過去の記事一覧

2014年10月の全ての記事一覧

更新日 2014年10月29日(水曜日)

柏市内でも栽培されています!

みなさん、こんにちは。
今回は、久し振りに畑の様子をご紹介します!

実は最近、イベントなどのご紹介が続いていたところ、
「畑に行ってないんじゃないの」という心配の声を頂きました。

そこで今回は、みなさんお待ちかねの畑の様子をご紹介します。

という訳で、今回は柏市内でも珍しいゴボウ栽培に取り組む後藤さんの畑でお話をうかがってきました!

⑦
後藤さんの畑は、柏市内の富勢地区にあり、
主力のゴボウは、毎年10月から年内一杯生産され、
かしわでなど市内の直売所に出荷されています。
 

10月に収穫を迎えるゴボウは、5月に播種をするそうです。
 

ゴボウ栽培で一番のポイントは、やはり土作りだそうで、
根菜類の中でも土中の栄養素を多く必要とするゴボウは、
連作(同じ畑に翌年も続けて同じ作物を作付けすること)が難しく、
毎年ゴボウを作付けする場所を変えなければならず、
今以上に作付け面積を広げることが難しいのだそうです。


⑰
こちらがゴボウの畑。
葉っぱがついた状態をご存じの方は少ないのではないでしょうか。
私も、ゴボウ畑は初体験でした。
 

①
葉っぱはフキに似ていますが、香りはゴボウの独特の香りです!

④
その日に出荷する分だけ、あらかじめ葉っぱを切り落とし、機械で穴を掘った後、最後は手で収穫していきます。

⑥
こちらが、ゴボウを掘る機械です。

⑥
この様に、先端が巨大なチェーンソーのようになっており、ゴボウの畝の横を機械で掘りおこしていきます。

⑩
手で押して掘削していきます。

⑪
あっという間に深さ1メートル近いライン状の穴が掘られていきます。

⑫
最後は、手作業。
ゴボウが途中で切れてしまったり傷つかないように、慎重に抜いていきます。

⑮
とうとうゴボウが姿を現しました!
長い!そして太い!!
 思った以上の大きさに驚きました。



最近では、消費者のニーズに合わせて野菜の品種改良が行われ、
ミニサイズの野菜や、アクやクセが少ないものなどを多く見かけるようになりました。
それらは手に取りやすく、調理のハードルを下げてくれる魅力的な存在です。
 

一方で、今回後藤さんの畑でお話をうかがってみると、
昔ながらの品種の持つアクやクセも一つの個性であり、
改めてその独特の風味や味の魅力を発見することができました。

先入観を捨てて、今後も出会った野菜を味わってみようと思いました。

後藤さんの昔ながらの柏産ゴボウは、年内で出荷が終了します。
ぜひ今年は、柏のゴボウを味わってみてください!

 
⑲

更新日 2014年10月21日(火曜日)

2014 あけぼの山農業公園まつり

みなさん、こんにちは。

毎年10月は、イベントが盛りだくさんです!

今回は、12日に行われた、あけぼの山農業公園まつりの様子をご紹介します。
 

毎年恒例のこのお祭りは、春と秋に行われるもので、各農業関連団体や、各種団体の模擬店出店の他、

ステージでは地元の方々の踊りや歌などが披露され、のんびりとした雰囲気のお祭りです。

⑦

日頃の活動の成果を披露する出演者のみなさん。

③ 

農業公園が出店するブースでは、毎年大人気の手作りお味噌やおかきなどが並びます。

②

朝早くから、常連の方々が行列を作っていました。

①

⑤

地域の農協や、地元農家の青年部の方々は、協力して作った野菜を販売。

ネギの詰め放題という、斬新な企画も人気を博していました!

