過去の記事一覧

2017年11月の全ての記事一覧

更新日 2017年11月17日(金曜日)

軟式野球・高松宮賜杯で初出場で初優勝した柏のAKIRA!!

 あきら1

 高松宮賜杯61回全日本軟式野球大会で柏市の野球連盟に所属しているAKIRAが千葉県代表として、秋田県で行われた決勝戦(9月25日)で勝利し、全国優勝を果たした!というニュースが飛び込んできました。

2

先日、柏市役所に表敬訪問にきてくださいました。

柏市の軟式野球では、柏市役所や名戸ヶ谷病院など昔から強豪と呼ばれているチームがいくつかあることは知っていましたが、AKIRAというチームは初耳。

東京都日本橋に本社を構える、晃株式会社の中にある軟式野球チームで、実は創部50年をこえる伝統ある社会人野球チームなのです。柏に東葛営業所があったことから、柏市の野球連盟に所属し、市の野球大会などに出場し続けている、柏にゆかりがある社会人軟式野球チームなのです。

ここ数年は、柏市の春季野球大会や秋季野球大会で続けて優勝していて、ついに今年、初出場した高松宮賜杯で全国優勝という快挙を成し遂げました。

3

「この3年くらいでいきなり強いチームとして名前がでてきたように感じるのですが・・」

と失礼ながらも聞いてみると

久保田晃史監督、清水隆弘選手、植田貫己選手ともに大きくうなずきました。

実はここ数年、会社の方針で野球部を強くしよう!と、まずメンバーを少数精鋭の18人にしぼり、2年前に千葉にあったグラウンドをチーム専用として使わせてもらうことになったことで、戦力強化、環境も整い、一気にパワーアップしたそうです。

全国初優勝した今大会では、準々決勝で3点差を8回に逆転したり、軟式野球では珍しく、点がたくさん入る試合が多く、AKIRAの打撃力の強さを感じました。また3日で5試合というスケジュールで相手チームにミスが目立つ中、決勝戦では5-0で完勝とは、かなりの勝負強さもあります。

4

大会MVPの清水選手(捕手)はチームではベテラン。チーム強化している中、自分の年齢でこうして選手として残してもらった以上、選手でいるうちに優勝したいと強く語ってくれました。

5

野球選手としては小柄な外野手の植田キャプテンは、やはり走塁が強みだそうで、まずは天皇杯と国体に出られるチャンスをつかみたい、そこからもっと上位にくいついていきたい、自分たちはまだまだだと控えめに、でもしっかりと前を見据えた目が印象的でした。

6

久保田監督は、選手にまだ見ていない景色を見せてあげたい、そしてもっともっと野球をおしえてあげたいと。

6

AKIRAはまだまだこれから!高松宮賜杯優勝は通過点!ここからさらに全国へAKIRAという名前とともに柏という名前も羽ばたかせてくれるでしょう。

11月26日には柏市野球連盟の秋季大会が塚崎球場などで行われます。ぜひ、柏のAKIRAを観にきてください!!皆さんで柏の軟式野球も盛り上げましょう。

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!