過去の記事一覧

2013年10月の全ての記事一覧

更新日 2013年10月31日(木曜日)

【速報】市立柏高校、全日本吹奏楽コンクールで金賞受賞!

今週もまた、素晴らしいご報告です!

 

「第61回全日本吹奏楽コンクール 高校の部」(主催:全日本吹奏楽連盟・朝日新聞社)が10月27日(日)に名古屋国際会議場 センチュリーホール(愛知県)で行われ、東関東支部代表で出場した柏市立柏高等学校吹奏楽部が『金賞』を受賞しました!

 

今回は全国大会当日の様子を裏側も含めて振り返ります。

長文ですよ~!!(笑)

 

10月28日、午前2時。本番まであと7時間。

まだ真夜中ですが、なんと市立柏高校の生徒の皆さんはこの時間に起床!

今回の出演順はなんと1番で午前9時の演奏。午前7時までに会場に入らなければなりません。

もちろん27日は早目に就寝しており、しっかりと睡眠時間を取った上での起床です。

身支度を済ませて、午前2時45分にホテルを出発。練習会場に移動します。

 

午前3時15分。本番まであと5時間45分。

まずは楽器搬入。なんと練習会場は9階!

1

赤組(=コンクールメンバー)の皆さんはもちろん、赤組補助の皆さんが一生懸命階段を上って楽器搬入です。

全ての楽器を運んで、準備をして練習開始です。

実は1週間前から朝型に練習をシフトさせていた市立柏高校の皆さん。

朝、普通であれば、起きたばかりは音が鳴らないなど不利な面が多々あります。

そのため朝の練習ではしっかりと基礎をして、合奏に備えました。

約2時間しっかりと練習をしました。

 

午前6時30分。本番まであと2時間30分。

バスに乗って練習会場を後にし、会場である名古屋国際会議場センチュリーホールへ移動します。

 

午前6時50分。本番まであと2時間10分。

名古屋国際会議場に到着。

名古屋国際会議場名物、大きな騎士像がお出迎えです。

1

7時から楽器搬入開始です。

舞台裏の搬入口から楽器を搬入します。

楽器置場となるイベントホールに楽器をすぐに移動し、音出しを開始します。

 

午前7時50分。本番まであと1時間10分。

ステージリハーサルです。

1

 

1

朝1番・2番の団体は不利となるため、本番のステージ上で15分間(2番の団体は10分間)、リハーサルができるという2団体のみに与えられる特権です。

3000人を収容するセンチュリーホール、誰もいない客席で本番通り演奏(リハーサル)を行います。

1

 

1

15分はあっという間に終了しました。

 

午前8時15分。本番まであと45分。

リハーサル室で27分間の最後の調整。

緊張感が少しずつ高まります。

 

午前8時50分。本番まであと10分。

ステージ袖に移動し待機。同時に開会式開始のベルがなります。

朝1番にもかかわらず客席はほぼ埋まっています。先ほどのリハーサルが嘘みたいな光景です。

主催者のあいさつに続いて、審査員紹介が開始されます。

審査員紹介を終えたところで、袖からついにステージへ。

同時に注意事項のアナウンスが続きますが、皆さんは椅子などの並びを微調整して着席。

 

午前9時。照明が明るくなり、いよいよアナウンス。

「プログラム1番 東関東代表 柏市立柏高等学校吹奏楽部

課題曲3に続きまして

天野正道作曲 ファントム・ドゥ・ラムール -幻影-

指揮は石田修一です。」

石田先生の礼と同時に会場が大きな拍手に包まれます。石田先生はゆっくりと会場を見ていました。

石田先生が指揮台に立ち、会場中が張りつめた空気の中、演奏がスタート!

いつもの市柏ワールドが繰り広げられます。

1

☆本番の演奏は朝日新聞社のホームページにて課題曲冒頭1分、自由曲冒頭2分が見られます。

 (見るには会員登録が必要です。)

 URL http://www.asahi.com/edu/suisogaku/brass/movie/2013/highschool.html

 

あっという間の11分30秒。自由曲の最後の音と同時に割れんばかりの拍手とブラボーの声。

本当に本当に感動的で素晴らしい演奏でした。

 

演奏終了後は写真撮影。

みんな、とっても素敵な笑顔であふれています。

1

 

1

 

前半の部は全国各地の代表、全15団体が演奏を繰り広げました。

どこの学校も支部を代表して出場するだけあって、素晴らしい演奏ばかりです。

 

ここで簡単に全国大会の審査方法をご紹介。

全国大会には9人の審査員がいます。プロの演奏家、指揮者の皆さんです。

各審査員が課題曲・自由曲を聴いて、総合評価で「A,B,C」のいずれかをつけます。

各審査員の持ち点は、A:5団体、B:5団体、C:5団体と決まっています。

審査員9名のうち、5名以上がAをつければ金賞。逆に5名以上がCをつければ銅賞。それ以外が銀賞です。

持ち点が決まった中、各支部を代表する演奏が繰り広げられるわけですから、審査も本当に大変だと思います。

 