 

⑪
 

⑥

⑨

⑩
農業関連団体の模擬店の他に、市内飲食店や観光協会、柏市の姉妹都市である只見町からの出店ブースもあり、
会場は大勢の人で賑わっていました。


この日は、市内外で各種イベントが重なっていましたが、毎年恒例のあけぼの山農業公園まつりの会場は、
終始のんびりとした雰囲気に包まれながら、ステージを鑑賞したり、模擬店グルメを堪能したり、野菜を購入する人が行き交っていました。

小さなお子さん連れの方も多く、市内で一日のんびりと過ごせる貴重なスポットだと思います。

当日は、美しいコスモスを背景に、記念撮影をしている方も多く見かけました。

周辺の田園風景は、柏市とは思えないほど、のどかで癒やされる場所です。
日頃農業や、農家の方と触れあう機会の少ない市民の方にとっても、
お祭りなどのイベントの機会を利用して、足を運んでみてはいかがでしょうか。

柏の街の多様な環境を、きっと肌で感じることができると思います。
自分の住む街について、意識しなければ知らないことだらけですが、
少し足を伸ばしてみたり、関わりを持つことで、生活が豊かになったり、活動の幅が広がるのではないでしょうか。

市内では、田の稲刈りも終わり、これから寒くなるにしたがって冬野菜が美味しくなってきます。
またイベント情報に加えて、柏の畑の情報もお伝えしていきたいと思います!




⑨

更新日 2014年10月15日(水曜日)

季節の柏野菜の魅力がつまった「柏あんまん」、市民大学の学生が提案しました!

みなさん、こんにちは。

今回は、先日道の駅しょうなん 収穫祭の様子と、
そこで限定販売された「柏あんまん」についてご紹介します。


 

先ずは、毎年恒例の道の駅しょうなん収穫祭の模様をご紹介します。

⑬
この日は台風の予報の前日で、朝から冷たい雨と風の中での開催となりました。

②
農産物直売所の方々は、大人気の豚汁を振る舞うために、朝から準備に追われていました。

⑩
こちらは、生産者の若手グループの模擬店です。
 

⑨

ジャンボカボチャコンテストも開催されました。
春に配布された種を育てて出品します。

今年の優勝は、65キロ超のカボチャでした!


続いて、かしわ市民大学学生が提案した「柏あんまん」の試験販売の様子をご紹介します。
この企画は、今年度かしわ市民大学講座内の課題の一環として、
道の駅しょうなんをフィールドに、農産物直売所とレストランをつなげ、
柏の農産物の魅力をPRすることを目的に取り組んでいるものです。

1つの商品を作り上げる過程には、季節の農産物についての知識やPRの手法など多くの課題があり、
それらを実際に当事者の方々と関わりながら作り上げることは、
大変な部分も多いとは思いますが、それ以上に得るものが大きいのではないかと期待しています。
 

⑬
こちらが、今回学生が提案した「柏あんまん」。
周りの皮は、地元柏産の米粉と柏産の全粒粉を使用したモチモチとした食感が特徴です。
中には、地元産のカボチャがたっぷりと入っています。
ほかほかのカボチャ入りの「柏あんまん」は、今回のイベント限定で試験販売されました。

かしわ市民大学の学生のみなさんは、販売と今後の商品改良に向けたアンケート調査を行いました。
③
 

⑭

⑤
 

⑫
偶然立ち寄って、購入された男性。

「モチモチの生地は、食べ応えがあり美味しいですね。

カボチャのあんまんは、初めてなので新鮮です。
柏でカボチャが採れるって知りませんでした」

と笑顔でほお張っていました。

学生のみなさんは、購入して下さった方々にアンケートをお願いしたり感想をうかがいながら、
正式な商品化を目指して奮闘していました。

今回の試験販売を通じて、生産する側、販売する側の立場を経験できたことは、
学生のみなさんにとっても、貴重な経験になったのではないでしょうか。

一つの企画を形にするまでには、表には現れない多くの人の思いや努力の積み重ねがあることを、
私自身が今回の学生さんの取り組みを通じて改めて実感することができました。

かしわ市民大学の4期講座は、3月まで引き続き開講されています。
今後も引き続き、柏の農業と食をテーマに学生のみなさんとともに、講座に取り組んでいきたいと思います。


みなさんも、「柏あんまん」の正式な商品化をぜひ楽しみにしていて下さい!

