過去の記事一覧

2015年1月の全ての記事一覧

更新日 2015年1月14日(水曜日)

2015年 柏市公設総合卸売市場 初競り

みなさん、こんにちは。

今年も、毎年恒例の柏市公設総合卸売市場の初競りの様子をご紹介したいと思います。

このブログでも、何度か公設市場の話題を取り上げてきましたが、やはり市場といえば競り。
今年は、1月5日に水産、青果、花卉(かき)の3部門で初競りが行われました。

各部門の競りの開始時間は異なっており、3部門全てを見学することができました!
先ずは水産の部門からご紹介します。
 

①
まだまだ外は真っ暗です。
そして、さむい。。。。


②
一歩場内に足を踏み入れると、すでにたくさんの荷物が集まっていました!
競りの前には、恒例のセレモニーが執り行われます。
柏市の秋山市長や関係者の方々のご挨拶の後、いよいよ競りが始まります!

⑤
マグロの競りは、生のものと冷凍のものとに分かれています。
競りが行われる前に、各業者さんはお目当てのマグロを吟味してから競りに臨みます。

③
いよいよ競りが始まります。
威勢の良い競り人のかけ声が場内に響き渡り、どんどん競りも盛り上がっていきます!
それぞれ、事前に当たりをつけたマグロを競り落とそうと懸命です。

見ているこちらも、熱気に圧倒されてしまいます。

⑦
無事に競り落とされたマグロ。
初出荷の旗が並び、おめでたい雰囲気です。


続いて、青果の競りが始まります。

⑦
こちらも、恒例のセレモニーの後に競りが行われます。

関係者が集まり、一年の商売繁盛を祈念しました。

⑧
いよいよ競りが始まります。
今年は、昨年よりも柏産の野菜が増えたとのこと。
私も、昨年訪れた時よりも柏産の野菜を多く目にしました。
様々な販路がある中、卸売市場への出荷という選択肢もまた、検討の余地があるのではないでしょうか。
 



最後は、花卉(かき)の部門です。
こちらも、他の部門同様、セレモニーが執り行われ、その後に競りが始まりました。

⑨
他の部門とは少し様子が違い、3人の競り人が同時に競りを行っています。
混乱せずに、競り落とされていく様子に、いつも感心してしまいます。
 

⑩
このように、座って次々に競りにかけられるお花を目利きしながら競り落とす形式は、水産や青果とはまた違った、独特の風景です。
手前にあるストーブには、アルミホイルに包まれたサツマイモが乗っていることも。
運が良ければ、ホカホカの焼き芋を味わえることも!
私も以前いただいたのですが、とても美味しかったです。
 

アットホームな雰囲気がとても魅力的な柏市公設総合卸売市場。
こちらの3部門は、卸売市場となっており、一般の方が購入することはできませんが、関連棟や食堂街では、毎月1回、第2土曜日に市民感謝デーを開催しており、一般の方もその日だけは買い物を楽しめます。
 

ぜひ、機会があれば足を運んでみてください!

お買い物はもちろんですが、日頃馴染みの薄い卸売市場の仕組みを肌で感じることができると思います。

自分たちが口にする食べ物がどのように流通しているのか、ぜひ関心を寄せて頂きたいと思います。
もちろん流通の仕組みも多様ですが、だからこそ、身近にある市場の存在が自分たちの生活とどう関わっているのかを知ることは意味があると感じます。

昨年はなかなか市場の情報をお伝えする機会が少なかったので、
今年こそは、このブログを通じてもっともっと市場の情報をお伝えしていきたいと思います!

ぜひ楽しみにしていてください。

⑧ 

更新日 2015年1月6日(火曜日)

2015年、あけましておめでとうございます!

みなさん、新年明けましておめでとうございます。
今年もこのブログを通じて、みなさんに柏の農業や食の魅力をたっぷりとご紹介しようと、新年早々張り切っています!

さて、記念すべき2015年最初の話題は、1月1日に千葉テレビにて放送された「東葛5市新春番組」の撮影の模様をご紹介します。
 

すでにご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、
この番組は毎年恒例となっており、東葛5市の市長が1年の抱負と各市の魅力を紹介する番組です。
柏市のコーナーでは、なんとなんと「農業」に関する話題が紹介されました!

日々、柏の農業の魅力を宣伝している私としては、
確実に年を追うごとに柏の中で農業の知名度、認知度が上がっている手応えを感じ、とにかく感無量です。
 
という訳で、先ずは柏市が全国有数の生産量を誇る「カブ」畑の模様です。

⑩
霜が降りる冬の時期のカブは、ハウス栽培またはトンネルを設置して栽培されています。

⑫
こちらがハウスの内部です。
一面カブ、カブ、カブ。

⑭
収穫したばかりのカブ。

⑧
レポーターの女性もカブの収穫を体験。
 

⑧
たった今、収穫したばかりのカブにその場でカブりつくレポーターの女性。
その瑞々しさと甘さに驚きを隠せない様子でした。

カブ畑は初体験という撮影陣の方々は、
畑の様子と農家の方の説明に感動しきりでした。

農業に関することが取り上げられたり、褒められたりすると、
とにかく嬉しくて、鼻高々になってしまいます!


③

そしてこちらがお馴染みのカブソフト。
昨年11月から再販され、1年を通じて味わうことができるようになりました!
ちなみに、緑のふりかけ状のものは、青のりではなくカブの葉を乾燥させたものです。

⑮ 
レポーターの女性も、カブがソフトクリームに変身していることに驚いていました。
 

⑤
こちらは、柏を代表するお土産「柏カレー」と「カブのピクルス」。
柏や東葛の農産物を使用し、柏の名店ボンベイさん監修の本格カレーです!

④
レポーターの女性は柏カレーの虜になったようで、撮影終了後もカレーを食べる手が止まらない様子でした。

②
柏の食材を使用したオリジナル肉まんも登場。
焼き印が押され、年々改良を重ねている様子がうかがえます。
 

⑳
「柏のブレンドティ」も忘れてはいけません!
 



放送が終了してしまった後で番組をご紹介するのもどうかと思いましたが、
万が一見逃してしまった方の為に、また、ご覧になった方にも撮影の裏側をお伝えしたいとの思いからあえてご紹介させて頂くことにしました。
実際に放送されるのはほんの一瞬かもしれませんが、
その裏には多くの時間が費やされていることは、あらゆる仕事、もちろん農業にも通じることです。

今回番組で取り上げて頂いた内容は、柏の農業のごくごく一部分に過ぎません。

「あれも、これも、あの人も、この人も、もっともっとお伝えしたい!」
という訳で、今年も1年このブログをつうじて農業や食に関する話題をみなさんにたっぷりご紹介していきたいと思いますので楽しみにしていてください!

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

⑨