柏人への道(起業家)

更新日 2017年8月16日(水曜日)

捨てられますか? 自分が育てた野菜で調理した料理を。


 
株式会社 CHATEO Table beet 代表 安生俊一


写真1

 今回取材させていただいたのは、柏市に農園レストランを構える株式会社CHATEOが運営するTable beet代表取締役の安生俊一さんです。
Table beetさんは代表の安生さんがご自分で栽培された野菜を,安生さんご自身が作る料理で頂けると言う、農園レストランになっています。


写真2

写真3

Question 1

  
 柏で創業した理由はなんですか?

Answer 1

    

 地元が柏近辺であったことと、街と田舎が融合する場所であり、お店のコンセプトでもある、農園レストランという考えに街自体が当てはまっていたからです。


写真4

Question 2
 
 なぜ自ら農園レストランを経営しようと考えたのですか?

 
Answer 2   
   

 元々東京都内の洋食店に勤めており、そこで疑問に思うことがあったからです。
 肉や魚などは産地のブランドの影響力が強いことに対して、野菜については「どこの産地であっても、とりあえず用意すれば料理として出せる」という様にブランドの影響力が弱いという考えに疑問を持っていました。

 もし起業前に洋食店で勤めていなければ、この疑問を抱くことができず、Table beetとは全く異なるコンセプトの密集地でキャッチーなお店を経営していたと思います。

  

Question 3

これからのビジョンを教えてください。

Answer 3

 

 新しく2店舗目を展開することよりも、今あるこのTable beetの店舗としての質を向上させたいと思っています。

 例えば、素材を自前で用意して、究極を言えば仕入れをゼロにしたいと考えています。

 他にも、売り物にならない様な傷モノの野菜などを加工できる様な加工所を作り、畑でのムダも少なくしていきたいと考えています。

 更に、経営理念として「何もない所(=ゼロ)から作りたい」と考えています。

 しかし、何もかもゼロから作るには個人レベルでは壁があると感じているため、行政と連携した取組を行う際は自分の考え方や色を出すことができるよう取り組んでいきたいと考えています。

 

Question4

 これから起業される方へのメッセージをお願いします。

Answer 4

  目標を1つ1つ達成する手段をどう選んでいくかで道はどんどん変わっていくので、自分のわがままをどう貫いていくかが大切になるのかなと思います!



 

 

店内は安生さんのこだわりが感じられるインテリアで飾られており、Table beetのロゴや店内の黒板の絵はデザイナーさんに依頼したそうです!

写真5 

 

店内の片隅には安生さんの農園で採れた野菜の販売が行われていました。

その野菜の多くは西洋品種であり、他のレストランにも納品しているとのこと。新鮮な西洋品種野菜をお店や自分の家で食べられるというのは、柏にあるTable beetさんだからこそできるのだと思いました。


写真6

 

安生さんの考えとして

・「0から1にする」

・「古い物に新しい価値を再発見する」

・「ムダをできる限りなくす」

の3点について非常に考えさせられました。

飲食店や家庭での食料廃棄問題が騒がれるこの社会で、この様な考えのレストランは非常に貴重な存在だと感じました。

 

(執筆)辻 大輝

(撮影)吉田 健一郎

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

企業名:株式会社CHATEO

代表者:安生 俊一

Table beet 店舗住所:千葉県柏市中央町7-26 栄マンション1F

Webサイト: http://tablebeet.com/

更新日 2017年8月3日(木曜日)

取り戻せ!!日本のモノづくり!「世界で1つだけのモノづくりへ」


 
今回取材をさせていただきましたのは、デジタルfabスペース「monomos」の代表者:麻生タカシさんです。3Dプリンターでの造形を中心としたお客様への工房スペースの貸し出しや、企業様向けに製品の3D設計、デザイン、試作サンプル作成など幅広く活動されている企業さんです。お話を伺った場所は、「monomos」さんの3Dプリンターなどの機材が置かれているところで、機械が好きな方にとってはとても嬉しい工房をお借りしました。


写真1


Question 1
   起業しようと思ったきっかけは何ですか?また、苦労したことは何ですか?

