柏人への道(農x食x人)

更新日 2016年9月27日(火曜日)

ナス

みなさん、こんにちは!

 

「秋茄子は嫁に食わすな」などという言葉もありますが、昼夜の寒暖の差が大きくなる初秋は、ナスが美味しくなる季節です。
世界的には、1000種類以上もの品種があるとされるナスですが、国内でも奈良時代には栽培が行われていた、日本人には馴染みの深い野菜の一つです。

ということで、今回は柏市内で栽培されているナスをご紹介します!

1

 

こちらは、ナスの畑です。
今年は、台風の影響で露地物のナスは傷がついてしまったり、枝が痛んでしまったりしたと聞いていますが、ハウス内で栽培しているナスはまだまだ元気な様子です。

2

3

4

5

6

 

見た目にも珍しいナスの数々です。市内で栽培されているナスの一部です。
日本では、濃い紫色のナスが一般的ですが、世界各地では形も色も様々なナスが栽培されています。

ちなみに、今年になってテレビでも珍しいナスを取り上げる番組を何度か見かけましたが、番組で取り上げられていたのは、白やゼブラ模様などの変わったものが多いようです。

 

それぞれのナスによって食感や色、アクのあるなしなど、適した調理方法があります。
一般的に、ナスは油との相性が良いとされていますが、大阪発祥と言われる水ナスは果肉が瑞々しくアクがないので生食できますが、加熱調理には向いていません。また、加熱向きのものでも、しっかりとした果肉のものは煮込み料理に適していたり、ふわふわした果肉のものはさっと油で炒めるような使い方が向いています。

 

見た目も形も様々なナス、柏市内では6月頃から11月頃まで、直売所やマルシェなどを中心に販売されていますので、ぜひ色々な種類のものに挑戦してみてください。

7

更新日 2016年9月21日(水曜日)

柏のイチジク

みなさん、こんにちは!
今回は、柏市でも栽培が行われている「イチジク」の話題をご紹介します。

1

これまでもご紹介してきた通り、柏市内では様々な農産物が栽培されています。
中でも代表的な果物は、「イチゴ、ブルーベリー、梨」が挙げられます。
柏の3大フルーツと呼ばれるこれらの果物は、出荷組合または生産者組合があり、連携を取りながらそれぞれが栽培を行っています。

今回ご紹介する「イチジク」以外にも、ぶどう、キウィフルーツ、プルーン、みかん、柿などは、栽培はされているものの、生産量が少なかったり、各農家ごとに直売所などでの販売が主のために、組織化は行われていませんが、珍しい果物を栽培している農家もいて、直売所をチェックする楽しみが増えます!

前置きが長くなりましたが、柏の3大フルーツの次にブームがくる予感のイチジクの畑をご紹介します!
(予感は、あくまで個人の主観です)

今回ご紹介するのは、イチジクの栽培を始めて12年という布施の成嶋さんです。

2

成嶋さんの畑では、毎年8月上旬から10月までイチジクの収穫を行っており、主に「かしわで」や「トマトハウス」など、市内の直売所で販売を行っています。

3

4

こちらの画像のように、2本の主枝を畝に沿って水平に伸ばし、この主枝から交互に新梢を配置する形を「一文字仕立て」と呼び、剪定が簡単で収穫量も安定するとのことで、取り入れているそうです。

5

完熟状態のイチジクは、簡単に皮が剥けます!

6

イチジクは、鮮度が命の果物のため、直売所などで完熟のものが手に入るのはとても恵まれているのだと納得です。
上品な甘みと香りに、ねっとりとした中にプチプチとした食感がたまりません!

最近では、フレッシュなイチジクをお料理やスウィーツの素材として利用するお店が増えているとのこと。

ぜひ、柏産のイチジク、直売所に足を運んで味わってみてください!

7

更新日 2016年9月13日(火曜日)

稲刈り

みなさん、こんにちは!
今回は、今まさに市内各地で真っ最中の稲刈りの様子をご紹介します。

1

 

まず、写真を見ると稲が倒れているように見えます。

まさか、台風の影響で倒れちゃった!?

心配になりますが、ご安心ください。
これは、実入りがよく、穂の重みで垂れているのだそうです。
農家さんによると、「ここ数年で一番の豊作ではないか」とのこと。
期待に胸が膨らみますね!!

とはいえ、真っ直ぐに立っていない稲を刈り取るのは、機械に支障がでたりしないのかと心配になります。
そちらもご安心ください。
「問題ありません!」とのことです。

2

3

4

 

刈り取ったあとは、乾燥、脱穀、精米されて販売されます。
写真の茶色い袋は30kgのお米が入っています。
米俵1俵は、60kgですので、この袋で2袋分ですね。

5
6

 

ちなみに、日本人一人あたりのお米消費量は年々減少しています。
戦後ピーク時の昭和37年の消費量(kg/人・年)は118.3kgでしたが、平成25年度には56.9kgに。
とすると、この袋で2袋弱ということ。

多様な選択肢がある恵まれた環境の中で、パンもパスタもうどんもラーメンも大好きな私ですが、今まさに近所で稲刈りが行われ、精米したての新米を味わえるチャンスを堪能するべく食欲の秋を満喫中です!

