過去の記事一覧

2014年2月の全ての記事一覧

更新日 2014年2月25日(火曜日)

約三百年前から行われていた伝統行事 ~鳥ビシャ~

みなさんこんにちは!

今回は、旧沼南町泉・鷲野谷(わしのや)地区で約三百年前から行われていたとされる伝統行事

「鳥ビシャ」をご紹介します。
農業とは一見無縁の様ですが、古くから地方に伝わる伝統行事は、
豊作祈願や無病息災といった願いが込められていて、実は農業と深い関わりがあります。
 


「鳥ビシャ」とは、関東地方で正月行事として伝わってきた行事です。
その年の豊作を祈願して、半紙に「烏」や「鬼」の文字を書いた的を神官や氏子の代表が弓矢を射る儀式です。
農家の敵といわれるカラスや鬼を追い散らすといわれています。
この「鳥ビシャ」は、しん粉(うるち米の粉で作る)餅の鳥を木に止まらせ飾りつけるので知られています。
泉地区の妙見社・鷲野谷地区の星神社で行われます。

当日は、朝から当番の方々が集まり、神事の準備や鳥作りに大忙しです。
鳥ビシャの神事は神社の境内にて行われ、地区の代表者が参加して執り行われるそうです。

今回私は、鷲野谷集会場で行われた飾り用の鳥を作る様子と、
その後の引き継ぎ行事を見学させて頂きました。
 



⑫
こちらが、しんこ餅で作った鳥です。

黄、赤、緑の食紅を混ぜたものを用意し、カラフルな鳥を表現します。
今年は、黒や金粉をあしらった豪華な鳥もみられました。

⑧
こちらのハサミと櫛で、形を整え文様をつけます。


③
当番は十軒。

八十戸が一年交替で当番を回すそうで、八年に一度回ってくるのだそうです。

⑤
以前は、鳥作りは各家々で行っていたそうですが、
次第に各家で鳥を作る風習が廃れて行ったそうです。

地域に受け継がれてきた伝統行事と文化を引き継ぐため、

二年前から地区の子供会に呼びかけ、子供達も鳥作りに参加するようになったそうです。

この日も、地区の当番の方の指導を受けながら、約二十名の子供達が夢中で鳥作りに参加していました。



⑪
出来上がった鳥は、各々家に持ち帰って飾ります。

鑑賞後、焼いて食べるとその年は風邪をひかないという言い伝えがあるそうです。
 

さっそく私もお土産に頂いた鳥、教えて頂いた通りに焼いて食べました。

これで今年は安心です!!


⑦
こちらは、鳥木(とりぼく)と呼ばれる飾りの上にとまっている鳥に目をいれているところです。
目がないと飛べませんから、これは大切なことなのだそうです。


②
こちらが完成品です!

この鳥木と呼ばれる木や周りの苔なども全て当番の方々が準備します。
この鳥木の準備には、なんと一週間ほどかかるそうです。





鳥作りと飾りつけが終わり神事が終了すると、来年の当番の代表の方への「引き継ぎ」が行われています。
「引き継ぎ」と聞き、簡単な申し送りなのかと想像していましたが、しきたりに則った厳かな雰囲気に驚きました。

⑨
こちらに用意されているのが、大根で作った鶴に八つ頭で作った亀。そしてマグロの盛り合わせ。
これらはすべて、当番の方々が材料から吟味して用意するそうです。
この他に、神棚には御神酒、鯉二匹、掛軸が飾られます。

⑩
引き継ぎの儀式の準備です。

奥に鶴亀、左側の女性が手にしているお皿には、生きた鯉が二匹のっています

御神酒を酌み交わす為の酒器と、手前の器には山盛りのわさびが用意されています。



⑭
左右に今年の当番長(ハナと呼ばれています)と来年の当番長が座ります。

中央の総代から御神酒を受け取り、酌み交わします。

御神酒を酌み交わした後、鶴亀に飾り付けられたマグロをお互いに食べるのですが、

その際、大量のわさびと共に食します。

これは、強い刺激が大切な申し送りの内容を忘れないようにする為なのだとか。



⑮

左手の男性が背中に差しているのは、引き継ぎの竹(申送帳が先についています)です。

この後、来年の当番長である右手の男性に竹を渡します。

これで引き継ぎの行事は完了です。

その後、用意された料理で宴が催され、無事に今年の行事が終了となります。
 


⑯
神前にお供えされた炊き込みご飯のおにぎり、鶴亀に飾られていたマグロ、鯛のお吸い物など

毎年決められた料理が用意されるそうです。
私も皆さんに混じって、お料理をご馳走になりました!

