過去の記事一覧

2018年4月の全ての記事一覧

更新日 2018年4月6日(金曜日)

盛り上がる相撲のまち柏!!

 す1

実は柏は相撲の街であることを皆さんご存知ですか?柏市中央体育館裏には立派な相撲場があります。そして、週末になると、元気いっぱいの相撲少年少女たちが練習しています。

す2
す16
(柏市相撲連盟 吉田清さん)

この相撲場は、昭和の最後の年に、当時の柏市長を筆頭にいろんな方々の協力があり、柏市の青少年育成のために作られました。土俵開きのときには柏出身の麒麟児関がくるなどして盛り上がりましたが、それから1年近くあまり使用されずにいたようです。そんな状態を見かね、現在の相談役である吉田清さんを中心に柏市相撲連盟が立ち上がり、相撲好きな人や経験者を集め、相撲場が賑やかになっていきました。

す3

(最年少は6歳の女の子)
今では幼児から中学生まで45人ほどが柏相撲少年団に入団し、日々稽古をしています。ここでは、ただ相撲が強くなるだけではなく、人間として何が大切なのかを日ごろの稽古を通じて教えていると、永井明慶代表は言います。また、人前で相撲をとるという人生経験が、日ごろやっていることへの自信や人前で自分を表現し力を発揮することへと繋がると。
一時期は武道離れが深刻化し、稽古にもあまり人が集まらない時期もあったそうですが、ここ近年の相撲ブームや、柏出身の力士の活躍もあり、再び人気となっています。現在、十両 隆の勝 関は柏相撲少年団出身です。ほかにもここの相撲少年団出身でプロの力士になっている方もおり、子供たちの期待の星となっています。

す5
(力士に稽古をつけてもらいました。)
す7
(白鵬関が負けてくれる場面も))
また、昨年初めて柏に大相撲巡業がきたときは、その土俵で力士に稽古をつけてもらうという貴重な体験をし、それらも大きく子供たちを成長させたようです。

はく

横綱 白鵬 関が柏の相撲場に来てくれ、稽古をしてくれたこともありました。環境的にはとても恵まれていますね。

す11
す8
(西島悠来くん)

日ごろの稽古の成果が昨年はまた花開きました。全国クラブ選手権では初の団体優勝を飾り、個人では5年生の部で西島悠来くんが日本一になりました。悠来くんは、お母さんの勧めで幼稚園年長から相撲を始めました。初めて出場した大会で優勝し、嬉しくて相撲を続けたそうです。今年は小学生での最終学年となるのでできる限り大会で優勝していきたい、ゆくゆくはプロの力士になりたいと語ってくれました。ちなみに、悠来くんのお姉さんの西島乙花さんは千葉県代表になり日本一になりました。
また、この相撲場で稽古をしている柏第二中学校の相撲部も全国中学選手権で優勝という華々しい結果を残しました。柏の子供たちがこうして頑張り、結果をだすことにより、柏のスポーツ全体がまた盛り上がります。

す9
相撲の魅力は生で観るとより伝わると思います。あの迫力、臨場感は会場にいないと味わえない!柏にはまた4月18日、19日と大相撲がやってきますので、ぜひ柏市民のみなさんには生で相撲を観ていただきたいです。

す10
柏相撲少年団も入団に興味ある方はぜひ見学に行って体験してみてください。こちらは毎週土・日曜日 9時から稽古します。
相撲の街かしわ。これからもさらにもりあがっていくこと間違いなし。そしてこの少年たちがいつかプロとなり活躍してくれるのが楽しみです!

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!