やっぱり、「美味しいから食べる」。
まずはそれがなければ続きません。

全国に有名なブランド米は様々ありますが、何よりも顔が見える食材に勝る調味料はないと実感する日々です。

すでに、柏市内の直売所には、2016年度産の新米が並び始めています。
ぜひ、今年は地元柏産の新米をお試しください!

7

更新日 2016年9月6日(火曜日)

柏の梨PRイベント開催されました!

みなさん、こんにちは!
8月から出荷が始まっている柏の梨、現在シーズン真っ最中です。
ということで、今回は先日行われた柏市果樹組合(梨の生産者組合)主催の柏の梨PRイベントの様子をご紹介します!

1

 

毎年恒例となったこちらのイベントは、『柏市果樹組合(梨の生産者組合)』が行っているイベントで、柏の梨をPRするべく、生産者自らが店頭に立ち、試食と即売会を開催しています。

2

3

4

 

昨年までは、そごう柏店前にて行われていましたが、今年はアリオ柏店の店内で開催しました。

お買い物に訪れた人たちは、柏の梨に興味深々で多くの方が立ち止まって試食をされていました。
みなさん、食べてみて「甘い!」「ジューシー!!」など驚きの様子です。

5

 

アンケートに答えた方は、ハズレ無しのくじ引きに挑戦できます。
こちらも、お子さん連れのご家族で賑わっていました。

ちなみに、こちらは見事大当たりを出し、商品の梨をゲットした男性です。

6

 

柏の梨は、7月下旬から収穫が始まり、10月まで収穫が続く方もいらっしゃいます。梨の収穫シーズンは、農家のみなさんは収穫から出荷調整の作業まで休む暇もないほど忙しくなるそうで、このようなイベントのために時間を割くのも大変です。
そんな中、やはり直接消費者の方に柏の梨について知ってもらえるきっかけにしたいという思いから、あえて忙しいシーズン真っ只中にイベントを開催しているそうです。

梨は品種も様々で、人気の幸水だけではなく、酸味と甘みのバランスが素晴らしい豊水や、最近人気のあきづき、新高、かおりなどなど、様々な品種を楽しむことができます。
時期によって入れ替わる品種の食べ比べも、産地ならではの楽しみ方ではないでしょうか。

ぜひ、お近くの直売所に足を運び、柏の梨を堪能してください!

7

 

更新日 2016年8月30日(火曜日)

地元野菜が食べられるお店をご紹介します・東口編②

みなさん、こんにちは!

今回は、柏野菜が食べられるお店情報の第2弾です!

前回は、柏駅東口編①として、柏市役所から近いお店をご紹介しました。今回は、個性的な飲食店が多くある、銀座通りのお店をご紹介します。


~昼の部~

①【outdoor grill&cafe STOVE】

1

2

3

店名の通り、店内には薪ストーブが設置されています。

鉄鍋料理のお店ということで、グリルが人気のお店です。ランチタイムは特製の黒黒ハンバーグ定食をはじめ、ボリュームたっぷりの定食が人気です。旬の野菜や果物を丸ごと絞ったコールドプレスジュースは、女性に大人気。野菜不足の方はぜひ!

 

②【トラットリア キッコ】

4

5

6

こちらは、北イタリアピエモンテの郷土料理が味わえる本格イタリアンレストランです。日本人にはお馴染みのイタリアンですが、魚介とオリーブオイルが中心の南イタリアに対して、北イタリアはジビエや乳製品を使った料理が多く見られます。

キッコさんでは、ジビエなど、日本人には馴染みの薄い食材も地元柏の食材も取り入れつつ、食べやすく工夫されたお料理を味わうことができるので、初めての方でも安心です。

また、ピエモンテはワインの産地としても有名で、キッコさんでも豊富なワインを楽しむことが出来るので、ぜひお料理とあわせてワインも召し上がって頂きたいと思います。ランチだけではなく、夜もおすすめです!

こちらはなんと、STOVEさんが入るビルの1階にありますので、ぜひ足を運んでみてください。

 

~夜の部~

③【やまん】

7

8

9

お魚料理には定評のあるやまんさん。珍しいお魚を味わうことができます。もちろん、旬の地元野菜も味わえます!

夜の部ということで、お酒の種類も豊富です。

日本酒や焼酎は、人気の銘柄だけではなく、全国の小さい蔵のものも豊富で、お酒が好きな方には特にオススメです。

 

④【たつみ】

10

11

12

フレンチベースの本格的なお料理とワインが楽しめるお店です。

旬の野菜の取り入れ方も見事で、西洋野菜だけではなくどんな野菜も美味しく、洗練されたお料理として提供されているのはさすがです!

カウンター席がメインのお店ですので、お酒やお料理について、シェフにお話を伺うのも楽しみです。

 

今回は、個性的なお店が多い銀座通りのお店をご紹介しました。

柏野菜を食べられるお店、他にもたくさんありますので、第3弾をお楽しみに!

 

~今回ご紹介したお店~

①outdoor grill&cafe STOVEさん

 千葉県柏市柏3-3-18AK BLD.7 2F

 04-7192-8518

②トラットリア キッコさん

 千葉県柏市柏3-3-18 AK BLD.7 1F

 04-7197-3090

③やまんさん

 千葉県柏市東上町2-3

 04-7163-6602

④たつみさん

 千葉県柏市東上町3-3

 04-7162-5528

お問い合わせ先
広報広聴課 / 電話:04-7167-1175 メールフォーム