過去の記事一覧

2013年12月の全ての記事一覧

更新日 2013年12月27日(金曜日)

市立柏高校「第31回チャリティーコンサート」

みなさん、こんにちは!

今日が仕事納めという方も多いのではないでしょうか?

もう今年も終わりですが、この話題を取り上げずに2013年を終えることはできません。

柏市の年末恒例行事、

柏市立柏高校吹奏楽部チャです!

柏市民文化会館にて、12月20日~23日の4日間で計8回公演、約13000人を動員。

間違いなく高校のコンサートとしては国内最大のスケールで開催されました。

私は最終公演に行ってきたのですが、その模様を写真と共に振り返りたいと思います。

(以下、写真提供:フォトライフ)

ハンドベル

1曲目は毎年おなじみのハンドベル。

藤原奈里先生の指揮のもと、コンサートの幕開けにふさわしい素敵な音色が奏でられました。


マーチングメンバー『白組』 

ハンドベルの演奏が終わると同時に緞帳があがり、演奏がスタート。

ステージ上にいたのは、マーチングメンバー『白組』。

北村俊彦先生の指揮で2曲目、「夢燃ゆる、紅き空に」の演奏。

演奏もさることながら、ガード(旗を振っているメンバー)の演技も素晴らしい!

圧巻でした。演奏が終わると、3曲目「ロンドンデリーの歌」。

なんと演奏をしながら、次の曲のメンバーとステージ上が入れ替わっていきます。

日本管楽合奏コンテストメンバー『青組』

ロンドンデリーの歌が終わると同時に、ステージ上は別のメンバーのセッティングが完了。

続いて4曲目は日本管楽合奏コンテストメンバー『青組』の演奏。

曲は、吹奏楽の為の戯曲「朱雀の鼓動」。

文部科学大臣賞を受賞したメンバーたちによる圧巻のパフォーマンスが繰り広げられます。

写真だとわかりませんが、曲の間ほとんどステージ上を動き回り、演奏しながら全身で曲を表現しているのです。

和太鼓も入った迫力ある演奏とパフォーマンスでした。

演奏が終わると同時に、5曲目「卒業写真」の演奏。

また、演奏をしながら、ステージ上があっという間に入れ替わっていきます。

お気づきかもしれませんが、5曲目の終わりまで全く切れ目なく演奏が続いたのです。

ここで、司会の太田井稔先生が登場!ここまでの曲目の紹介が行われました。

全日本吹奏楽コンクールメンバー『赤組』

続いては全日本吹奏楽コンクールメンバー『赤組』による演奏。

石田修一先生の指揮で、

課題曲:復興への序曲「夢の明日に」

自由曲:ファントム・ドゥ・ラムール -幻影-

を2曲続けて演奏。

半年間一生懸命練習してきたこの曲を演奏するのも今回で本当に最後。

石田先生の指揮とそれに応えるメンバーの一体感が素晴らしく鳥肌が立ってしまう演奏でした。

続いてはアルトサキソフォンとバンドのためのバラード「シーガル」。

3年生の男の子のソリストとバンドでしっとりとしたサウンドがホール一杯に響き渡りました。

「花笠音頭」

続いては今年、市立柏高校が山形県演奏旅行で、山形中央高校とジョイントした際に披露した「花笠音頭」。

花笠音頭の歌と共に、客席通路一杯に花笠音頭の笠が舞いました。

花笠音頭を終えたところで、一度緞帳が下りて、続いては昨年から始まった男子部員による「コント」。

タイトルは「ゲーム」。内容は……(笑) 割愛させていただきます。

コントに続いては、フルート・オーボエ・ファゴットによる木管アンサンブル。

きらびやかな素敵なサウンドで2曲を聞かせてくれました。

ポップスステージ

ポップスステージ2

再び緞帳が上がると、マーチング衣装である赤いコスチューム、通称「赤コス」を着て部員たちが登場!

ポップスステージの開幕です!

最初は2020年東京オリンピック開催を祝して、1964年の東京オリンピックの開会式で演奏された

「東京オリンピックファンファーレ」と「東京オリンピックマーチ」の2曲。

もちろん演奏もすごいのですが、さらにビックリは、レーザーで五輪のマークが!さらには聖火ランナーが動いて走っているのです。音だけでなく、目でも楽しめるのが市柏のコンサートの醍醐味です。

「祈り~a prayer」

続いては、「祈り~a prayer

今年、美しすぎる海上自衛隊東京音楽隊の歌姫として注目された三宅由佳莉さんが歌い、話題となった1曲。

市柏ボーカルの2人もそれに負けないくらいの美声でした。

テレビメドレー

続いてはテレビメドレー!