 写真2

Answer 1   

 以前、玩具業界にて企画、開発、設計、デザインを行う職場に勤めており、そこで学んだ知識と経験を活かし国内モノづくりの拠点を作りたいと思ったのがきっかけです。玩具業界に限らず、今の日本のモノづくりは中国を筆頭にアジア諸国に拠点を置いた海外生産が主となっています、それを国内に少しでも戻していきたい。人件費や原材料の高騰で中国などで、安くモノづくりをできる時代には終わりが見えてきていて、「今のタイミングなら国内生産需要を取り戻せるのではないか」と思い,国内でモノづくりのできる場所を作っていこうと思い始めました。

 苦労した点は、機材の導入です。当初、機材をリースしようと考えていましたが、実績がないと借りられませんでした。そのため、結局自分で購入することになりました(笑)。   

 また、今までやってきたこととは異なる路線なので、お客さんも新規で開拓していかなければというところに苦労しました。



Question 2

 柏を起業する拠点に選んで良かったことはありますか?


 
Answer 2   
  柏で始めて1番よかったことは、創業塾に参加し、そこでたくさんの人と繋がることができたこと。創業塾生というだけでネットワークがしっかりとしており、助け合い精神がすごくてみんないい人ばかりです。

 

(岩村)創業したての頃は人員も少なくとても心細いと思うので、同期がいてネットワークがあり、助け合いができるというのは心強いのだろうなと思いました。

  

Question 3
「monomos」の強みは何ですか?

Answer 3

 「世界で1つだけのオリジナルのモノづくりができる」ことです。他の企業はオリジナルを作るといっても、ロット数がある程度まとまっていないと作れないというところが多いのですが、「monomos」では1つから作成できるので、キーホルダー1つでも対応しているというところが強み。また、今までの知識と経験を活かし、企画から製品になるまでフルでサポートすることが可能。お客様の要望を簡単に具現化する事ができます。 

Question4

 これだけはやりたい!!今後の目標は何ですか?

写真3

Answer 4

 今後の目標は、様々な製品を作る上で特定の機械が必要というものがあるのですが、新しい機械をどんどん導入して「monomos」で頼めば作れないものはないと自負したい。これを5年以内の目標としています。

 今後仕掛けていきたい事は、仲間内でビルを一棟丸々借り、そのビル内にweb関連も含めモノづくりに携わっているクリエイターを招き入れ多数の中小企業、個人事業主が集結している総合クリエイティブスポット的な場所を柏に作っていきたいと思っています。

 

(岩村)今回特別にUVプリンターでオリジナルのモーテルキーホルダーを作っていただきました!!工程をじっくりと観察して身近に体感することができ、作っているところを見るのも初めてなので、とても貴重な体験でした!また、UVプリンターや3Dプリンターを使った製品ができるまでの工程も説明していただきました!

 

写真4

写真5

 

こちらの写真は「monomos」さんで作られたスマートフォンケースやキーホルダーです。オリジナルのモノが作れます。

 

写真6

(岩村)世界で1つだけのオリジナルのモノを作れることはめったにありません。「monomos」さんではたった1つを作ることも、3Dプリンターのデータを作る技術がなくてもフルサポートで対応してくれます。大切な人への贈り物や、記念に世界にただ1つのモノを贈ってみてはいかがでしょうか?

(執筆)岩村京香

(撮影)櫻井幸菜・達川奈央

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

企業名:monomos

代表者:麻生タカシ

本社住所:千葉県柏市南柏1-1-7-403

Webサイト:https://monomos.jp/

更新日 2017年7月18日(火曜日)

柏を盛り上げ、市民の輪を作る「EDGE HAUS」

 

今回お話を伺ったのはEDGE HAUS社代表の油原祐貴さんです。EDGE HAUSさんはカフェや子供レストランをはじめとし、誰でも使うことができるコワーキングスペースの提供やOKUTEGA TOURISMという観光事業などの幅広い事業に取り組んでいる会社さんです。今回はEDGE HAUSさんが運営されている、とてもお洒落なコワーキングスペースでお話を聴かせていただきました。


写真1

観光事業:奥手賀ツーリズム/ OKUTEGA TOURISM

 写真2

カフェ事業:YOL Cafe Frosch

Question 1


   柏で企業をしようと思った理由は何ですか?

