過去の記事一覧

2018年6月の全ての記事一覧

更新日 2018年6月29日(金曜日)

ニュージーランドラグビー代表、オールブラックスが柏にやってくる~~~!!!

1 

2019年、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。その事前キャンプとして、2019年9月10日から14日まで、ラグビ―の世界ランク1位、ニュージーランド代表のオールブラックスが柏にやってきます!!これって・・・ものすごいことなのです!ビックニュースです!!!あのオールブラックスが柏にやってくるのです。

2

3

そしてその事前キャンプ地決定報告およびプロモーション活動発表会が行われました。ゲストにニュージーランドラグビーCEOスティーブ・チュー氏、ニュージーランドラグビーチェアマンのブレント・インピー氏、そして、ニュージーランドでは英雄である、元ニュージーランドラグビー代表のジョン・カーワン卿がいらっしゃってスピーチしてくださいました。ニュージーランド人にとってオールブラックスがどれだけ誇りあるチームであるか、どれだけ国民に愛と勇気を与えているか、すごく心に響きました。

ニュージーランドでは、コミュニティの一部として、男の子も女の子も幼いころからラグビーをやっており、様々な人種の人たちも言語や肌の色を飛び越えて、ラグビーでコミュニケーションをとり,仲良くなれるケースもよくあるそうです。

4

そんなラグビー王国ニュージーランドの人たちが誰もが憧れる存在,それが、オールブラックスです。その歴史は古く、何十年も前から愛されてきたチームでありますが、今回、柏に来てくださったジョン・カーワン卿によって、さらに愛され尊敬されるチームになったそうです。ジョン・カーワン卿が選手だったときに、選手として人間として、弱い部分を見せつつも英雄になっていく姿を見せたことにより、それまで「男たるもの強くなくてはいけない、弱さを見せてはいけない」というニュージーランド人の考えを変えたそうです。弱くたっていい、それは恥ずかしいことではないし、どん底からも這い上がれるのだと、身をもって教えてくれました。そこからオールブラックスはただ強いだけのチームではなく、人間的に素晴らしい選手が集まるチームになったのです。人種差別をなくそうという呼びかけをしたり、フェアプレー精神を掲げたり、つねに国民から愛され尊敬されるチームになりました。

そんなチームが柏に来てくれるとは、柏のスポーツの歴史において快挙だと思います。ほんの数日ではありますが、どこかで選手と触れ合ってほしいです。そして、柏が選ばれたことに誇りを持ってほしいです。

そして、ラグビーワールドカップの際は、オールブラックスを応援しましょう。試合前に行われる「ハカ」(ニュージーランドのマオリ族の民族舞踊で試合前に選手が踊る)は、それはそれはかっこいいです。挑発的に見えますが、ハカは相手選手への敬意をこめた、これから戦いに臨むための素晴らしい踊りなのでぜひ見ていただきたいです。

オールブラックスフラッグ

柏の街中に今からブラック一色のかっこいいポスターやフラッグなどが飾られています。きっとこれからもっと盛り上がっていくはずです。みなさんもオールブラックスのフラッグなどを見つけてくださいね。

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!

「柏市 ALL BLACKS特設サイト」(外部リンク)

更新日 2018年6月1日(金曜日)

手賀沼エコマラソンはとても魅力的なマラソン大会~一般エントリー開始~

 え1

今年もエントリーが始まりました!第24回手賀沼エコマラソン。今年は10月28日日曜日に行われます。すでに大会に向けて準備が始まっている、手賀沼エコマラソン事務局の方にお話をお伺いしました。

通年にわたり活動している事務局のみなさん。市民エントリーが始まり、一般エントリーもはじまるのでだんだんと忙しくなってきます。

今まで中止になったことはありませんが、昨年は雨がひどく開催が危ぶまれました。そんな中、参加した方はみなさん完走、ボランティアの方も全員参加しました。

2年前にコースが少し変わり、ランナーの皆さんがより走りやすくなりました。また以前から日本陸上競技連盟の公認コースではありましたが、昨年から公認大会になり、連盟に登録しているランナーの方は手賀沼エコマラソンで出した記録が公式記録として認められるようになったのです。この大会で世界記録が出る可能性もでてきました!

え2

公認大会となりましたが、この手賀沼エコマラソンは市民マラソン大会ということを大切にしています。そして3つの大きな目的があります。1.手賀沼の浄化、2.参加者の健康増進、3.地域振興、です。この3つの柱はブレずに守り続けていきたいと事務局長の古川喜一さんは強く想いを話してくださいました。

そして以外と知られていないのが、この手賀沼エコマラソンが、マラソン大会100選に何度も選ばれているということです。運営、参加者ともに認められた大会でもあります。

そして、医務体制が整っていることでも有名です。3か所の救護所、救急車3台待機、もちろん医師や看護師も待機していますが、医師ランナーやポリスランナー、日本赤十字社の救護隊もいます。またボランティアの皆さんにも救護訓練があり、マラソン大会に最も重要な安全安心ということに重きをおいています。

eko

そしてなんといっても手賀沼エコマラソンの魅力はそのコース。手賀沼の豊かな自然を眺めながら、とても走りやすいコースとなっています。また都心に近い大会で、八の字一周コースはあまりないです。大会会場までの交通の便も良いので、ランナーにとってとても良いことづくめです。また初心者の方が走るのにも適しているそうです。

私も会場に行ったことがありますが、ボランティアの方も選手を歓迎、応援してくれ、とても励みになります。ぜひ、企業ボランティア、市民ボランティアの皆さんも募集していますので、興味がある方は大会事務局に連絡してみてください。

え4

6月1日からは一般ランナーの受付がはじまります。

ここ数年でマラソン大会はとても増えましたが、手賀沼エコマラソンでしか味わえない魅力がたくさんあります。陸連に登録しているランナーの方は記録を出しに、初心者の方はマラソンデビューに、ぜひ、今年は走ってみませんか?

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!