過去の記事一覧

2017年4月の全ての記事一覧

更新日 2017年4月15日(土曜日)

地産地消!地元密着型手作りパン屋さん

今回お話を伺わせていただきましたのは、株式会社ハレビノ 代表取締役の上野 公之さん。

上野さんは約8年間プロデュース会社に勤めておられ、その経験やノウハウを基に起業されました。

その為、大変明確なビジョンと考えを持っていらっしゃる方でした。

 

 1

 

Question 1

なぜ、柏で創業したのでしょうか?

Answer 1

地元が柏なのです。

小さい頃から柏で育って、是非柏で起業したいと思ったから。

30歳くらいの頃から「自分で店を作らないと、自分の店作りはできない」と考え、起業しました。 

 

2

 

Question 2

ファーマーズプロジェクトというものに参画されているそうですが、これは起業前から実施しようと考えていたのですか?

Answer 2

いいえ、起業後ですね。まず、ファーマーズプロジェクトですが、「生産者とともに、地元の新鮮で美味しい野菜の魅力を伝えたい」という思いから、野菜が主役のメニューを提供し情報発信をしながら、飲食店側が生産者と消費者の橋渡しをしていこうというプロジェクトです。

私たちはパン屋なので、サンドイッチを作る時の野菜は開業当初は八百屋から仕入れていました。

しかし、そこで入ってくる野菜は柏産の野菜ではなく、他県からの野菜が多く、鮮度もあまり良くない物でした。

この問題をどうにかしたいと考え、柏の直売所から鮮度の良い野菜を仕入れ、それを活かしたパン作りをしたいと思ってプロジェクトを立ち上げました。

柏は農業が盛んなので、柏の野菜を柏の飲食店が使う事で、農家さんと飲食店、消費者の三者が地産地消をし、幸せになれると考えています。

 

3

お店の前でパシャリ!

「ハレビノ」とは「気持ち良く晴れた日」という意味だそうです!

お店そのものが太陽のように明るく、とても居心地の良いパン屋さんでした。

 

Question 3

これからどういうパン屋になっていきたいですか?

Answer 3

パン屋だから作れるパンを作っていきたいと思っています。

最近、スーパー等でも美味しいパンが売っていて、値段では勝てないですよね。

でも、その値段の差には焼きたてパンであったり、手作りカレーのパンだったり天然酵母のパンであったり、専門店としてのパン屋のこだわりがそこにはあります。

そのお店によって異なるこだわりや違いを大切にしていきたいと思っています。

柏でパン屋のパンが消費されるように頑張っていきたいなと考えています。

 

 4

5

 

店内には何枚もの手書き看板がありました!

ハレビノさんの手作りに対するこだわりが強く感じられました!

 

6

 

店内には広いイートインスペースもあり、取材終了後パンを頂きました。

写真に写っているトースターで食パンを焼きましたが、サクサク食感で非常に美味しくいただけました。

 

今回取材させていただいて思ったことは、上野さんは心の底からパンを愛している人であり、その愛はお客様においしいパンを召し上がっていただくためのこだわりであるということです。

今回のお話の中で、上野さんは「手作りに勝るものはない」とおっしゃっていましたが、私もその通りだと改めて感じました。

また是非美味しいパンを頂きに行きたいと思います。

 

(執筆・写真)辻 大輝

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

ハレビノ

代表取締役:上野 公之

住所:〒 277-0023 千葉県柏市中央2-11-13

Web:http://www.harevino.com/

 

更新日 2017年4月1日(土曜日)

We Love Kashiwa!で地域貢献! 柏商工会議所

皆さん、商工会議所ってご存知でしょうか?

「名前は聞いたことあるけど…」実際にどの様な業務を行っているのかはあまりピンとこないのではないでしょうか?

柏には「柏商工会議所」「柏市沼南商工会」の2つの商工会議所があります。

今回は「柏商工会議所」にお邪魔し、「商工会議所がどの様な所なのか?」「また、どの様な業務に従事されているのか?」について、専務理事の伏野氏に取材しました。

 

Question 1

そもそも、柏商工会議所のミッションは何なのでしょうか?

