過去の記事一覧

2015年8月の全ての記事一覧

更新日 2015年8月24日(月曜日)

ファーマーズプロジェクト!

みなさん、こんにちは!
今回は、「ファーマーズプロジェクト」という取り組みを始めた柏市内のお店をご紹介します。 

このプロジェクトに取り組んでいるのは、昨年オープンしたパン屋さん「ハレビノ」です。

店舗内観

ファーマーズプロジェクトとは、
「生産者とともに、地元の新鮮で美味しい野菜の魅力を伝えたい」という思いから、野菜が主役のメニューを提供し情報発信をしながら、飲食店側が生産者と消費者の橋渡しをしていこうというプロジェクトです。

こちらのお店では、直接農家と契約して旬の柏産野菜をメインにした「農家サンドイッチ」の販売を始めました。

野菜が主役というだけあって、本当に野菜たっぷりで、シンプルに野菜とパンの味が楽しめます。
とてもヘルシーで、女性やお子さんにも好評だそうです!

農家サンドイッチ

農家サンドイッチ

野菜パン

店内には、農家直送の柏野菜が並んでいます。
これらの野菜は、販売するメニューの素材として利用されるほか、野菜そのものを購入することもできるそうです。
店長の上野さんによると、「今後はもっと取り扱う野菜の種類を増やして、農家と消費者をつなぐ役割を果たせれば」とのことでした。

無農薬野菜使用をPR

ハレビノさんでは、定期的にワークショップも開催しています。
8月は「親子でピザ作り」と題して、
柏産の野菜をメインにしたピザ作りを企画しているそうです。

今後は、ピザ作りの他にも新たな企画を計画中とのこと。
楽しみです!


柏市の大きな魅力は、生産者である農家と消費者、そして飲食店や小売店などが近くに共存する環境ではないでしょうか。
消費者が野菜を口にする形も、野菜そのものを購入する方法や加工品を購入する方法、また、飲食店でメニューとして味わう方法などなど。
多様な選択肢があるということは、立場が違う人にとっても、とても恵まれた環境であると改めて感じました。

パン屋さんで味わう野菜たっぷりの農家サンドイッチも、一つの新しい選択肢として、多くの方に手にとって頂けたら嬉しいと思います。

店舗外観
 

◎Bakery ハレビノ
柏市中央2−11−13
04−7166−7166
営業時間:7:30〜20:00(年中無休)
駐車場 6台(臨時駐車場含む)
 

更新日 2015年8月11日(火曜日)

葉生姜、メニューにて登場!

みなさん、こんにちは!
先日、こちらのブログでもご紹介した今が旬の柏産葉生姜。カレーの店ボンベイさんでは、限定カレーとしてメニューに登場しましたが、今回新たにメニューに登場したお店をご紹介します!
柏は、個人の飲食店がたくさんあり、食事をするのも、カフェで休憩するのも、お酒を飲むのも楽しい街です!
そんな柏の有名店「Bar TACT」さんにて、柏産の葉生姜を使ったオリジナルカクテルが登場します。
その名も「柏ミュール」。
モスコミュールという有名なカクテルの名前は、耳にしたことがある方も多くいらっしゃると思います。
冒頭のモスコとは、モスクワという地名を指しているそうで、今回は柏オリジナルということで『柏ミュール』という名前がつきました。
柏ミュール
ベースのお酒に、柏産根生姜を使用したオリジナルジンジャーエール,夏でも体が温まるカクテルです。
もちろん、マドラーの代わりに使用した葉生姜も、さっぱりと頂けます!