また、こちらのブログでも続報をお伝えしたいと思います。

⑱

 

更新日 2014年10月7日(火曜日)

富勢東小学校の取り組みをご紹介します!

みなさん、こんにちは。

今回は、柏市内の小学校での農業を通じた食育の取り組みをご紹介します!

柏市布施にある柏市立富勢東小学校は、全校児童107名という小規模校です。

あけぼの山農業公園近くに位置するこちらの学校は、
1学年が十数名というアットホームな学校で、小規模校という特徴を活かした取り組みをされています。

今回は、先日あけぼの山農業公園と連携して行われた、ひまわりの種の採取作業の様子をご紹介します。

⑩
春に種を蒔いたひまわり畑。
この日は、1年生から4年生までの74名の児童が、
あけぼの山農業公園スタッフの指導のもとに、ひまわりの種の採取作業を行いました。

①
すでにカラカラになったひまわりの畑。

⑤
まずはこのように、先端の種のついた部分をハサミで切り取ります。

③
次に、この網のついた台に円を描くようにひまわりをこすりつけていきます。
下の方にバラバラと種が綺麗に外れて落ちていきます。

②
どの子も夢中で作業に没頭。
私も体験してみたところ、バラバラと種が綺麗に外れる感覚が妙に気持ちよくて癖になりそうです。
子供たちが夢中になるのも納得です。

⑨
このように、外した種を集めて、ふるいにかけて綺麗に選別した後、
専門業者に依頼して、ひまわりの種から食用油を絞ります。
1月頃には、瓶詰めされた油が完成の予定とのこと。

①
こちらは、石井校長先生です。
「実際にいろいろな体験を重ねることは、子どもたちの教育にとって大変意義のあることですし、
また、教える側の大人も一緒に体験することで、さらに学びが深まると思うんです。
小規模校ならではのメリットを活かして、地域の方と連携して子どもたちに色々な体験をさせたいと考えているんですよ」
石井校長先生は、とても明るくエネルギッシュな方で、
いつも言葉の端々から教育にかける熱い想いが伝わってきます。


今年の夏、レンタルブルーベリー鉢の設置にうかがった際にも、
快くご協力くださり、高学年のお子さんが交代で観察日記をつけて、
地元の農業やブルーベリーについて、試食しながら学んでくれたそうです。

学校により、環境も事情もさまざまで、どの学校でも同じ取り組みを行うことは難しいかもしれませんが、
柏ならではの環境を活かした教育が、今後も広がっていくことを期待したいと思います。
 


⑧
この様な取り組みは、学校側の努力ももちろんですが、サポートして下さる地域の方の力も欠かせません。
この日は、13名のあけぼの山農業公園のスタッフの方がお手伝いをして下さいました。

⑦
作業を通じて体験し、そこから感じること。
さらに、それを通じて地域の人と交流をはかることは、
教室の中では出来ない貴重な学びの機会になったのではないでしょうか。

食育という言葉は、「調理」や「たべる」ことに意識がかたよりがちになりますが、
その前後の育てることや、運ぶこと。それに関わる人のこと。お金のこと。
少し視点を変えてみると、様々な取り組みが可能になるのではないでしょうか。

生産者と消費者が共存する柏ならではの食育について、
私も考え、取り組んでいきたいと思いました。

 
 

最後に、スタッフの方が着用しているのは、あけぼの山農業公園オリジナルTシャツ。
シンボルの風車がプリントされています。

私ももちろん愛用しています。!
あけぼの山農業公園売店にて好評販売中です。

10月12日(日)は、あけぼの山農業公園のお祭りも開催されますので、
ぜひ足を運んでください。
満開のコスモスも楽しめます!

⑪