地域の方々の心のこもった手作りの味は、どれも本当に美味しかったです。
ちなみに、このお料理も神様にお供えしたお下がりだそうで、

食べた人は一年健康に過ごせるのだそうです。

ますます御利益に期待したいと思います!

 
 

今回、初めてこの行事を見学させて頂き、純粋な驚きや感動と同時に、
伝統行事を続けて行くことの難しさを感じました。
 

豊作祈願といった想いは、農業と無縁の人には希薄です。

また、地域の当番制というのも、昔ながらの顔なじみが住む地区だからこそ可能ですが、

人の出入りが激しい都市部では、公平に分担することは難しくなります。

一方で、住民が地域の為に集い、働き、想いを寄せるという伝統行事によって育まれる関係性の意義も改めて感じました。
 

時代と共に変化する環境や暮らしに合わせて、

伝統行事の在り方も変化するのは避けられないことなのかもしれません。

しかし、例え形は変化しても、個人が個人の為ではなく
地域という公の為に想いを寄せ、集える関係性は受け継いで行きたい財産だと感じました。

もしかしたら、その関係性こそが今の時代の「豊作」という形なのかもしれない。

改めて皆さんが手間暇かけて準備した鳥木を眺めながら、そんな想いが湧いてくるのを感じました。

⑰ 

更新日 2014年2月18日(火曜日)

直売所 その2 ~かしわで~

今回は、柏市内でも有数の農産物直売所である「今採り農産物直売所 かしわで」をご紹介します!
 

わざわざご紹介するまでもなく、
柏の野菜通のみなさんは、すでに常連さんという方も多くいらっしゃるかもしれません。


ところが、 消費者からみると一括りの直売所も、
角度を変えればそれぞれに特徴があることが理解できます。
 

そこで今回は、ご自身も市内有数のお米農家である染谷社長に
経営者としてまた生産者としての立場からお話を伺いました。

 

 

「今採り農産物直売所 かしわで」は平成16年5月にオープン。

 

染谷社長ご自身は、時代に先駆けて米を中心とした大規模農業を目指してこられました。

利根川調整池にて規模を拡大し、水田50ha、作業受託50haを耕作し、
米、麦、大豆、野菜などの栽培を行ってきました。

平成15年ころには、上利根地区の整備問題が持ち上がり、

新たに120haの開墾にも取りかかり規模拡大をすすめてきました。

 

一方で、農業を取り巻く環境は厳しくなり、

外国産農作物がたくさん輸入されるようになり、

柏市の特産品の一つであるネギ農家が大きな打撃を受けました。

 

そんな流れの中、地元産の農作物を守り地域の農業が生き残るためには

「柏という生産地が、同時に多くの消費者が住む消費地である」
という地の利をいかすことが大切だと考え、直売所のオープンを決意されたそうです。

 

直売所の経営形態をおおざっぱに分類してみると以下のようになります。

  1. 農家主導型
  2. JA主導型
  3. 道の駅付属型
  4. 他業種参入型

この経営形態の違いは、資金繰りや運営主体の違いでもあり、

誰が運営するかにより、当然ですが利益やコストの配分が変わります。

これは、目に見える価格の面だけではなく、例えば鮮度やサービスの面にも影響するのではないかと思います。


 

「かしわで」では、農家主導型の経営形態をとっているため、

経営者である農家の方々の想いが強く反映されているのが特徴です。

利益の追求よりも「農業の継続」を経営の中心に据える姿勢は、

「かしわで」の様々な取り組みからも見て取ることができます。


②
 

真っ先に目に入る看板。
「かしわで」という店名は、

「柏の新鮮な農産物を、食卓にのせていただきたい」と願う生産者の気持ちと、

「柏で採れたての食材をリーズナブルに揃えたい」と望む消費者の気持ちを両手のひらになぞらえて命名したそうです!
*詳しくは、「かしわで」ホームページ内、「かしわで」の由来参照。
 

