過去の記事一覧

2016年8月の全ての記事一覧

更新日 2016年8月30日(火曜日)

地元野菜が食べられるお店をご紹介します・東口編②

みなさん、こんにちは!

今回は、柏野菜が食べられるお店情報の第2弾です!

前回は、柏駅東口編①として、柏市役所から近いお店をご紹介しました。今回は、個性的な飲食店が多くある、銀座通りのお店をご紹介します。


~昼の部~

①【outdoor grill&cafe STOVE】

1

2

3

店名の通り、店内には薪ストーブが設置されています。

鉄鍋料理のお店ということで、グリルが人気のお店です。ランチタイムは特製の黒黒ハンバーグ定食をはじめ、ボリュームたっぷりの定食が人気です。旬の野菜や果物を丸ごと絞ったコールドプレスジュースは、女性に大人気。野菜不足の方はぜひ!

 

②【トラットリア キッコ】

4

5

6

こちらは、北イタリアピエモンテの郷土料理が味わえる本格イタリアンレストランです。日本人にはお馴染みのイタリアンですが、魚介とオリーブオイルが中心の南イタリアに対して、北イタリアはジビエや乳製品を使った料理が多く見られます。

キッコさんでは、ジビエなど、日本人には馴染みの薄い食材も地元柏の食材も取り入れつつ、食べやすく工夫されたお料理を味わうことができるので、初めての方でも安心です。

また、ピエモンテはワインの産地としても有名で、キッコさんでも豊富なワインを楽しむことが出来るので、ぜひお料理とあわせてワインも召し上がって頂きたいと思います。ランチだけではなく、夜もおすすめです!

こちらはなんと、STOVEさんが入るビルの1階にありますので、ぜひ足を運んでみてください。

 

~夜の部~

③【やまん】

7

8

9

お魚料理には定評のあるやまんさん。珍しいお魚を味わうことができます。もちろん、旬の地元野菜も味わえます!

夜の部ということで、お酒の種類も豊富です。

日本酒や焼酎は、人気の銘柄だけではなく、全国の小さい蔵のものも豊富で、お酒が好きな方には特にオススメです。

 

④【たつみ】

10

11

12

フレンチベースの本格的なお料理とワインが楽しめるお店です。

旬の野菜の取り入れ方も見事で、西洋野菜だけではなくどんな野菜も美味しく、洗練されたお料理として提供されているのはさすがです!

カウンター席がメインのお店ですので、お酒やお料理について、シェフにお話を伺うのも楽しみです。

 

今回は、個性的なお店が多い銀座通りのお店をご紹介しました。

柏野菜を食べられるお店、他にもたくさんありますので、第3弾をお楽しみに!

 

~今回ご紹介したお店~

①outdoor grill&cafe STOVEさん

 千葉県柏市柏3-3-18AK BLD.7 2F

 04-7192-8518

②トラットリア キッコさん

 千葉県柏市柏3-3-18 AK BLD.7 1F

 04-7197-3090

③やまんさん

 千葉県柏市東上町2-3

 04-7163-6602

④たつみさん

 千葉県柏市東上町3-3

 04-7162-5528

更新日 2016年8月23日(火曜日)

千葉テレビ 熱血BO-SO TVに出演しました!

みなさん、こんにちは。
今回は、毎週土曜日の夕方に放送中の千葉テレビ『熱血BO-SO TV』に出演してきましたので、そちらの話題をご紹介します!

この番組は、千葉の元気を世界に届ける広告会社の社員に扮するタレントのみなさんが、県内の耳より情報をレポートして紹介する番組です。
出演者には、森田千葉県知事をはじめ、タレントさんや芸人さんなど多彩な顔ぶれの方がいらっしゃいます。

今回、このブログでもご紹介してきた『路地裏マルシェ』の話題と、そこから発売された『かしわのジェラート』をスタジオでPRすることになり、路地裏マルシェ実行委員会のメンバーのみなさんとともに、千葉テレビに行ってきました!