13時20分。15団体の演奏を終え、いよいよ表彰式。

まずは指揮者賞の贈呈。全国大会に出場したすべての先生に指揮者賞が贈られました。

石田先生の贈呈時に生徒の皆さんから暖かい感謝の言葉がなげかけられ、石田先生は笑顔で生徒に手を振っていたのが印象的でした。

そしていよいよ結果発表!みんな祈っています。

『1番 東関東代表 柏市立柏高等学校

1

ゴールド金賞

1 

 

1

発表と同時に生徒の皆さんのとっても大きな歓声!!

 

「表彰状 金賞 高校の部 柏市立柏高等学校殿

あなたがたは第61回全日本吹奏楽コンクールに東関東支部代表として出場し頭書の優れた成績をおさめられました

ここにその栄誉を称えて表彰します

平成25年10月27日

一般社団法人全日本吹奏楽連盟

朝日新聞社」

 

1

歓声の後、表彰状が読まれているときにはステージを見ながら、嬉しさのあまり号泣している生徒の皆さん。

その姿を見ていたら、一緒にもらい泣きしてしまいました(笑)

表彰状が渡されると同時に会場いっぱいに大きな拍手。

1

ステージ上の部長・副部長も満面の笑みで堂々としていました!

以上のように市立柏高校吹奏楽部は全国大会24回目の出場で3年ぶり13回目の金賞を受賞しました。

1

 

1

表彰式直後のステージにて。

石田先生と部長・副部長は笑顔と共にどこかほっとした表情を浮かべていますよね。


表彰式の後は、全員で金賞記念撮影!

 

本当に良い笑顔です♪見ているこっちまで嬉しくなってきてしまいます。

1

 

1

 

1

写真撮影直後に石田先生から審査用紙の結果が発表されます…

↓伝えられる直前のみんな緊張した表情

1

↓伝えられると皆さん満面の笑みとガッツポーズ!!

1

↓石田先生も生徒たちの喜ぶ様子を見て、満面の笑みでこの表情です♪

1

↓最後に部長さん・副部長さんに2ショットを撮らせてもらいました♪

1

239人の大所帯をまとめてきた素晴らしい2人です♪

 

全日本吹奏楽コンクールに出場したのは29団体でしたが、8団体が金賞受賞しました!

♪東関東支部代表 千葉県 柏市立柏高等学校

♪北海道支部代表 北海道 東海大学付属第四高等学校

♪西関東支部代表 埼玉県 埼玉県立伊奈学園総合高等学校

♪東関東支部代表 千葉県 千葉県立幕張総合高等学校

♪東関東支部代表 千葉県 習志野市立習志野高等学校

♪西関東支部代表 埼玉県 埼玉栄高等学校

♪九州支部代表  福岡県 精華女子高等学校

♪関西支部代表  大阪府 大阪府立淀川工科高等学校

 

皆様、お気づきですが?東関東支部代表=千葉県代表3団体がなんとすべて金賞の快挙を成し遂げたのです。金賞8団体のうち、3団体が千葉県。「吹奏楽王国・千葉」の象徴です。

ちなみに10月28日の朝日新聞(東京版)の全国紙面の吹奏楽コンクール特集の記事では市立柏高校がどーんと大きく取り上げられていました。さらに千葉県版では千葉県3団体の快挙も!

朝日新聞Web記事

全国紙面「吹奏楽コン高校の部、8校が金賞に」

※動画あり。市立柏高校が金賞と発表された瞬間の生徒の様子も。

http://www.asahi.com/edu/suisogaku/articles/TKY201310270159.html

千葉県版「千葉県勢3校、堂々の金 全日本吹奏楽コン高校の部」

http://www.asahi.com/edu/suisogaku/articles/TKY201310270211.html

特別号外「市立柏・淀川工科など金賞」

※市立柏高校の大きな演奏写真あり。

http://www.asahi.com/extra/articles/TKY201310270223.html

 

なお、市立柏高校は朝1番で金賞を受賞しましたが、全国大会で朝1番の金賞受賞は2003年以来、10年ぶりの快挙だったのです!

朝1番は絶対的に不利といわれる中、金賞を受賞した皆さん、本当におめでとうございます!!

 

 

全国大会の演奏が聴いてみたい、見てみたいという方。

全国大会当日の即売CD-Rはキングレコード社のオンラインショップで発売中。

http://www.kingrecords.co.jp/ajband/

また金賞受賞団体すべての演奏(自由曲)はブルーレイになり、ブレーン株式会社から12月20日に発売されます。

http://www.brain-shop.net/shop/contents1/ajbc2013lineup.aspx/

詳しくは各社のサイトをご覧になってください。

 

私も名古屋に行って本当に良かった思える1日でした。

市立柏高校吹奏楽部の皆さん、感動をありがとう!!!

