過去の記事一覧

2016年11月の全ての記事一覧

更新日 2016年11月15日(火曜日)

かしわ起業家物語とは?

『創業の街・柏』 …「かしわ起業家物語」をはじめます!

 

最近、「XXXの街」ってよく耳にしたり目にしたりしますよね。
皆さんが思い浮かべる「柏」は、何の街でしょうか?

 

色々なフレーズが思い浮かぶかと思いますが、実は柏は270社(千葉県H25工業統計調査)を超えるものづくり企業が集積し、工場や物流拠点、複数の大学・研究機関をもち、インキュベーション施設もある、首都圏でも有数の『創業の街』なのです。

 

企業(事業所)が集中していることで、人材が集まり協働する場も作られ、新たにそこで創業しようとする起業家も増えていきます。
そうすると、オフィスの近くに住む人も増えてきます。
また、企業規模が大きくなってくれば、雇用する人材も増えていきます。
その結果、街に活力が生まれる。
柏はそうやって大きな街へと発展してきました。

 

ですが、起業家たちが柏を選んだのは、単に企業が集積しているメリットからだけでしょうか?
きっと、他にも理由があるはず!
その答えは創業した起業家たちに聞いていくのが一番です。

 

ということで、私たち、麗澤大学経済学部吉田ゼミナールのメンバー一同(8名)が、柏で創業した理由や、柏の街の良さなどなど…について起業家から直接お話を伺い、皆さんへ発信していきます。
学生目線で『創業』を綴る新たなブログ「かしわ起業家物語」をお楽しみください!

執筆者(麗澤大学経済学部吉田ゼミナール)

1
中嶋 広明(リーダー)
2
野尻 拡
3
辻 大輝
4
大島 隼
5
三塚 恵
6
髙尾 美嬉
7
塚原 史子
8
古谷 樹

担当教員:麗澤大学経済学部 准教授 吉田健一郎

2016年現在、多くの地方自治体が自らの街の魅力を人々に発信し、「買う・見る・住む」などのアクションにつなげようとする取組みを行っています。

そのような状況の中、柏市は、発信できる「地域としての潜在的な能力・魅力」を数多く持っていると感じています。
地域に根ざすことを目的の一つとする麗澤大学の一教員として、学生とともに柏市の魅力を皆さんに発信していきます。

担当教員