1

という訳で、千葉市にある千葉テレビに到着。

2

楽屋も用意されていて、なんだかドキドキです。

3

スタジオでは、通しでリハーサルが行われます。

いよいよ、番組がスタート!
あっと言う間に出番がやってきて、気が付いたらエンディング!


生放送ということで、スタジオに居ながらにして、テレビの前にいるような感覚で楽しく収録に臨むことができました。

ちなみに、放送は18時05分からですが、楽屋入りは15時30分。
待ち時間が長いことを想定して、本やPCなど持ち込みましたが、リハーサルや野菜のレイアウト、撮影などなど、意外と忙しくて、あっという間の1日でした。

番組のホームページには、当日の様子や、路地裏マルシェ野菜セットのプレゼント応募に関する情報も掲載されていますので、ぜひ柏のみなさんも応募して、柏の新鮮野菜をゲットしてください!

路地裏マルシェを通じて、少しでも柏の農業や食を盛り上げることができれば嬉しいです。
今後も、農家のみなさんと一緒に、地道にコツコツ継続していきます!

4

熱血BO-SO TVについてはこちらへ

更新日 2016年8月16日(火曜日)

かしわのジェラート新発売!

みなさん、こんにちは。
今回は、7月末に新発売となった『かしわのジェラート』の話題をご紹介します!

1

 

名前の通り、地元柏産の農産物が主役のジェラート。市内の業務用ジェラートメーカー、オシロ株式会社が製造しています。
過去には、「大人のジェラートシリーズ」と題して、柏産の農産物と柏に縁のあるウィスキーを組み合わせて、業務用のジェラートとして開発、販売されている実績があります。
今回は、野菜や果物が主役で、さらにカップ化することで一般の方にも手に取りやすい形で販売されることになりました。

ちなみに、今回発売になったのは枝豆、とうもろこし、ブルーベリー、トマト、生姜、パクチーの全6種類。(天候の影響でパクチーの生育に影響が出ており、現在パクチーは入荷待ちとなっています)

こちらが、主役の野菜&果物たちです!

2

3

4

5

6

7


このジェラート、主役はあくまで畑の野菜や果物。天候により、畑の状況が変わってしまい、予想外にたくさん採れすぎたり、時には採れなすぎたりということもしばしばあります。

一つの「商品」を作るには、様々な手間やコスト、そして多くの人の手が必要です。
それらを考慮すれば、1種類をなるべく大量に作った方が効率的で利益も見込めます。
ただし、そのやり方では、畑の都合に合わせることが難しくなってしまうこともしばしばあります。
この商品は、「今」の旬の味や、良いものなのに利用されない野菜や果物を活かすことを第一としています。
ですから、欠品がでることもしばしば。また、小ロットの為、コストも割高です。
それらも含めて、「農業」について少しでも興味を持ち、考えていただける切っ掛けになればと思います。

この『かしわのジェラート』シリーズは、毎週水曜14時30分〜15時30分まで開催中の路地裏マルシェ(ホームページフェイスブック)にて、9月末までの期間限定販売となっていますので、ぜひマルシェに足を運び、ジェラートと柏野菜を味わって下さい!

まずは、ぜひ地元柏市民のみなさまに手にとって頂ければ幸いです!

8

更新日 2016年8月9日(火曜日)

ハチミツ・千葉大 柏の葉キャンパス

みなさん、こんにちは!
今回は、千葉大学柏の葉キャンパスで採蜜されている「ハチミツ」の話題をご紹介します。


1

千葉大学柏の葉キャンパスには、最先端の植物工場や、様々な野菜や果樹の圃場があります。
その中で、受粉が必要になる果樹の栽培のために、西洋ミツバチを飼っています。

ちなみに、キャンパス内で採れたハチミツは、キャンパス内にある直売所「緑楽来(みらくる)」にて販売されています。

今回は、採蜜を体験させていただくことができました。

 

2

キャンパス内にある森の中に、ミツバチの巣箱があります。
近づくと、ミツバチが!

