過去の記事一覧

2018年1月の全ての記事一覧

更新日 2018年1月15日(月曜日)

柏レイソル2018シーズン始動!!

 

1

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

今年もたくさんのカシスポを取材していきますのでどうぞよろしくお願いします。

1月10日に「2018柏レイソル新体制発表会」に行ってきました。

今シーズンも新たな戦力が加わり、より一層攻撃的なサッカーが見られそうです。確実に戦力アップしているなと感じました。

2

特に期待している選手は、背番号10というエースナンバー、大宮アルディージャから移籍してきた江坂任選手。並々ならぬ覚悟、そして自信に満ち溢れているように感じました。具体的な目標も、最低10ゴールという数字を掲げてくれたので、間違いなく即戦力になることと思います。

3

また今年もレイソルアカデミーから4人の選手がトップチームに昇格してきました。下部組織が一体となって選手を育てていくチーム力もますますパワーアップしているようです。

4

そして何より、往年のレイソルサポーターには鳥肌もののニュースだったのが、ヘッドコーチに加藤望さんが就任したことでしょう。加藤望コーチは、レイソルの前身である日立製作所サッカー部に入団し、2004年までレイソルでプレーした、いわば柏レイソルのレジェンド。かつてチームメイトだった下平監督とともにトップチームを支えていくという、サポーターからするとこれ以上ない喜びかと思います。

私が柏レイソルの虜になったきっかけの試合が、2000年のJリーグ最終節の鹿島アントラーズとの試合でした。最終節にまでもつれこんだ優勝争い、0-0の引き分けで目の前にあった優勝を逃した試合です。あれほどまでに悔しくて悲しくて感動した試合は後にも先にもないくらい、今でもあの日の国立競技場の青空が忘れられない試合です。

1999年のナビスコカップ優勝からこの2000年まで、このあたりが第一次レイソル黄金期だと思います。その黄金期を支え、あの日の最終節のベンチメンバーにも、加藤望ヘッドコーチ、下平監督が入っていました。いまレイソルのアカデミーを支えている渡辺毅さんや平山智規さん、酒井直樹さん、根引謙介さんなども、そんな時代を支えていた方々です。

67

(嬉しくて嬉しくてすぐにインタビューさせていただいたお二人)

時代は変われど、歴史は積み重なっていきます。選手やサッカースタイルは違っても、あの頃のレイソルがあるから今に繋がる部分も大きいのではないでしょうか。だからこそ、レイソルの歴史を肌で知っている方がチームに加わり支えていくことの心強さは計り知れないと思います。

力強い新戦力と心強いコーチとともに、2018シーズンのレイソルはさらに進化すること間違いなし!

まずは1月30日のACLプレーオフをしっかり勝利して、柏から世界への第一歩を踏み出しましょう。

新たな歴史の瞬間を今年また見届けるぞ~~~

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!

柏から世界へ!!!