どちらか一方が優位に立つのではなく、

生産者も消費者も対等な関係で支え合い、共存したいという想いが表れた店名ではないでしょうか。
 



⑤

店外にも商品が並びます。

サツマイモは種類が豊富で、珍しい品種のものもあります。

販路があるということは、農家にとってはいろいろな野菜の栽培に取り組むチャンスでもあります。

消費者にとっては、普段お目にかかれない食材を手にする興味や楽しみがあります。

⑥

あいにくの荒天続きで、地元産の野菜は品薄状態でした・・・
畑に雪が積もっているため、収穫作業ができないことに加え、

雪の予報の前には、平日でも土日並のお客さんが訪れてたくさんの野菜を購入していかれるそうです。



⑦
 

こちらは、購入したお米を精米できるコーナーです。

白米だけではなく、精米歩合も調整できます!

⑩

購入した商品の配送サービスもあります。

店内の様子からも消費者のニーズに応えようとする様々な姿勢が見てとれました。




⑧

お米や野菜の栽培状況を店内にて上映。
消費者への情報発信に気を配っています。

⑨
 

残留農薬と放射能測定結果の情報も定期的に測定して店内に掲示。
 
 

現在も、独自の残留農薬検査や放射能測定検査に加え、

柏市の放射能測定検査にも検体を提出し対応しています。

また、第三者会議である「かしわで 安全・安心プラン推進委員会」を立ち上げ

生産者向けの勉強会を開催したり、独自に農地の放射能数値を計測しリスクの低減策を模索してきました。

さらに、直売所内の分科会である「女性クラブ」や若手農家で構成される「アンダー45」などが独自に勉強会を開催し、

前向きに農業や直売所の経営に取り組んでいます。
 

このように、様々な問題に真摯に向き合い、反省し、前向きに改善していこうとする姿勢は、

単純な利益の追求ではなく、農業の継続という大きな目標から生まれてくるものなのだと強く感じました。

 

「『農業は柏にまなべ』と言われるまで、柏の農業を育てたい」。

染谷社長の言葉が胸に響きました。
 

⑫


お話を伺って改めて、

「生産者も消費者も近くにいる柏だからこそ、お互いに自立した立場で対等な関係を築きたい。

食の安心・安全という問題も、農業経営の問題も、そこから解決の糸口が見つかるのではないか。

そしてその仕組みが柏らしい農業の形であり、柏の農業のブランドになり得るのではないか」 
そんな期待が私の中で膨らむのを感じました。

 

今回は、「かしわで」をご紹介しました。

柏市内には、他にも大小さまざまな直売所があります。

それぞれに特徴がありますので、ぜひ複数の直売所に足を運んでお気に入りの直売所を探してみてください!
 


○今採り農産物直売所 かしわで

  柏市高田100番

  営業時間:9:00~18:00

  定休日:水曜日

更新日 2014年2月14日(金曜日)

新規就農者紹介1 ~江種さん~

みなさん、こんにちは!

今回は、平成23年度柏市の担い手育成事業により柏市内で新規就農した江種(えぐさ)さんの畑に伺いました。
 

江種さんは、現在約5反(約5,000㎡)の畑で主にレタスや小松菜などの葉物野菜の栽培に取り組んでいます。
 
 