 

3

4

この巣箱の中に、このような板状のものが数枚入っていて、そこにミツバチが巣を作り、蜜を蓄えていきます。

 

5
6


それを取り出し、このような遠心分離機で蜜を採取します。
意外と簡易的な設備で、しっかりとハチミツが取れるのに驚きです。

 

7

こうして絞ったハチミツは、再度濾過してキャンパス内にある施設で容器に詰めて販売されています。

名実ともに、柏産のハチミツです!

 

8

ちなみに、道の駅しょうなんにて期間限定販売されている「ハチミツジンジャーソフトクリーム」に使用されているのもこちらのハチミツです。
今年は、8月15日から発売開始!9月末まで楽しめるとのこと。

ぜひ、千葉大学や道の駅に足を運び、柏産はちみつを味わってみてください!

更新日 2016年8月2日(火曜日)

枝豆×レストラン ル・クープル

みなさん、こんにちは!
以前こちらのブログでもご紹介した『柏やさい通信』の話題をご紹介します!


『柏やさい通信』では、 毎月1つテーマを決めて柏産の農産物をご紹介しています。
その中に飲食店紹介のコーナーがあり、テーマ食材を使ったお料理をご紹介しています。

1

 

8月号は、今が旬の柏の枝豆を使ったお料理を提供されている『レストラン ル・クープル』の佐々木シェフにお話を伺いましたので、ご紹介します。

今回お話を伺った『レストラン ル・クープル』の佐々木シェフは、フランスの三ツ星レストランや都内の有名店で総料理長を務めた経験をお持ちのベテランシェフです。
かつては、テレビの人気料理番組にも出演したこともあり、名実ともに柏を代表するシェフです。
そんな佐々木シェフのお話を聞けるとあって、ドキドキしながらお店にうかがいました!

2


ル・クープルさんでは、素材の味を生かすことをとても大切にされており、旬の地元素材は長年お店でも使っているそうです。
今回のテーマの枝豆は、「枝豆」という素材がフレンチで使われることがなかった、20年以上前から取り入れているそうで、日本人シェフならではのメニューと言えるのではないかと思います。

今回、シェフが用意して下さったお料理は2種類。
それがこちらです!

3
(枝豆のムース)

4
(枝豆のアイスクリーム)

 

どちらも、味は当然美味しいのですが、枝豆本来の風味や香りがより引き出されていることに驚きました。
また、盛り付けも美しく、細部まで手を抜かないプロのお仕事を目の当たりにして感動の連続でした。

5

6

7


「柏は、頑張っている農家さんが多いから、こちらとしても有難いし、素材の持つ力を、料理人としての技術でさらに高めてお客様に提供したいと考えて、メニューを作っています」と話す佐々木シェフ。
柏の野菜についての印象をうかがってみたところ、
「鮮度が良いのが何より魅力です。野菜自体の味に関しては、数年前に比べると力強さとか、濃さとか、レベルが上がってきたと感じていますが、まだまだ伸びしろはあるのではないか。そんなことも、農家の方に直接お伝えして、お互いにレベルアップを図っています」とのこと。

料理のプロと生産者が近くにいることで、お互いに直接コミュニケーションを取りながら情報交換を行うことができる環境に、改めて大きな可能性を感じました。

レストラン ル・クープルさんでは、柏の枝豆が美味しい時期限定で今回ご紹介したお料理を提供されていますので、ぜひぜひお店に足を運んで、柏の旬の味を堪能してください。
(なお、確実に召し上がりたい方は、メニューが提供されているかどうか、お店にお問い合わせください)

これからも、食をつうじて、柏の街が盛り上がるように、私もお手伝いができれば嬉しいです!

8

(農家さんと佐々木シェフ)

 

《レストラン ル・クープル》
柏市柏3−9−20 2F
04−7162−5081