こちらのお店では、毎年恒例の柏の街飲みイベント「ユルベルトKASHIWAX」でも、柏の食材を使用したオリジナルカクテルを提供予定とのこと。

ユルベルトポスター
一足先に味見をさせて頂きました!
柏のびんづめシリーズ・ブルーベリーのコンフィチュールを使用したカクテルは、コンフィチュールの濃厚さとリキュールが絶妙でした。
当日は、3種類のカクテルを予定されているそうです。
今から期待大です!!
他にも、葉生姜を使用した簡単レシピをご紹介します。
葉しょうが醤油づけ
【葉生姜のしょうゆ漬け】
(材料)
・ 葉生姜 150g〜200g
・ しょうゆ 180ml
・ 黒酢(なければ、米酢など) 20ml
・ はちみつ 20ml
(作り方)
① 葉生姜は、洗って葉の部分を適宜切り落としておく。
② 調味液を作る。しょうゆ、黒酢、はちみつをよく混ぜ合わせておく。
③ 保存瓶に葉生姜を入れ、②の調味液を注いで漬け込む。
④ 3〜5時間漬け込んだら、葉生姜を引き上げ、盛りつけて頂く。
※ 漬け込み時間はお好みで。刻んでご飯に混ぜたり、そうめんなどの具としても美味しく頂ける。
※ 漬け込んだ後の調味液は、生姜の風味が移っているので、炒め物や煮物などに利用できる。

葉しょうととうもろこしの炊き込みご飯
【葉生姜とトウモロコシの炊き込みご飯】
(材料)
・ 白米 3合
・ 葉生姜 50g
・ トウモロコシ 1本
・ 塩昆布 30g
(作り方)
① 白米は、洗って浸水しておく。
② 葉生姜は千切り、トウモロコシは生のまま軸から実を外しておく。
③ ①のお米に通常の水加減で水を加え、トウモロコシ、塩昆布、葉生姜を加えて炊く。
④ 炊きあがったらよく混ぜて、お好みで大葉の千切りを添えて頂く。
※塩昆布はお好みで量を加減して下さい。トウモロコシは、缶詰でもよい。 

 

どちらも、ご家庭で簡単に作れるレシピですので、ぜひお試しください!
連日の暑さの中、体を冷やす効果と温める効果、両方が期待できる生姜をたべて、夏を乗り切りたいと思います!
ぜひ、お店にも足を運んでみて下さい! 

バーテンダー写真

【Bar TACT】
柏市柏2-5-9 ニックハイム柏1階
04−7100−1959

更新日 2015年8月4日(火曜日)

柏まつり

みなさん、こんにちは!
連日の暑さに、人も野菜もヘロヘロになりそうです。
そんな暑さをもろともせず、今年も恒例の柏まつりが開催されました。ほんの一部ですが、ご紹介します。

柏ねぶた
毎年、様々なイベントやねぶたなど、柏まつりならではの催しが開催されていますが、今年は食育の街かしわをテーマに、パーレードやステージでの発表が行われました。
柏市内で食に関わる取り組みをされている方々や、地元で開発された商品などが紹介されました。
パレードにも、食に関わる取り組みを行っている団体さんが複数参加して、盛り上がりをみませました。
食の街にふさわしく、柏市内に数ある飲食店の方々もオリジナルメニューで出店されている様子もみられました。


屋台

こちらは、以前ブログでもご紹介したガストロノミー 銀花さんのブースです。

 

スープ
柏産のトマトを使用したガスパッチョです。
暑さで食欲が落ちる時期でもさっぱりと美味しく頂けました!
 

ジェラート販売

ジェラートメニュー
工業祭に出店の東葛テクノプラザさんのブースでは、柏産のカブ、トマト、ブルーベリーを使用したオリジナルジェラートを販売。
どれも大好評だったそうです!
 

葉しょうがに野菜カレー
ボンベイ西口店では、お祭り企画として、ボンベイさん自慢のカシミールカレーと、柏のご当地土産「柏カレー」に、今が旬の柏野菜をトッピングした特別メニューを提供。
当日は、私もお店でお手伝いさせて頂きました!
他にも、見どころたくさんで、ほんの一部しかご紹介できないのが残念ですが、今年の柏まつりでは、街の中に食や農の取り組みが定着してきた実感を改めて感じました。
来年は、どんなお祭りになるのか、今から楽しみにしたいと思います!