、言ったことないけど、ここは柏市のオフィシャルだからネ。
 
試合は、一進一退の攻防とはこのことか。集中切らして、ミスった方が負ける展開になった。
しかし、名古屋の選手って、ガタイが良い。
闘莉王やケネディやダニルソンなど、ジャンプ力がハンパない。
サイドから蹴った・・・ヘディングで競った・・・入った・・・負けた・・・ガックリ。
試合内容は、テレビ・新聞・専門誌などを見て下さい。
スタジアムからの帰路。敗戦で落ち込む俺に、2日前の雨のニオイとホコリを、北風が俺の鼻に送り込んできた。
 
さあ、3月19日の水曜日は、浦和レッズとのナビスコカップが日立台である。
今、何かと話題になっている浦和レッズだが、10年ぶりの日立台開催(注)ということで、大勢の浦和サポーターがやってくることだろう。
ホームである柏は負けてはいられない。
(注:今まで、ホーム試合の浦和戦は、国立競技場で開催されていました。)
今シーズン初のナイトゲームでもある。
みんな、仕事も学校もサボって・・・じゃなく、(柏市のオフィシャルだから表現を変えて)キチンと終わらせて日立台に集まろかい。

更新日 2014年3月11日(火曜日)

柏にながるる空気なり

「あの~、ブログの内容ですが、コア感が強過ぎるといいますか、もう少し初心者向けといいますか、もっと分かりやすくレイソルの試合は楽しいですよ~という内容でお願いします」と前回のブログを提出した際、柏市広報から指摘が入りました。
結果、前回のブログは後半部分がバッサリと削除になってしまいました。
毎回、半分近く削除覚悟の内容でお贈りしている本ブログですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。みゃ長です。
 
柏の空気は、マッタリとノッペリ、そして優しく感じるのは、俺だけなのであろうか。
ロングアウェーから帰ってきた翌朝は、そいつが強く感じる。
3月9日の日曜日、神戸から柏に帰ってきたのが、真夜中の2時であった。
(注:前日の3月8日に、Jリーグ第2節 神戸戦が神戸で行われました。みゃ長達一行は神戸まで車で往復しました。)
 

20140310-001 

試合は、またしても引き分け。
ここでガッカリしてたら、貧乏神が寄ってくる。
「笑わんかい!まだ勝ってないよと笑わんかい!俺は、笑ってるよ!」
試合終了になったのが、夕方の17時。
片づけなど、なんだかんだでスタジアムを出たのが18時。
そこから車で柏まで、約8時間ほどかけて帰ってきました。
普通の人からしたら「何で車で移動してるの?」と思うことだろう。
答えは簡単「安いから」である。
メンバー数名で車に同乗すれば、安価に移動できるのです。
多くのサポーターが、このような移動方法をとっているのです。

 

・・・で、俺は今、このブログ更新のためにファミレスにいる。
3月9日の日曜の朝9時である。
結局、家にも帰らず、ファミレスで夜を明かしてしまった。
一人ぼっちが嫌いなので、メンバーを一人つき合わせている。
(自分ひとりじゃ、口述筆記もできないしね。)
「眠てえ~、ブログの原稿書きなんて、別に夕方でもイイじゃん」とつき合わされたメンバーが、心の中で私に訴えているのがわかる。
が、それを分からないフリをしている俺もツライのである。
40歳を過ぎてから、何故か眠れない。
寝るのがもったいなく思うのである。

 

ロングアウェーから帰柏した翌朝、眠い目をこすりながら動いている連中が、俺の他にもいるのである。
柏駅からスタジアムに向かう道筋に柏三小通り商店街という商店街がある。
その商店街の通りにレイソルのビックフラッグが飾られているのだが、そいつが汚れているので、新しいフラッグに取り替えるという作業を行っているのだ。
 

20140310-002

 

実にエライ!
その行為を、このブログで紹介して称えるしか、俺にはできない。
たぶん、これを見た8割の方は「きっと、スキンヘッドで髭面のオヤジが強制してやらせているんだ。そうに違いない!」と思われていることでしょう。
でも違います!
柏の街をレイソルに染めようというメンバー有志達が、あくまでも自発的に行っているのであります。


そして、もう1グループも紹介せねばならない。
柏レイソルのオフィシャルポスターを、柏駅・松戸駅の周辺商店街に貼る活動をしている連中である。
柏レイソルとしても、近年、公式にファン・サポーターに対して、ポスター貼り出し活動への協力を呼びかけているが、我々としては、既に10年ほど前から継続して行っている活動なのである。
今では、すっかりお店の方とも顔馴染みになって「待ってたぞ!新しいポスター」といわれるぐらい浸透してきた活動ではあるが、まだまだ新店舗開拓の余地ありそうということで、神戸から帰宅の疲れも何のその、昼から商店街まわりをしているのだ。
まさしく、飛び込み営業の世界です。
20140310-003

 

20140310-004

 

20140310-005

 

しっかし、みんな柏レイソルが好き・・・というか、好きを越えて、まあ惚れてんだろな。
そうそう、3月19日と4月26日の両日だが、その惚れた彼女の家に・・・いいや、柏レイソルのホーム日立台に浦和レッズが来るわけだ。
10年ぶりに迎える日立台での浦和戦。
(注:浦和戦のホーム試合は、毎年、国立競技場で開催されていました。)
恋の横恋慕、いいや浦和にホームジャックされる・・・なんてことにならないように、皆さんも応援に来てください。

更新日 2014年3月4日(火曜日)

Jリーグ開幕

みなさん、こんにちは。みゃ長です。
3月1日、J1開幕の日がやってきた。
我々サポーターで言うところの、お正月である。
一年の計は元旦にありと言うが、私はその言葉を重く捉えております。
今日を笑って過ごせれば、一年間笑い通していける。
だから今日は思いっきり陽気にいきたい。

 

勝利に導くためには「スタジアムでの一体感、選手の後押し」それが大切ではなかろうか。
では、私には一体何ができるのであろう。
しばし考える・・・。そして答えが出た。
そうだ、笑いだ。
笑いでスタジアムを明るい雰囲気にしてやろうではないか。
と思った私は、開幕の4日前に花輪屋にいたのである。
「この人とこの人から贈られたという形で花輪を2本お願いします」と注文していたのであった。
贈り主は、レディー・ガガとメッシである。
釣り上げられた深海魚は陸上に上がると目玉がポンと飛び出すが、花輪屋の店主もまさに同じ形相であった。
このブログを読んでくださっている方々よ、この時点でどのくらいの人々が私に対して「アホ」と思っているのだろうか。
そして、ツイッターなどで「みゃ長、アホだ」とつぶやいていることだろう。
でも私は全く気にしない。なぜなら、私はパソコンやスマホを持っていないからである。
(注:このブログは、みゃ長のスタッフが口述筆記で作成しています。)

 

開幕当時、出来上がった花輪がこちらです。
 20140301-001

で、その花輪をゴール裏に設置しちゃいました。
 20140301-002

 

で、肝心の試合ですが、結果は引き分けでした。
しかしながら、今後に期待できる内容でした。
Wレアンドロと工藤がからんだ前線の崩しは、相手チームにとっては脅威となるでしょう。
最後に3月に行われるホーム試合を紹介します。皆さん、応援に来て下さい。

 

■柏レイソルのホーム試合日程
・3月15日(土)15:00~ 3節 名古屋戦
・3月19日(水)19:00~ ナビスコ 浦和戦
・3月29日(土)15:00~ 5節 大宮戦