写真3

Answer 1

    

もともと柏は、買い物や食事、遊びの場として利用していたので馴染みのある地域でした。私は茨城県出身ということもあって、茨城よりも栄えている柏市に憧れ?のようなものを持っていました。また、大学時代は都内の大学に通っていたのですが、人が多すぎて自分の居場所を感じることが出来ませんでしたが、柏は東京ほど混雑せず、適度にショップなどでの顔なじみの人ができたりと、居場所を私に感じさせくれました。

会社の関係で勤務地が柏になり柏で暮らすことになり、今までよりも柏に密着するようになり、とても魅力的な地域だと思ったのが大きな理由です。


Question 2
 
 柏で起業して良かった点はありますか?

 写真4
Answer 2   
  

東京のような都会だとスケールが大きすぎてムーブメントが起きにくいし、起こしにくい。かといって、田舎だと商売がやりにくいと考えています。その結果、丁度良いサイズで、商売できると判断したのが柏でした。

理解してくれる人や共感してくれる人がおり、その人たちからの支援を得たり、相談に乗ってくれたりと、人脈をフル活用することができました。柏だと、何かをやるときにスムーズにいきやすいというのもよかったことの一つです。

また、当社の事業上、顧客や取引先とも距離が近く、“ありがとう”を直接もらえるので、やりがいを感じる事が出来ます。

  

Question 3

企業を立ち上げるにあたって利用した行政支援はありますか?

Answer 3

 柏市が行う中小企業融資事業の中で,借入金の利息の支援をしてくれる“利子補給制度”を利用しました。

また、起業する前には柏商工会議所に資金のことや事業内容もことなど相談に伺い,駆け出しの企業にとっては心強い後ろ盾となってくれました。

写真5
  
 最後に油原さんからのメッセージです。

柏市では頼り頼られ、色々な人と協力し合い助けられながら活動する事ができるので、

“ありがとう”が身近に感じることが出来ます。EDGE HAUSに興味がある人はいつでも連絡をお待ちしております。インターンやアルバイトに関する事でもいいので興味のある人はいつでもきてください。お待ちしております。

写真6

  

 

精力的に活動しているEDGE HAUS社代表の油原さんは、カフェ事業や観光事業、コワーキングスペースの提供などを通じて、この先もより一層柏市を盛り上げていってくれると思います。油原さんが行っていく今後の活動に取材班一同、とても期待しています!

 

(執筆)櫻井幸菜

(撮影)達川奈央・岩村京香

 

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

EDGE HAUS

代表社員:油原祐貴

本社住所:千葉県柏市東上町2-28 第1水戸屋ビル3階

Web:http://www.edgehaus.jp/

 


更新日 2017年7月3日(月曜日)

柏から世界!?ネパールと日本をつなぐ架け橋に!

  

 今回取材させていただいたのは、「世界と日本を繋げる」をテーマとしたリンクガーデンの星野公昭さんです。星野さんは柏商工会議所が主催し,柏市が支援する創業塾の第5期卒業生で、現在はWebの仕事をしながら、ネパールの紅茶を仕入れるため直接出向き、自分の目と舌で品質が高いと判断した茶葉を仕入れ、販売されています。

・そもそもなぜ海外に目を向けたのか?

・ネパールの紅茶に目を付けたのか?

などについて紹介していきます。


写真1

 

Question 1


   どうして海外に目を向けるようになったのでしょうか?また、ネパールの紅茶がどのように繋がるのかを教えてください。

Answer 1

   