 

(執筆内容協力:柏市立柏高等学校吹奏楽部顧問 堀江 彩夏 先生)

(写真提供:フォトライフ/無断転載・二次利用厳禁)

更新日 2013年10月25日(金曜日)

旭小と松葉第二小が全国大会出場へ&いよいよ週末は市立柏高が全国大会!

柏市内の小学校の活躍が止まりません。

「日本学校合奏コンクール 千葉県大会」が1013()に千葉県文化会館で行われました。

(主催:日本学校合奏コンクール委員会)

昨年から始まったばかりの新しいコンクールです。

この大会の面白いところはオーケストラも吹奏楽も一緒に審査されること。

市内からは松葉第一小、旭小、松葉第二小の3校が吹奏楽で出場しました。

 

審査の結果、市内から2校が全国大会へ!

旭小学校 ♪「斑鳩の空」より

松葉第二小学校 ♪火の伝説

 

グランドコンテスト全国大会は1110()に千葉県文化会館で行われます。

全国大会でも素晴らしい演奏を期待したいですね。

 

 

さあ、いよいよ明後日27日は「第61回全日本吹奏楽コンクール 高校の部」。

東関東支部代表として、柏市立柏高等学校が出場します。

今日の早朝、会場である名古屋に向けて出発したとのこと。

素晴らしい演奏を市民の皆様で祈りましょう♪

ちなみに朝日新聞社のホームページの全国大会特集サイトでは動画も掲載されています。

「第61回全日本吹奏楽コンクール 高校の部特集」

http://www.asahi.com/edu/suisogaku/brass/record/2013/highschool.html

また、朝日新聞社のホームページで当日の演奏の一部(課題曲1分、自由曲2分)が演奏終了後順次、動画で配信されます。ご興味のある方はこちらもご覧いただければと思います。

私も今から、中学の部・高校の部を聴きに名古屋へ。

結果は来週、速報でお知らせします!

更新日 2013年10月17日(木曜日)

【速報】柏第二小と酒井根西小が東日本大会の頂点に!

皆さん、こんにちは!今回も素晴らしいご報告です!

前にもお知らせしましたが、10月13日(日)に富山市芸術文化センター オーバードホール(富山県)にて「第13回東日本学校吹奏楽大会」が行われました!

 

柏第二小と酒井根西小が東関東支部(千葉県・茨城県・神奈川県・栃木県の4県)を代表して出場。

北海道支部、東北支部、東関東支部、西関東支部、東京支部、北陸支部の計6支部から2団体ずつ、合計12校が出場し、演奏を披露しました。

 

柏第二小は5番目に登場!今回が東日本大会初出場です。

演奏曲目は高橋伸哉作曲「写楽」

(指揮:青木恭子先生)

柏第二小

曲名からも連想できるかと思いますが、江戸寛政期の謎の絵師・東洲斎写楽に曲想を求め、写楽の浮世絵の世界とその舞台となった歌舞伎の世界を吹奏楽の世界で表現した曲です。

元々は2003年に大津シンフォニックバンド(滋賀県)のコンクール委嘱作品として作曲されたため、大学・職場一般バンド向けの非常に難しい曲です。

この大曲を演奏した柏二小。2200人を収容するオーバードホールに柏二小サウンドが響き渡りました。

演奏終了と同時に非常に大きな拍手!素晴らしい演奏でした。

柏第二小集合写真
演奏が終わった後の写真撮影は皆さん、本当に良い笑顔をしています♪

やり切った表情です。

 

酒井根西小は12番目の大トリで登場!

演奏曲目はP.ウィルビー作曲、M.S.マクブライド編曲「パガニーニ・ヴァリエーション」

(指揮:戸塚千穂先生)

酒井根西小

パガニーニはイタリアの1700年~1800年を代表するヴァイオリン奏者の1人であるとともに、作曲家としても多くのヴァイオリン曲を残した有名な作曲家です。

このパガニーニ・ヴァリエーションは超大曲として知られており、高校生だけでなく職場一般のバンドでさえ演奏することが難しい。その曲を小学生が演奏してしまうということ自体が信じ難いのですが、実際に演奏してしまっているのが酒井根西小の皆さんです(笑)

東日本大会3年連続の出場で流石の堂々とした演奏。風格さえ漂う小学生離れした圧倒的なサウンドをホール一杯に響かせました。もちろん演奏終了と同時に大きな拍手!小学校部門を締めくくりました。

酒井根西小集合写真

柏二小の皆さんと同じく、演奏終了後は本当に素敵な笑顔があふれています。

 

全団体の演奏が終わり表彰式。

出演順に結果が発表されます。

 

5番 柏市立柏第二小学校 『金賞』

柏第二小表彰式

 

12番 柏市立酒井根西小学校 『金賞』

酒井根西小表彰式

 

なんと、2校とも最高賞である金賞を受賞!