おどるポンポコリン~半沢直樹のテーマ~あまちゃんオープニングテーマ~いつでも夢を~おしんのテーマ

今年話題にとなったドラマの曲も含めて、5曲が演奏されました!

おどるポンポコリンでは歌と共に1年生が体操着で赤白帽子をかぶって客席通路で踊り、いつでも夢をでは1年生が前に並んで合唱、さらにおしんのテーマでは大正琴が加わっての演奏となりました。

そして、いつの間にかに指揮も北村俊彦先生に交代していました!

「New柏おどり」

続いては「New柏おどり」。

今年の柏まつりのために新たに柏市立土中学校教頭の田嶋勉先生によって編曲されました。

(田嶋先生は12月15日発行の広報かしわの表紙も飾っていましたね!)

ここで登場したのは、KM78星雲(Kashiwa Municipal市立柏 1978開校)からやってきた、市柏のマスコットキャラクター、イーグルキャップ君

なんと、柏まつりのダンスをダンス隊と一緒に華麗に軽やかに踊ったのです。

ここまで踊る、ゆるキャラは見たことない(笑)会場は大いに盛り上がりました!

続いて演奏されたのは「サム・スカンク・ファンク」と「ムーヴ・オン」「フライ・ミィ・トゥ・ザ・ムーン」

キレのある素晴らしいダンスとドラムソロが繰り広げられ、また各ソロも素晴らしいものでした。

J-POPメドレー1

J-POPメドレー2

J-POPメドレー3

続いては、J-POPメドレー。

Everything」「チューリップ」「言い訳メイビー」「学園天国」の4曲。

市柏ワールド全開の客席通路から花道を使った演奏、歌は会場全体を最高のボルテージに。

さらに圧巻の演奏は続きます。市柏名物「かっぽれ侫武夛ver.6」。

和太鼓、三味線も登場し、いつものことながら豪華絢爛。いつの間にかにver.6となり、どんどん進化し続けています。

「アイーダ」 

演奏も終盤を迎えてきました。続いては「アイーダ」。

今年はヴェルディ生誕400年。238名全員での演奏と合唱のコラボレーションは大迫力。

アイーダトランペットも登場し、華を添えました。

「クリスマス・キャロル・ファンタジー」

アイーダの圧巻の演奏の後は、「クリスマス・キャロル・ファンタジー」

毎年演奏されていますが、この曲を聴くともうすぐコンサートも終わりだなと思わせる1曲です。

素敵な照明と共に、曲の終盤ではコーラスも入り、曲を盛り上げました。

そして、続いては「柏ロマン」。市柏のためにかかれたオリジナル曲です。

石田修一先生が3年生の名前を1人ずつ呼名します。その呼名にこたえて、3年生が立ち上がり客席に向かって手を振ってくれたりするわけですが、泣いている生徒さんもいるんですよね~。思わず客席ももらい泣きです。

続いて、柏市立柏高等学校吹奏楽部のテーマ。太田井稔先生のアナウンスと共に曲が盛り上がりました。

ここですべてのプログラムが終了!

のはずですが、最終公演では石田修一先生が粋な計らいを。

「今回のチャリティーコンサートで演奏したのは全部で35曲。生徒たちはその2倍以上の曲を練習してきて、今回のチャリティーコンサートの曲目が選ばれました。その選ばれなかった曲の中の1曲にトランペットソロの曲でハイトーン(高い音)が出てきて、非常に難しい「スタートレックのテーマ」という曲があったんです。4日間で8回やってきてバテバテかもしれませんが、どうしてもその曲をトランペットの男の子に吹かさせてあげたいんです。皆さんもう1曲付き合っていただけますか?」

会場は大きな拍手に包まれました。

「先生は客席であなたのソロが聴きたいから、ドラムのリードで演奏してね。」

と言い、石田先生は客席へ。そして、「スタートレックのテーマ」の演奏。

最終公演1回だけではもったいないくらいに素晴らしく、演奏終了後、会場は温かい拍手に包まれました。

市立柏の十八番「テキーラ」

さぁ、いよいよ本当に最後の曲です。この曲を演奏しなければチャリティーコンサート終われません!

市立柏の十八番「テキーラ」!

1年生の客席でのダンスと共に今日一番の盛り上がりを見せました!

そして最後にお見送りの音楽、「オン・ザ・モール」が演奏されてすべての演奏が終了!