 ちょっと話がそれますが、僕、マカロンが大好きなんです。当時、色々な人にマカロンを作って持っていったりしていました。そんな中、東日本大震災が起き、当時学生だった僕は就活そっちのけで、宮城県の気仙沼市でボランティアをしていました。そこでは海外の方々と出会う機会が多く、『海外ってどんな場所かな?』と興味を持ち始めたんです。そこから海外に行く方々と知り合いになり、会社員になって2年たったとき海外に行きたいという気持ちが強くなり、3年目に会社をやめました。そのとき、ただ単に海外に行く・・・のではなく、目的を持った旅とかしたいなと思い・・・大好きなマカロンとそれに合った紅茶を探そうと『マカロンと紅茶の旅』を始めたんです。今思えば少し無茶だったかも(笑)。半年間、9カ国を巡りながらご当地マカロンを食べ歩きながら、マカロンに合う紅茶を探しに様々な紅茶農園を巡りました。その中で一番好きになった国がネパール。早速、紅茶農園を営んでいるオーナーさんに対して、日本でいうところの飛び込み営業をしつつ、品質の高い茶葉を栽培している紅茶農園と契約することができました。

 

 様々な経験を通して、海外と接する機会が増え、海外に目が向かっていったんですね。実際の茶葉を拝見しましたが、とてもおしゃれなパッケージに包まれ、茶葉は一番茶でとても爽やかで、言葉では表現できないくらいにとても良い香りがしました。

 写真2

 



ネパールのオーガニック紅茶を見させていただきました!

初めてみる茶葉の大きさで、ファーストフラッシュという初摘みの紅茶だそうです。

飲んでみたところ渋みとエグ味がなく、とても美味しく、香りはお湯を注ぐ前と異なり、日本茶と紅茶が混在するような不思議な香りがしました。皆さんに香りが伝えられず、とても残念><

写真3

星野さんに紅茶農園の様子を写真で見せていただきました。

写真4

写真5

Question 2
 
 まだ会社を設立されていないとのことですが、設立される予定はありますか?

写真6

Answer 2   
 今年の秋までにします。

 まずは、ネット販売を行い、日本中の方に購入していただく仕組みを作っています。近いうちに小売販売や路面店でカフェの運営もできたらと考えています。

 いずれ・・・いや、5年以内にはネパールの紅茶と言ったら僕だと多くの方に純粋想起してもらいたいです。また、ネパールで何かビジネスをする(始める)若い人たちがいたら窓口になれると面白いと思っています。

 そして、会社を設立するなら「柏」と決めていました。僕自身、柏出身で(ちなみに幼稚園は麗澤幼稚園だそうです)、柏が好きというのが大きな理由です。また、創業塾の卒業生は市内で株式会社を設立する際の登記にかかる登録免許税の軽減を受けられるので、この制度も利用させていただく予定です。

写真7

 ネパールに対しての思いを伝える星野さん。特にネパールの田舎が好きだそうで、「知り合いの人の家に行ったときは誰かしらいつも人が来て紅茶を飲みながら談笑する」、そんなのんびりしている感じが好きとおっしゃっていました。  

写真8

 


 

星野さんはもともと日本と海外とを繋げる、伝える仕事がしたいと学生時代から思っていたそうで、その夢を少しずつ現実に変えていったそうです。

また、

・すぐにどこにでも行けるような仕事のスタイルで仕事をやる。

・自分の範囲以内でやりたいことをやりきる。

・可能性を潰さず、無理だと思わない。

・やりたいことにたいしては実際にそこに行ってみる。

・経験してみる。だからこそこれからもネパールには足しげく通いたい。

と仰っていました。

 

今回初めてのインタビューでとても緊張しましたが、星野さんは気さくな方でとても話しやすく初めてインタビューした方が星野さんで良かったと思いました^^

ネパールでの写真や動画を見せてもらい、取材をしていてとても楽しかったです。本当にネパールが好きというのがよくわかりました。

 

また、7月11日にかけて、タイとネパールに行くそうです。
ネパールでは現地で2番茶のテイスティングと茶園巡りをするそうなので、これからも目が離せません!