2校揃って東日本(19道府県)の頂点に立つ快挙を成し遂げました!!

 

表彰式終了後、部長と顧問の先生でトロフィー・賞状を持って写真撮影!

柏第二小表彰式後 酒井根西小表彰式後

※左から柏第二小、酒井根西小

 

なお、酒井根西小は平成23年~25年まで3年連続で東日本学校吹奏楽大会に出場したため、3年連続出場特別表彰がありました。東日本学校吹奏楽大会3年連続出場規定により、平成26年の吹奏楽コンクールは名誉の休場となります。ちょっぴり残念ですが、3年連続金賞受賞の偉業、本当におめでとうございます!

 

(全ての写真提供:フォトライフ)

更新日 2013年10月10日(木曜日)

日本管楽合奏コンテスト全国大会に市内から9団体出場決定!

皆さん、こんにちは!

酒井根小学校が全日本小学校フェスティバルに出場することが決まったことを今週の記事でお伝えしましたが、吹奏楽連盟が主催するコンクール以外にも何個か吹奏楽の大きな大会(コンクール)があります。

今週ご紹介するのは、『日本管楽合奏コンテスト』

こちらの大会は日本音楽教育文化振興会が主催し、特徴は予選がテープ審査で行われ、審査の結果上位の団体が全国大会に出場できるということです。

この大会のテープ審査予選が9月の終わりに行われ、先日、全国大会出場校が発表されました!

柏市内の全国大会出場校をご紹介します!

 

《小学校部門》

柏市立柏第一小学校

柏第一小学校


柏市立柏第三小学校

柏第三小学校


柏市立柏第八小学校

柏第八小学校


柏市立酒井根東小学校

酒井根東小学校


柏市立酒井根西小学校

酒井根西小学校


柏市立光ヶ丘小学校

光ケ丘小学校


《高等学校A部門》

柏市立柏高等学校

市立柏高等学校

※写真は東関東吹奏楽コンクールのもので、本コンテストは全くメンバーが違います。


《中学校B部門》

柏市立西原中学校

※ごめんなさい!写真がありませんm(_ _)m


柏市立酒井根中学校

酒井根中学校

※A部門は35人以内、B部門は36人以上の部門になります。

 

柏市内からは9団体が出場することとなりました!

同一市区町村から9団体は柏市が最多です♪

特に小学校部門においては出場35団体中7団体、20%が柏市内の小学校となっています。

 

全国大会は

11月2日(土) 高等学校A部門

11月4日(月・祝) 小学校部門

11月10日(日) 中学校B部門

がそれぞれ、文京シビックホール(東京都文京区)で行われます。

(チケットもチケットぴあにて発売中。)

さまざまな大会での柏市内の学校の活躍に期待しましょう!

なお、今大会の詳細な情報(各校の演奏時間地等)は日本音楽教育文化振興会のホームページ(http://www.jmecps.or.jp)でご確認ください。

更新日 2013年10月7日(月曜日)

【速報!】酒井根小学校が全国大会へ!

 

昨日、10月6日(日)に小田原アリーナで行われた「第12回東関東小学校バンドフェスティバル」に酒井根小学校が千葉県代表として柏市内から唯一参加しました。(小学校バンドフェスティバルはマーチングを主とした大会)

 

酒井根小学校は5番目の演奏。

逆井小学校

(写真提供:フォトライフ)

千葉県大会よりも演奏・演技に磨きがかかり、見事なフォーメーションが決まっています。

演奏演技終了と同時に大きな拍手が会場から起こりました。

 

その後、行われた表彰式。

出演順に結果が発表されます。

5番 柏市立酒井根小学校 『金賞ゴールド』

見事に金賞を受賞!

続いて、東関東支部代表の発表が行われます。

(学校名が呼ばれます。)

 

『水戸市立石川小学校』

『柏市立酒井根小学校』

『常総市立水海道小学校』

 

見事、11月23日(土・祝)に大阪城ホール(大阪府)で行われる『第32回全日本小学校バンドフェスティバル』に東関東支部代表として出場することが決定しました。

柏市内からの全日本小学校バンドフェスティバルへの出場は2003年の土南部小学校以来、10年ぶりの快挙です!!

市内の小学校の活躍が続きます。

『吹奏楽の街“かしわ”』をさらに発展させるため、各校の活動が今以上に精力的になっていけるといいですね♪

皆さんで全国大会の酒井根小学校の素晴らしい演奏演技を期待しましょう!