⑦
こちらは、メインの圃場です。

このトンネルの中には、数種類のレタスが定植されています。


⑩

保温の為の不織布で覆われています。

⑧

出荷間近のレタスです!
⑥

こちらは、種を蒔いた日付けです。

出荷までの期間は約120日。

同じ品種の全く同じレタスでも、夏場は約50日で出荷可能なところ、

冬場は倍以上の日数が必要となります。

それでも、価格は倍になる訳ではないのが農業の厳しい面でもあります・・・




⑤
最後の収穫を終えた菜花です。


③
 

④
計量して袋詰めをします。
 

① 


綺麗に袋詰めが完了。
 

②

こちらは、先ほどのレタスです。

この後、契約している数店舗の直売所などに配達し、店頭に並びます。


農家の方の作業を見てみると、作付して収穫するという農作業だけではなく、

袋詰めや配達、経理や事務作業などあらゆる業務を一人(もしくはご家族)でこなしている事に驚きます。


この多岐に渡る作業を毎日一人でこなす江種さんですが、

私が初めてお会いしたのは、まだ就農前の研修中の頃でした。
 

⑧

当時、同じ担い手育成事業で研修を積んでいた方は6名。

その中で一番最初に千葉県の認定農業者となり、就農したのが江種さんです。

現在は、6名のうち江種さんを含む2名の方が千葉県の認定農業者として柏市内で就農、

4名の方々も、それぞれが市内や県内の農家で研修を積んでいたり、
農業大学校へと進み勉強を続けています。

一足先に自立して就農された江種さんですが、お話を伺ってみると、

知識として知っていた事でも、実際に自分が実践してみると

思うようにいかない事も多くあり、農業の難しさを改めて実感しているそうです。

 

例えば、9月中旬に蒔く種は、1週間ずれると収穫時には1ヶ月の差が出てしまうそうです。

1日の差が1週間の収穫時期の差になるのだそうです。

 

その事も、実際に自分の畑で経験して、身に染みたそうです。

 

この様に1年1年経験を積み、データを蓄積し、技術面でも作業効率の面でも改善を重ねていく姿勢は、

就農前にエンジニアとしてキャリアを積まれていた江種さんらしい視点だと感じました。


 

今回改めて、農業とは無縁の異業種から参入する新規就農者にとって、

実際に自立して農業で生計を営む事は大変な努力が必要なのだと実感しました。

そして、本人の努力はもちろん不可欠ですが、それだけではなく、
新規就農者を地域の一員として受け入れて見守って下さる先輩農家の方々や

制度の面で支援する行政の方々の存在など、

周囲で支える人たちの力もとても重要だと感じました。




⑪ 
 

帰り際、江種さんが大切に育てた野菜をお土産に頂きました。

改めてその野菜を眺めながら、

耕作放棄地から耕して、作付出来る状態までこぎ着けた苦労と充実感。

最初はあれこれ手を広げて、たくさんの品種を栽培しすぎて失敗した苦い経験。

天候に左右されながら、時には自分の怠け心と戦って毎日畑に通う地道な努力。

他にも、たくさん江種さんのお話が思い起こされ、
外側の葉っぱも最後まで残さず大切に味わって頂こうと心から思いました。


 

今回、私が畑に伺ったのは雪が降る直前の日でした。


週末の大雪で、真っ先に農家の方々の畑が気になり江種さんの畑に伺うと、
一人で黙々とトンネルに積もった雪を畑の外に運びだす作業をしている最中でした。
 

3年前はじめてお会いした当時と比べ、そんな姿がとても逞しく、頼もしく感じられました。
 

今後も江種さんをはじめ、新規就農者の方の様子を見守りながらお伝えしていきたいと思います!


⑮


 

更新日 2014年2月4日(火曜日)

柏のいちご、しょうなん編


昨年、このブログで「柏のいちご」についてご紹介してから早2ヶ月。

いちごシーズンが到来しました。
そして、今はシーズン真っ只中!


現在、柏市内のいちご農家は約16軒。
そのうちの7軒が旧沼南地区にあります。

今週末、道の駅しょうなんでは、沼南地区いちご生産者の会の皆さんによる

「柏のいちごフェア」が開催されます! 

そこで今回は、旧沼南地区のいちご農家の皆さんをご紹介したいと思います!
 


 


 

①
ストロベリーランド沼南の大宮さん。

道の駅しょうなん隣りで高設栽培に取り組んでいます。

広々としたハウスの中で、いちご狩りが楽しめます。
(3月末~5月まで)




②
渡会いちご園の渡会さん。
お父さんの代からいちご園をはじめて2代目になります。
朝摘みの完熟いちごが自慢です!

