過去の記事一覧

2017年6月の全ての記事一覧

更新日 2017年6月23日(金曜日)

実はラグビーが盛んな街・柏~一般社団法人かしわラグビースクール~

ラグビー1

初夏を思わせるような空の下、朝から子供たちの元気な声が、高田小隣のグラウンドに響いていました。日曜日の朝9時から12時まで、こどもたちのラグビースクールが行われています。

R2

R3

R4

柏でラグビー?と思いながら行ってみると、たくさんのお子さんで賑わっていてとても驚きました。1992年6月に設立され、今年25周年を迎えるかしわラグビースクールは、千葉ラグビー協会、柏市ラグビー協会、ラグビートップリーグと連携した柏で唯一のラグビースクールで、幼稚園の年少から中学生まで126人が所属しています。年々、ラグビー人口は増えているそうで、2019年のラグビーW杯が日本で開催されることもあり、プロを目指している子も多いそう。

R5

プロを目指している1人、小学6年生でチームのキャプテンも務める藤井雄介くんは、お父さんの勧めでラグビーを始めましたが、最初は少し怖く楽しくないかも・・と感じていたそうです。でも、続けていくうちに、ラグビーの魅力、楽しさにはまっていき、今ではプロも視野に入れ11月に行われるラグビー協会主催のNEC杯と、年末からはじまるヒーローズカップで関東代表として予選突破し、優勝することを目標に頑張っています。

R6

円陣

小さなラガーマン

一方で幼児クラスはとても可愛く微笑ましかったです。まだルールを理解するのは難しいですが、使い慣れていない楕円のボールを扱うこと、ボールを後ろに投げること、試合形式でボールを奪うこと。小さいながらもラグビーの基本の練習をしっかり頑張っていました。この日は、4歳の私の息子も参加させていただきました。最初は慣れなくて入っていけなかったのですが、同じくらいの年齢のお友達が「大丈夫だよ、こわくないよ、仲間がいるよ!」と次々に息子を誘ってくれるのです。その光景にびっくり。ラグビーという競技は、結束力が強いとよく聞きますが、それが幼児期から仲間意識としてしっかり根付いていることに感動しました。

女子の姿も

また、東京五輪で女子ラグビーが種目に入ったこともあり、女の子も頑張っていました。これからは女子ラグビー人口も増えていきそうです。

吉田さんインタビュー

コーチ陣をひっぱる吉田意人さんは「ラガーマンに悪い人はいない」と言います。ラグビーは激しいコンタクトスポーツで、怖さに打ち勝っていかなければいけません。子供のころから、自分に勝つ、相手に勝つ、チームに迷惑をかけないということが身についているそうです。

ラグビーボール

ラグビーというスポーツの奥深さ、ラグビーを通して強い精神力がつくこと、仲間意識が芽生えること。ほかのスポーツにはないラグビーならではの魅力をたっぷり知ることができました。

かしわラグビースクールでは、様々なイベントに参加したり、プロ選手と触れ合う機会もあるそうです。2019年のW杯のキャンプ地の誘致に柏市が立候補しています。これが決まれば、またさらに国際的にラグビーと触れ合う機会も増えるでしょう。

ラグビーフェスチラシ

また、6月25日には、柏の葉公園総合競技場で「柏ラグビーフェスティバル2017」が開催されます。みなさんもぜひラグビーの魅力に触れてくださいね。

みんなで集合写真

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!

更新日 2017年6月9日(金曜日)

そうだ!運動しよう!!~柏市「体力年齢診断」~

 いりぐち

先日、柏市の体力年齢診断を受けてきました。いわゆるスポーツテストです。

こういった取り組みがあったことすら知らなかったのですが、出産後からかなり運動不足だし、ものは試しにと半ば興味本位で参加。これが思ったよりもきつく、そして思った以上に楽しかったのです。

kuroiwa

(スポーツ推進委員の黒岩さんにお話を伺いました)

5月27日、柏市中央体育館で開催された「体力年齢診断」。

年2回行われています。柏市スポーツ推進委員の方が運営しており、看護師の方も待機しています。

あん1

体育館に到着すると、笑顔で迎えてもらい、やる気がみなぎります。

あん2

血圧

(血圧が92/68と意外と低いことが判明)

まずは基本的なアンケートを記入し、血圧を測定。そこからいろんな種目のスポーツテストをしていきます。

じゅんび

体を動かす前に、柏市内の民間フィットネスクラブの方々がストレッチや準備体操を一緒にやってくれるので、怪我予防にも。

あくりょく

(握力測定)

よこ

(反復横跳び)

はば1

はば2

(立幅跳び)

じょうたい

(上体おこし)

まえ

(長座体前屈)

握力測定、反復横跳び、立幅とび、上体おこし、長座体前屈と進んでいきます。ちなみに、文部科学省の要項に基づいた全種目をやっているのは全国的にも珍しく、柏はそのひとつだそうです。

し1

(みんな一斉にスタート!)

し2

(徐々に遅れています)

学生の頃にやったのが最後くらい久しぶりの種目ばかり。懐かしさもあり、ゲラゲラ笑いながら楽しくひとつひとつ測定していきました。最後は20メートルシャトルランです。これがとてもきつかった!!20メートルをドレミファの音に合わせて往復していくのですが、その音がだんだん早くなっていくのです。一緒にスタートした同じグループの中で私が1番初めに脱落・・。持久力のなさがはっきり出てしまいました。

終わったあとは、身体も心地よくのびているし、とても爽快な気分で、身体を動かすことの気持ち良さを久しぶりに思い出しました。これだけでもかなり参加した甲斐があると思います。

けっか

1週間ほどで体力テスト結果表というものが送られてきます。ここに記録と評価が書かれています。ちなみにわたしは・・・

5段階中のD、体力年齢は50代という残念な結果。でもこれがまた励みになります。次回またうけると前回との比較も書かれているので、また次回もうけたいなと思います。

明らかな運動不足であることと、それと同時に、運動することの心地よさを知ることができたのでとても良い機会になりました。

しゅごう

運動不足を少しでも解消するために、ちょっと歩くでもいいし、頑張ってジムに通うでもいいし、人それぞれ自分にあったやり方を見つけると良いと思います。また、簡単で楽しめる運動をスポーツ推進委員の支部活動で行われています。柏が発祥のふわどっちやグラウンドゴルフ、ショートテニスなど・・このような活動に仲間と参加するのも良いかもしれません。

第2回目の「体力年齢診断」は、11月26日、柏の葉コミュニティ体育館で行われます。ぜひご参加くださいね!オススメします!!スポーツ推進委員の方が笑顔で迎えてくれますよ。

みんなで運動不足を解消しましょう~。

せ~の!!カシスポ応援したいっっ!!