過去の記事一覧

2019年12月の全ての記事一覧

更新日 2019年12月27日(金曜日)

全日本小学校バンドフェスティバルで酒井根小が銅賞、全日本マーチングコンテストで市立柏高が銀賞

皆さんこんにちは!
今年も残すところわずかとなりました。
今年最後にお伝えするのは、マーチングの全国大会です!

こちらも報告が遅くなってしまいましたが、令和元年11月23日、24日(土曜日、日曜日)に大阪城ホールで全国大会が行われました!
柏市内からは東関東支部代表として酒井根小と市立柏高の2校が出場しました。
(写真提供:フォトライフ)

まずは、11月23日(土曜日)に行われた「第38回全日本小学生バンドフェスティバル」。
全国から36校の小学校が出場し、多くの団体がマーチングを披露しました。
先に述べたように、東関東支部代表として柏市内からは酒井根小学校が出場。
2年連続の出場となりましたが、今年は銅賞を受賞しました。


第38回全日本小学生バンドフェスティバル
2019年11月23日(土曜日) 大阪城ホール

【銅賞】
東関東支部代表 千葉県 柏市立酒井根小学校
指揮・指導:古島梨紗

演技タイトル:酒井根Ship!
♪マードックからの最後の手紙(樽屋雅徳)

酒井根小1
マードックは海がテーマ。素敵な衣装で素晴らしい演奏・演技を披露しました!

酒井根小2
演奏終了後の記念撮影。達成感にあふれた皆さん素敵な笑顔です♪


続いて翌日におこなれた第32回全日本マーチングコンテスト。
高等学校以上の部には全国から25団体が出場。1万人収容する大阪城ホールはほぼ満席。
熱気あふれる中、どの団体も素晴らしいマーチングを披露しましたが、市内から出場した市立柏高校は銀賞を受賞しました。

第32回全日本マーチングコンテスト 高等学校以上の部
2019年11月24日(日曜日) 大阪城ホール

【銀賞】
東関東支部代表 千葉県 柏市立柏高等学校
指揮:緑川裕・北村俊彦
D.M.:中島菜々(2年)
指導:緑川裕・北村俊彦・粉川心

演技タイトル:THE ICHIKASHI
♪IK FANFARE
♪The Circus Bee
♪It Don't Mean A Thing
♪Nessun Dorma
♪Wedding Dance

市立柏1
出場者の規定は80名以内。(ドラムメジャー、指揮者等を除く)
30メートル×30メートルのフィールド内で素敵なショーを繰り広げました!
音符のマークが見事!市柏名物、シンバル隊も目立っています♪


市立柏2
演奏終了後、全員で記念撮影。後ろには大阪城も見えます!皆さん素敵な笑顔です。


2団体とも素敵な演奏を披露してくれた全日本小学生バンドフェスティバルと全日本マーチングコンテスト。
今年も7月から11月まで市内の多くの学校の活躍が本当に輝いていました!!
なお、先月11月27日に今年1年活躍した市内の吹奏楽部の代表が柏市長を表敬訪問しています。

全国大会で活躍!5校の吹奏楽部が市長を表敬訪問しました

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/020300/p052981.html

表敬訪問

こちらの記事もぜひご覧いただければと思います!

今年1年も様々な場所で市内の学校の活躍を見させていただきました。
市内の小中高校生の頑張りに改めて、大きな拍手を送りたいと思います。

それでは、皆様良いお年を!!来年もよろしくお願いいたします。

更新日 2019年12月25日(水曜日)

日本管楽合奏コンテストで柏第二小&市立柏高が文部科学大臣賞&最優秀グランプリ賞に輝く!

皆さんこんにちは!
気づけば、あっという間に今年も残すところ約1週間となってしまいました。

報告が遅くなってしまっており大変申し訳ないのですが、
今回は、10月下旬と11月上旬に行われた「日本管楽合奏コンテスト全国大会」についてお伝えします!!

日本管楽合奏コンテストは日本音楽教育文化振興会主催のコンテストです。
中学、高校は出場人数に分けられ、全7部門で行われます。

○小学校部門(人数制限なし)
○中学校S部門(3人以上15人以下)
○中学校A部門(15人以上35人以下)
○中学校B部門(36人以上)
○高等学校S部門(3人以上15人以下)
○高等学校A部門(15人以上35人以下)
○高等学校B部門(36人以上)

では、全日本吹奏楽コンクールとの違いはというと…

  1. 任意の自由曲1曲を8分以内で演奏。(小学校、S部門は7分以内)
    (全日本吹奏楽コンクールは課題曲と自由曲を12分以内で演奏。)
  2. 使用する楽器に制限がない。
    (全日本吹奏楽コンクールでは弦楽器・電子楽器等の使用は不可)
  3. 審査はテープ審査で、テープ審査を通過すると全国大会。
    (全日本吹奏楽コンクールは各地で地区大会、県大会、支部大会をホールで開催して審査し上位大会へ進出する)

以上のような違いがありますが、東京の文京シビックホールで行われる全国大会であり、全国各地の非常に多くの団体がコンテスト予選に申し込んでいます。
(コンテスト予選の審査日程はなんと5日間!)