 

星野さんへの取材を通して、『目的をもって旅に出る』『能動的に自分から動くと上手くいく』ことの重要性が大変よくわかりました。星野さんのようなアントレプレナーが起業の地として選んだ柏で、星野さんのマカロンと紅茶をいただける日がくるのがとても楽しみです♪

 

(執筆)達川奈央・岩村京香・櫻井幸菜

(撮影)達川奈央・櫻井幸菜

 

 

 取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

 名称: link garden(リンクガーデン)

 名前: 星野 公昭

 Web:ネパール紅茶のHPhttps://linktea.jp/

               星野公昭のブログ  https://link-garden.jp/







 

更新日 2017年6月15日(木曜日)

女性が集う憩いの場カフェ“ユーモレスク”

 今回お話を伺わせていただいたのは、株式会社CIRCLE代表取締役、カフェ『ユーモレスク』オーナーの中橋達也さんです。中橋さんは学生時代に、周りとは違う自分の特化したものを見つけるため、卒業後、1年弱アメリカに語学留学をし、ダブルワークをしながら、数年バックパッカーとして主にアジア諸国を巡りました。そして、会社員を経て、当時の経験、経営者になるという憧れを追い求め、2017年4月23日に自らのお店、カフェ『ユーモレスク』をオープン。

写真1


 

 

 

Question 1


  柏でカフェを起業しようとしたきっかけは何ですか。

Answer 1

   自宅が柏市ということと、自分の生きている場所が柏にある以上、柏でお店を開きたいという強い願望がありました。

そして、“仕事とプライベートはしっかり分けたい”という気持ちがあり、自宅とは別の地域である光ヶ丘にオープンしました。光ヶ丘に決めた理由は、一定の交通量があるにもかかわらず、飲食店が少ない点に気付いたからです。

 なぜ、カフェだったのかといえば、「国籍問わず」「老若男女問わず」、誰でも気軽に立ち寄れる空間を創りたかったからです。ある人は読書をしながらコーヒーを飲み,ある人は楽しい会話をしながらの食事を,また,ある人はほっと一息するために紅茶を飲むなど様々な世界がカフェにはあると思ったからです。カフェは専門店とは違い様々な動機で人が来店しやすい(敷居が低い)という環境があるからです。 


Question 2
 
 
お店のアピールポイントを教えてください。


写真2



Answer 2
  
 

とても個性的で優秀な姉妹のシェフとバリスタがいることです。

現在のメニューの特に欧風カレーや長ナス1本のトマトパスタとコーヒーはお客様からご好評を戴いております。

さらに、店内に飾られている絵や、お店のロゴは、姉妹が私の友人のイラストレーターと何度も打ち合わせてできた素敵な作品です。店内の構造も、キッチンの中がすべて見えるようになっていたり、大きな窓から光が差し込んだり、テラスには植物がいっぱいあったりして、お店の内装や什器などすべて姉妹が構成したものです。女性の心を掴める空間ができ、全体的なお店の印象として雰囲気はとてもよいかな、と私は思います。


Question 3 

 メニュー等へのこだわりは何ですか?


写真3

Answer 3 

  

 オーダーを受けてから、シェフが料理をつくることです。いわゆる「あっためるだけ」や「焼くだけ」といった料理は提供していません。そのため、オープン前から並んでくださるお客様が多くいるときには、少しお時間をいただきますということの了承を得ることがあります。その分、一つ一つ丁寧に美味しさにこだわった料理を提供することを心がけています。

  これからは、お客様のニーズに応えるべく営業時間の変更や、新メニューの開発やテイクアウトを行っていきます。また、店内にディスプレイしている食器や家具、コーヒー豆などについて、「販売しないのですか?」という声も多く戴いておりますので、物販もできるだけ早く始めたいと考えております。


写真4

 

今回の取材から、中橋さんの”人は誰かに支えられて生きている”、“人を大事にしたい”という「人と人とのつながり」を大切にしている気持ちや、同氏の明るい性格が2人の姉妹にも伝わっていて、とても良いお店だなという印象を受けました。

中橋さんが理想を形にするカフェ「ユーモレスク」。そのような大事な想いがたくさん詰まったお店が柏に、しかも私たちの大学の近くにあるなんてとても嬉しく、温かい気持ちになりました。

 

あ・・・もちろん、フードやドリンクも美味しかったですよ♪

 

 

(執筆) 古谷樹・五井佑莉

(撮影) 辻大輝

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

株式会社CIRCLE  代表取締役

カフェ『ユーモレスク』  オーナー

中橋  達也

住所:千葉県柏市光ヶ丘3丁目5番14号


 

お問い合わせ先
広報広聴課 / 電話:04-7167-1175 メールフォーム