過去の記事一覧

2017年4月の全ての記事一覧

更新日 2017年4月28日(金曜日)

柏に大相撲がやってきた!~大相撲柏場所・準備編~

 

のぼり

(前日、のぼりをたてているところ)

4月20日、雲一つない春晴れの日に、平成29年度、春巡業、大相撲柏場所が、柏市中央体育館で行われました。

今回は、前日準備までの様子をお伝えします!

ながい

(大相撲柏場所実行委員会・永井明慶実行委員長)

きっかけは実行委員長の永井明慶さんの「生まれ育った柏に恩返しをしたい」という想いから。スポーツを通じて次世代の子供たちに夢をつなげるスポーツマネージメントをされています。自身が柏市中央体育館にある相撲場で相撲をやっていたことなどもあり、相撲を通じて町おこしや貢献をしたいと考えたそうです。

準備に1年かかった大相撲柏場所。とにかく全てが大変だったなか、1番大変だったのが、想像以上にチケットがあっという間に完売したことだそう。ちょうど近隣出身の稀勢の里関が横綱になったタイミングも重なり、嬉しい悲鳴ではありますが、ここまでとは想定していなかったと。また、細かい準備、例えば力士さんが宿泊するホテルをおさえるとか食事はどうするとか、当日の警備はどうするとかなど、問題は山積みでそれをひとつひとつクリアしていったのですが、「とにかく柏の街が大相撲を通じて1つになってほしい」という願いが原動力になったそうです。

なわ

(俵作り)

前2

(体育館全体にシートがひかれます)

前3

(真ん中が土俵になる場所)

まえ4

(枠組み)

まえ6

(土を入れるのは約半分です)

まえ5

(土が入る直前の状態)

つちいれ

(土が入れられていきます)

そして迎えた柏場所前日。会場全体にシートがひかれ、マットがひかれ、2日前に枠組みされた土俵は、前日の朝8時から土が入れられ固められていきました。土は畑に使う荒木田土で、なんと8トン使われています。

たたく1

たたく2

入れられた土を何度もたたいて固めます。この職人技で土を平らに固めるのは呼び出しさんの仕事です。

ほる1

ほる2

たわら1

固まった土俵に円を堀り、そこに小さな俵をいくつか並べて完成です。土俵の大きさは4m55㎝なのですが、思ったより小さい印象でした。

文字4

もじ2

もじ3

もじ5

もじ1

会場のあちらこちらに文字が書かれた紙が貼ってあります。これは、会場を見て、どこに何が必要かを考え、行事さんが書いた相撲文字です。実際に相撲に関わる人たちが準備をしていることに驚きました。

かあさん

(ひとりひとりの席を貼ります)

ざぶとん

(たまり席には座布団)

柏場所はいわゆるマスで席を区切るのではなく、一人ずつ席が区切られていました。この非常に細かい作業をしていたボランティアの方は、柏でちびっ子相撲をやっているお子さんのお母さんたちでした。

会場

うしろ

前日の会場は、いよいよ翌日に控えた本番をどっしりと静かに待ち望んで居るよう。たくさんの方の想いと協力があってここまできた大相撲柏場所。

当日の様子などは、また次回、5月5日(金)にお伝えしますのでお楽しみに!!

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!

更新日 2017年4月14日(金曜日)

柏でテニスの国際大会開催~柏から世界へ!~村松千裕選手~

  てにす

4月1日から9日まで、吉田記念テニス研修センター(以下TTC)で「かしわ国際オープンテニストーナメント2017」が行われました。この大会は、世界を目指す若手選手の登竜門といえる大会で、世界各国の選手が集まり、今年で18回目。

大会中はTTCも国際色豊かになるので、観戦しているこちらも気分が高まります。TTCが千葉県で唯一、国際大会を開催できるのは、もちろんそれが可能な環境が整っていることもありますが、TTCの創立からの理念として「テニスを通じたグローバルな人間育成」を掲げていることも大きいでしょう。また、世界大会を開催するにあたり、たくさんのボランティアの方の協力もあります。いろんな条件が満たされ、柏で国際大会を開催できています。

むら

そのTTC所属で、テニス界の金の卵と呼ばれている若手がいます。

柏育ちの村松千裕選手(18)です。日本体育大学柏高等学校を卒業し、今年の2月にプロに転向したばかり。身長161センチ、左利きの選手。テニス一家に生まれ、小学5年生からTTCに通いはじめ、そのころから全国クラスの選手として活躍していました。

身長161センチと体格的に決して恵まれているとは言えませんが「海外の大きい選手より守備範囲が広く、攻撃も早くなる」と本人も語っているように、小さい身長を活かしそれを武器にして戦っています。

プロになり、練習場所など日常はさほど変わりませんが、意識はだいぶ変わったそうです。「簡単には勝てない世界、もっとプレーの質をあげ、実力、精神力ともにつけていき、勝ちにこだわりたい」と。

昨年行って、経験的に刺激をうけたフランスの大会に今年も行く予定なので、結果によっては活動拠点をフランスへ移すことも視野に入れつつ練習に励みます。

地元開催ということで楽しみにしていたという、かしわ国際オープンテニストーナメントは、結果は残せませんでしたが、これもまた経験として今後に活かしてくれるでしょう。

えがお

「まずはランキングで100位以内に入り、グランドスラムに出場。最終的にはそこで勝ちたい。」

と夢を語ってくれた村松選手。おっとりとした雰囲気の中にも強い想いを感じるその姿に、真の強さがありました。

2

柏で国際大会を行っているTTC、そこに所属する村松千裕選手。

今後の活躍に注目です!!

TTCでは幼児から大人のかたまで楽しめるテニススクールもあります。

詳細はHPまで。

http://www.tennis-ttc.or.jp/(外部リンク)

次回は、大相撲柏場所についてお伝えします。

せ~の!カシスポ応援したいっっ!!