(いちご狩りは4月~5月)

③
ストロベリーランド手賀の村田さん。

写真からもにじみ出る優しさは、ミツバチへの接し方を見てもわかりました。
虫にも優しく、減農薬に取り組んでいます!


④
さかきばら農園の榊原さんご夫妻。

ご夫婦でエコファーマーの認定を受け、環境に優しい農業に取り組んでいます。
お二人とも、とっても仲がよくて羨ましいです!
(いちご狩り、4月~5月)


⑤
染谷いちご園の染谷さん。

沼南地域で最初にいちご栽培を始めた先駆者で、すでに30年になるそうです。
土には人一倍こだわりをお持ちです。
一見こわもてですが、とっても優しい方です!



⑥
そのべ農園の園辺さん。
直売用には土耕栽培の女峰がメイン。

摘取り用の農園は、いろいろな品種が楽しめます。

とってもパワフルで、常に新しいことにチャレンジする姿勢はさすがです!
(いちご狩り、1月~5月)


⑦
荒木いちご園、荒木さんと甥子さん。
朝摘みの完熟いちごを販売する直売所では、少しでも美味しく食べてもらえるようにと、

お客さんの注文を受けてからパック詰めしています。
奥様の細やかな気配りがとてもステキです。



以上、旧沼南地区には現在7軒のいちご農家があり、それぞれの直売所のほか、
道の駅しょうなんはじめ、市内各直売所にも並びます。
また、近隣の洋菓子店などでは、「○○さんのいちごを使ったお菓子」というように、
シーズン中は看板商品として店頭に並ぶそうです。
探してみるのも楽しみですね!




つづいて、品種のご紹介。
現在、各直売所で販売されている主な品種は5品種。



⑫
紅ほっぺ
甘みと適度な酸味が特徴です。見た目もつやつやできれいです。

香りが高く、人気の品種です。

 

⑬
あきひめ
すらりとした長円錐形の大粒の果実が特徴。
酸味が少なく、お年寄りや小さいおこさんにも人気です。
 

⑭
とちおとめ
果実はつやがあり、大玉で甘さもたっぷり!
果肉もしっかりしていてとてもジューシーな味わいです。
 

⑬
やよいひめ
大粒でしっかりりた果肉が特徴。断面は鮮やかな赤い色をしています。
やよい(3月)頃に味がもっとも安定して美味しくなります!
 

⑮
女峰(にょほう)
きれいなバランスの取れた形が特徴です。
甘みと酸味のバランスがよく、一口食べると、口の中に香りがいっぱいに広がります。






⑪
こちらが断面図。
なかなか、比べてみることも少ないかと思います。
それぞれに特徴がありますね!
もちろん、味にも特徴があり、食べ比べてみると違いが良く分かります。


⑧

ジャーン!
畑で摘み立ての大粒いちご!!
つやつやで、見るからに美味しそうです。

みなさんに、なるべくリアルな感動を皆様にお届けするためにも、食べてみるしかありません。
重要な任務です。


⑩
おいしー!!!
ジューシーで、甘酸っぱい香りが口いっぱいに広がります!
味がとても濃厚で、甘みと酸味のバランスも抜群です。

完熟いちごってすごーい!

柏のいちごは、直売形式での販売のため、朝摘みの完熟いちごを味わえるのが最大の魅力です。
ぜひ、現地でこの感動を味わって下さい!!
とてもブログではお伝えできないことが分かりました。

品種は同じでも、栽培方法や作る人によって、味が変わるのも農業の興味深いところです。


今回は、旧沼南地区のいちご農家の方々をご紹介しましたが、
またの機会に他の地区のいちご農家の皆さんを特集したいと思います!
 お楽しみに!
(私が一番楽しみです!!)

 

☆お知らせ☆

「柏のいちごフェア」

2月9日(日)10時~15時(なくなり次第終了)
道の駅しょうなん

イチゴの直売会のほか、豪華賞品が当たるイチゴクイズや、

施設内レストラン、直売所ではいちごフェア用の特別メニューや加工品も並びます!

ぜひ、週末は道の駅しょうなんへ足を運んでみて下さい!


 

○道の駅しょうなん

柏市箕輪新田59-2

04-7190-1131