この激戦の予選を勝ち抜き、柏市内からは小中高等学校が特別演奏の酒井根東小を含み、10校が出場しました。
それぞれの部門ごとに結果をお伝えしていきましょう♪
(写真提供:フォトライフ)


《小学校部門》

小学校部門には全国から33団体が出場し、柏市内からは、柏第三小、高田小、柏第五小、柏第二小の4校が出場。
その中で、なんと柏市立柏第二小学校が全国第1位となる「文部科学大臣賞・最優秀グランプリ賞」を受賞しました!!
昨年の酒井根東小に続き、2年連続柏市内の小学校が第1位となる快挙です。
また、柏第三小が最優秀賞、高田小と柏第五小が優秀賞を受賞しました。

2019年11月3日(日曜日)
文京シビックホール 大ホール
第25回日本管楽合奏コンテスト 小学校部門

【文部科学大臣賞・最優秀グランプリ賞・最優秀賞】
千葉県 柏市立柏第二小学校(指揮:妹尾世里子)
♪大いなる大地の約束~チンギス・ハーン 作品72(鈴木英史)
柏第二小
見事な演奏を披露し、全国第1位に輝いた柏第二小の演奏風景。

柏第二小 表彰
文部科学大臣賞の賞状と、最優秀グランプリ賞のトロフィーと賞状が授与された部長・副部長。

柏第二小 表彰式後
表彰式後、先生・部長・副部長での3ショット!おめでとうございます!!

【最優秀賞】
千葉県 柏市立柏第三小学校(指揮:生田敏江)
♪喜びの島(C.ドビュッシー/小野寺真)
柏第三小
小学生ではなかなか演奏する機会の少ないドビュッシーの曲を見事に披露した柏第三小

【優秀賞】
千葉県 柏市立高田小学校(指揮:小川尚子)
♪BU-GA-KU(福田洋介)
高田小
和太鼓も入り、和の要素がふんだんに詰まったBU-GA-KUを披露した高田小

【優秀賞】
千葉県 柏市立柏第五小学校(指揮:森田久美子)
♪スターライト・ウインク(髙橋伸哉)
柏第五小
出場団体の中でも少人数ながら、1人1人がしっかりと吹き堂々とした演奏を披露した柏第五小

【特別表彰・特別演奏】
赤松憲樹賞,ヤマハ賞,ブレーン賞,フォトライフ賞)
千葉県 柏市立酒井根東小学校(指揮:戸塚千穂)
♪ザ・レッド・マシーン(P.グレイアム)
♪この地球のどこかで(若松歓)
酒井根東小
小学生離れした技術とサウンドで、会場が大きな拍手に包まれたザ・レッド・マシーン

酒井根東小2
特別演奏2曲目では見事な合唱を披露。
伴奏のフルート、クラリネット、ソプラノサキソフォンのアンサンブルもとにかく素晴らしかった!

酒井根東小 特別表彰
特別表彰を受ける酒井根東小の代表生徒。トロフィーの大きさがとにかく目立ちます。

《高等学校B部門》

高等学校B部門には全国から31校が出場。柏市内からは唯一、市立柏高校吹奏楽部が出場。視覚的効果も取り入れた素晴らしい演奏で、見事12回目となる最優秀グランプリ賞を受賞。本大会で過去最多の第1位の回数を更新しました!

2019年10月27日(日曜日)
文京シビックホール 大ホール
第25回日本管楽合奏コンテスト 高等学校B部門

【文部科学大臣賞・最優秀グランプリ賞・最優秀賞】
千葉県 柏市立柏高等学校(指揮:緑川裕)
♪吹奏楽のための戯曲~ノスタルジア~(内藤友樹)
市立柏高
ステージ、客席全体を使い、観客をくぎ付けにした演奏演技は圧巻のグランプリ

市立柏高 表彰
文部科学大臣賞と最優秀グランプリ賞の表彰を受ける市立柏高校の代表生徒の素晴らしい笑顔

市立柏高 表彰式後
表彰式後、緑川先生と代表生徒で満面の笑みの記念撮影!

《中学校B部門》
中学校B部門には高等学校B部門と同じく全国から31校が出場し、柏市内からは豊四季中、酒井根中、柏中の3校が出場しました。その中で、豊四季中と酒井根中の2校が最優秀賞を受賞しました。

2019年10月26日(土曜日)
文京シビックホール 大ホール
第25回日本管楽合奏コンテスト 中学校B部門

【最優秀賞】
千葉県 柏市立豊四季中学校(指揮:杉山悦子)
♪リンコドン・ティプス~蒼き海の守り神~(樽屋雅徳)
豊四季中
樽屋雅徳さん作曲の美しくも情緒あふれる曲想を見事に表現した豊四季中

【最優秀賞】
千葉県 柏市立酒井根中学校(指揮:板垣優麻)
♪シンフォニエッタ第3番「響きの森」(福島弘和)
酒井根中
全日本吹奏楽コンクールでも演奏した響きの森を熱演した酒井根中

【優秀賞】
千葉県 柏市立柏中学校(指揮:岡野繁臣)
♪風を織る~吹奏楽のためのセレナード(鈴木英史)
柏中
人気邦人作曲家・鈴木英史氏の作品で美しいメロディーを奏でた柏中

《中学校A部門》

中学校A部門には全国から36校が出場。柏市内からは唯一、大津ケ丘中学校が出場し、優秀賞を受賞しました。

2019年11月2日(土曜日)
文京シビックホール 大ホール
第25回日本管楽合奏コンテスト 中学校A部門

【優秀賞】
千葉県 柏市立大津ケ丘中学校(指揮:永井綾)
♪ノーヴェンバー・ナインティーン(樽屋雅徳)
(写真準備中)


本大会でも多くの柏市内の学校が活躍しました。
夏から続いた今年の座奏のコンクール・コンテストもこれで終わり。
本当に多くの学校が活躍しました。2020年のオリンピックイヤーもさらなる活躍を楽しみにしたいですね!