Answer 1

柏商工会議所の目的として、「中小企業支援」と「地域振興」の2つを掲げています。これらは車の両輪の関係にあり、中小企業が元気になればそれは地域経済の活性化につながり、街が元気であれば企業の活動するフィールドが拡がると考えています。

具体的には柏まつりや手賀沼花火大会など各イベントの運営や地域のイメージアップ事業、個別中小企業への支援、地域経済の活性化等を行っています。

柏市は、住民も事業者も毎年増加傾向で、住民は年間約3,000~5,000人のペースで増えており、柏商工会議所の新規加入会員は、年間200〜250社になっています。新規事業者の方は市外から柏市に事業展開をしにくる方、また柏の地で新規事業を始めようとする創業者の方がいます。

 

photo1

 

Question 2

中小企業の支援事業について具体的に教えてください。

Answer 2

経営発達支援計画では小規模事業者を中心に支援しています。支援対象者には今の自分たちの現状を理解してもらうことから始め、今後どう経営していくのかの計画書を作成してもらいます。しかし、事業者の方は現状を肌では感じていても、書類にまとめあげようとするとうまくいかなくなるのが現状です。そこで私たち柏商工会議所がその書類作成を支援するというわけです。

また、市内約4,000社の柏商工会議所会員企業同士のビジネスマッチング等も行っています。

さらに2年ほど前から対象企業の販路拡大に力を入れています。例えばマル得チケットといった販促用のチラシを会議所の広報紙に無料掲載(※柏商工会議所会員のみ)したり、自社の商品や技術を多くの方に知ってもらうため、展示会への共同出展などの支援策を実施しています。会員企業の中にはこれらの支援により柏市だけでなく、都内進出をかなえた事業成功例もあります。

販路拡大の場は今後も増やしていくつもりです。

 

photo2

 

Question 3

創業支援とはどの様なことをしているのですか?

Answer 3

創業支援事業では主に創業塾というものに取り組んでいます。起業する意思・意欲のある人たちが集い、創業にあたる注意事項や、実際に創業した人のお話、創業成功例などからノウハウを学びます。

また、アーリーステージ(起業間もない状態)にいる事業主への支援(経営支援)も行っています。具体的には国から貰える持続化補助金の申請書類作成等を支援しています。その他にも、創業塾を受講すると会社設立時の登録免許税の軽減など様々なメリットがあります。
この創業塾を卒業した多くの人たちが創業に成功していて、創業率の高さが強みの一つでもあります。

「かしわ起業家物語」のブログでも紹介した「サンフォルテ」や「モビリカ」、「プラントテクノロジー」も創業塾の卒業生です。

 

photo3

 

Question 4

柏市では「先進住環境都市」を将来都市像に掲げていますが、柏商工会議所が目指す「先進住環境都市」とはどのようなイメージですか?

Answer 4

まずは何と言っても住む人にとって快適な街ですね。それから住んでいて気持ちいい、住みたくなる様な街をイメージしています。今後も日本の高齢化は進んでいくでしょう。その時に高齢化に対応できる街として成り立っていたり、外部から新しく入ってくるヒト・企業にとって魅力的な街にしていきたいと思っています。

 

photo4

 

Question 5

最後になりますが、柏商工会議所の強みについて教えて下さい。

Answer 5

私達柏商工会議所は4,000社の会員企業に支えられています。そして、職員が皆、一生懸命に活動しています。柏の街、地域経済が元気になることが、会員企業と商工会議所の連携の成果とも言えるのです。

柏商工会議所はWe Love Kashiwa!の精神のもとに、これからも地域企業の発展ひいては地域経済の活性化に全力を尽くしていきます。

 

photo5

 

取材の後は国から認定された「経営革新等支援事業者」の認定書や、地域文化財の展示品も見させていただきました!

 

photo6

 

普段当たり前の様に生活している街の裏方役を担う機関を取材するという、とても貴重な時間を過ごすことができ、大変勉強になりました。柏の地で学ぶものとして、私もWe Love Kashiwa!の一員になっていこうと思います。

photo7

 

 

(執筆)野尻 拡

(写真)辻 大輝

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

柏商工会議所

会  頭:寺嶋哲生

専務理事:伏野 龍弥

住所:千葉県柏市東上町7-18

Web:http://www.kashiwa-cci.or.jp