2時間ノンストップの演奏会は、市柏の1年の集大成といえる本当に素晴らしい演奏会でした。

そして何より凄いことは毎年毎年進化し続けていることなのです。

約13000人を感動の渦に巻き込んだチャリティーコンサートですが、市立柏高校吹奏楽部としては柏市民文化会館改修工事前最後のコンサートでした。2年後、またこの会場に戻ってきて新たな柏市民文化会館で素晴らしい演奏を繰り広げてくれることを期待しましょう!(来年は森のホール21(松戸市文化会館)で開催予定です。)

今年のブログの更新はこれでおしまいです。

7月に初めてあっという間の半年でしたが、お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

新年は、1月9日(木)再開予定です。

皆様、良いお年を!

更新日 2013年12月25日(水曜日)

柏第三小がアンサンブルコンテストで千葉県代表に!

メリークリスマス!

連日の更新となりますが、12月22日(日)、23日(月・祝)に千葉県文化会館(千葉市)において、『第39回千葉県アンサンブルコンテスト』が行われました。

 

柏市内からは11月17日(日)の東葛飾地区(柏市・松戸市・野田市・流山市・鎌ヶ谷市)予選で地区代表に選ばれた、柏第三小学校(金管8重奏)、大津ヶ丘中学校(金管8重奏)、県立東葛飾高等学校(サキソフォン6重奏)、県立柏南高等学校(木管・弦バス8重奏)、麗澤高等学校(金管8重奏)の5団体が出場しました。

 

アンサンブルとは2人以上が同時に演奏することを指しますが、アンサンブルコンテストでは、「3人~8人の編成で5分以内の1曲を演奏する」形になります。

編成も様々で、同じ楽器同士(例:フルート4重奏)で演奏することもあれば、同族楽器同士(例:金管5重奏)、またはさまざまな楽器(例:管打楽器8重奏)の組み合わせで演奏することもあります。

8人以内の編成ということで、50人で合奏するのと違い、1人1人の役割が非常に大切なのがこのアンサンブルです。

 

今年の県大会には、県内で各予選に参加した約1100団体から選ばれた、小学校8団体、中学校69団体、高校38団体が出場しました。

 

柏市内の5団体の結果は以下の通り。

金賞 柏第三小学校 金管8重奏

銀賞 大津ヶ丘中学校 金管8重奏

銀賞 県立東葛飾高等学校 サキソフォン6重奏

銀賞 県立柏南高等学校 木管・弦バス8重奏

銅賞 麗澤高等学校 金管8重奏

 

さらに金賞に輝いた柏第三小学校金管8重奏が『千葉県代表』に選ばれ、2014年1月25日(土)に君津市民文化ホールで行われる『第19回東関東アンサンブルコンテスト』に出場することとなりました!

おめでとうございます!!東関東大会での活躍も期待しましょう♪

 

柏第三小学校 金管8重奏

柏三小

更新日 2013年12月24日(火曜日)

今年1年の市内小中高等学校の活躍を振り返る!

皆さんこんにちは!

早いもので今年も残り2週間を切りました。

ということで、今年1年の市内小中高等学校の活躍を振り返ってみたいと思います♪


【7月~8月】

★第55回千葉県吹奏楽コンクール(千葉県文化会館 他)

市内の小中高等学校35団体が金賞を受賞!

千葉県代表に柏市から小学校11団体、中学校1団体、高校2団体が選ばれる!

もちろん県内で柏市が最多であり、小学校は千葉県代表14団体中11団体を占める快挙!


柏中(中学校A部門)
柏中


市立柏高(高等学校A部門)
市立柏高


県立柏高(高等学校B部門)
県立柏高


【8月】

★第12回千葉県小学校バンドフェスティバル(幕張メッセ)

酒井根小が出場。「金賞」を受賞し、初の千葉県代表に選ばれました!

酒井根小


【9月】

★第19回東関東吹奏楽コンクール

横須賀芸術劇場で行われた高等学校A部門では市立柏高「金賞」を受賞し、「東関東支部代表」として全国大会出場を決定!

市立柏高

宇都宮市文化会館で行われた小学校部門には11校が出場し、酒井根西小光ヶ丘小酒井根東小西原小柏第二小の5校が「金賞」を受賞!

さらに東関東支部代表2団体に酒井根西小と柏第二小が選ばれ、柏市の2校が東関東支部代表を独占する快挙!


酒井根西小
酒井根西小


光ヶ丘小
光ケ丘小


酒井根東小
酒井根東小


西原小
西原小


柏第二小
柏第二小


【10月】

★第19回東関東小学校バンドフェスティバル

酒井根小が初出場。初出場ながら、「金賞」を受賞し、東関東支部代表として初の全国大会への切符を手にしました!

酒井根小

★第13回東日本学校吹奏楽大会
(富山市芸術文化センター・オーバードホール)

柏第二小酒井根西小が東関東支部代表として出場!

柏第二小は初出場で「金賞」、酒井根西小は3年連続3回目の「金賞」を受賞し、東日本(19都道県)の小学校の最高峰に輝きました!


柏第二小
柏第二小


酒井根西小(来年は3年連続出場規定により名誉のお休み)

酒井根西小

★第61回全日本吹奏楽コンクール
(名古屋国際会議場・センチュリーホール)

市立柏高24回目の全国大会出場3年ぶり13回目の「金賞」を受賞しました!

高校の部で朝1番の出演での金賞受賞は10年ぶりの快挙でした。
市立柏高
市立柏高


【11月】

2013(19)日本管楽合奏コンテスト(文京シビックホール)

市内からは小学校が6団体、中学校が2団体、高校が1団体出場。

市立柏高と酒井根中「文部科学大臣賞・最優秀グランプリ賞」に輝きました!


市立柏高
市立柏高


酒井根中
酒井根中


第15回全日本高等学校吹奏楽大会 in横浜
(横浜みなとみらいホール)

市立柏高が出場し、「総合グランプリ・連盟会長賞」に輝きました!

なんと15回の大会中、12回目の総合グランプリです。


★第32回全日本小学校バンドフェスティバル
(大阪城ホール)

1万人を収容する大阪城ホールで行われたこの大会に、酒井根小が初出場!

見事、「銅賞」を受賞しました。


このブログを始めて以来、毎週のように市内の学校の活躍の話題が絶えない1年でした。

全国各地のホールで輝かしい演奏を披露してきた市内の小中高等学校。

全国的に見てもここまで吹奏楽活動が盛んな市区町村はなかなかありません。

さすが、全国に誇る『吹奏楽の街“かしわ”』です。

来年もきっとさらなる素晴らしい活躍をしてくれることを皆さんで期待しましょう!

更新日 2013年12月5日(木曜日)

10日はベルリンフィルメンバーによる極上の演奏をアミュゼ柏で!

突然ですが皆さん、ベルリンフィルってご存知ですか?

 

ドイツのベルリンに本拠地を置く『ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団』はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と並んで、世界3大オーケストラの一つです。

日本を代表する指揮者、小澤征爾さんも過去何度も指揮をされています。

 

そのベルリンフィルのメンバーがなんと柏にやってくるのです!


  

ベルリン・フィルのメンバーによる公式室内楽グループ!

『アンサンブル・ベルリン2013』

 

〈会場〉アミュゼ柏 クリスタルホール

 

〈日時〉12月10日(火)19:00開演(18:30開場)

 

〈チケット〉

 ★全席指定

 *一般…前売4500円,当日4800円

 *高校生以下…前売り2500円,当日3000円

  (未就学児入場不可)

 

〈演奏曲目〉

 ♪モーツァルト:歌劇「コジ・ファントゥッテ」序曲 KV.588

 ♪ブルッフ:ロマンス ヘ長調 op.85

 ♪チャイコフスキー:ノクターン 嬰ハ短調 op19-4

 ♪ロッシーニ:歌劇「セミラーミデ」序曲

 ♪ヴォークト:ロッシーニの歌劇『セミラーミデ』の主題によるオーボエとファゴットの二重奏曲

 ♪ロッシーニ:弦楽のためのソナタ 第3番 ハ長調

 ♪パスクッリ:「ナポリの思い出」 他


アンサンブル・ベルリン2013のポスター 

ベルリンフィルのメンバーの演奏を柏で聴けるなんて、こんな貴重な機会を逃すわけには皆さんいきませんよ!

世界最高峰のオーケストラのメンバーによる極上のアンサンブルを聴きにぜひ、アミュゼ柏へ!

チケット購入方法など詳しくはアミュゼ柏クリスタルのホームページをご覧ください。

http://amuserkashiwa.jp/

 

なお、アミュゼ柏では「ヒカリデッキかしわ2013」のプレイベントとして、【プロジェクション・マッピングinアミュゼ柏】を15日まで開催中♪

17時~19時で行われていますので、演奏会の前にこちらもお楽しみください!