柏人への道(起業家)

更新日 2017年6月15日(木曜日)

女性が集う憩いの場カフェ“ユーモレスク”

 今回お話を伺わせていただいたのは、株式会社CIRCLE代表取締役、カフェ『ユーモレスク』オーナーの中橋達也さんです。中橋さんは学生時代に、周りとは違う自分の特化したものを見つけるため、卒業後、1年弱アメリカに語学留学をし、ダブルワークをしながら、数年バックパッカーとして主にアジア諸国を巡りました。そして、会社員を経て、当時の経験、経営者になるという憧れを追い求め、2017年4月23日に自らのお店、カフェ『ユーモレスク』をオープン。

写真1


 

 

 

Question 1


  柏でカフェを起業しようとしたきっかけは何ですか。

Answer 1

   自宅が柏市ということと、自分の生きている場所が柏にある以上、柏でお店を開きたいという強い願望がありました。

そして、“仕事とプライベートはしっかり分けたい”という気持ちがあり、自宅とは別の地域である光ヶ丘にオープンしました。光ヶ丘に決めた理由は、一定の交通量があるにもかかわらず、飲食店が少ない点に気付いたからです。

 なぜ、カフェだったのかといえば、「国籍問わず」「老若男女問わず」、誰でも気軽に立ち寄れる空間を創りたかったからです。ある人は読書をしながらコーヒーを飲み,ある人は楽しい会話をしながらの食事を,また,ある人はほっと一息するために紅茶を飲むなど様々な世界がカフェにはあると思ったからです。カフェは専門店とは違い様々な動機で人が来店しやすい(敷居が低い)という環境があるからです。 


Question 2
 
 
お店のアピールポイントを教えてください。


写真2



Answer 2
  
 

とても個性的で優秀な姉妹のシェフとバリスタがいることです。

現在のメニューの特に欧風カレーや長ナス1本のトマトパスタとコーヒーはお客様からご好評を戴いております。

さらに、店内に飾られている絵や、お店のロゴは、姉妹が私の友人のイラストレーターと何度も打ち合わせてできた素敵な作品です。店内の構造も、キッチンの中がすべて見えるようになっていたり、大きな窓から光が差し込んだり、テラスには植物がいっぱいあったりして、お店の内装や什器などすべて姉妹が構成したものです。女性の心を掴める空間ができ、全体的なお店の印象として雰囲気はとてもよいかな、と私は思います。


Question 3 

 メニュー等へのこだわりは何ですか?


写真3

Answer 3 

  

 オーダーを受けてから、シェフが料理をつくることです。いわゆる「あっためるだけ」や「焼くだけ」といった料理は提供していません。そのため、オープン前から並んでくださるお客様が多くいるときには、少しお時間をいただきますということの了承を得ることがあります。その分、一つ一つ丁寧に美味しさにこだわった料理を提供することを心がけています。

  これからは、お客様のニーズに応えるべく営業時間の変更や、新メニューの開発やテイクアウトを行っていきます。また、店内にディスプレイしている食器や家具、コーヒー豆などについて、「販売しないのですか?」という声も多く戴いておりますので、物販もできるだけ早く始めたいと考えております。


写真4

 

今回の取材から、中橋さんの”人は誰かに支えられて生きている”、“人を大事にしたい”という「人と人とのつながり」を大切にしている気持ちや、同氏の明るい性格が2人の姉妹にも伝わっていて、とても良いお店だなという印象を受けました。

中橋さんが理想を形にするカフェ「ユーモレスク」。そのような大事な想いがたくさん詰まったお店が柏に、しかも私たちの大学の近くにあるなんてとても嬉しく、温かい気持ちになりました。

 

あ・・・もちろん、フードやドリンクも美味しかったですよ♪

 

 

(執筆) 古谷樹・五井佑莉

(撮影) 辻大輝

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

株式会社CIRCLE  代表取締役

カフェ『ユーモレスク』  オーナー

中橋  達也

住所:千葉県柏市光ヶ丘3丁目5番14号


 

更新日 2017年6月1日(木曜日)

まくらビジネス~“柏”から私たちの眠りを支える夢まくらを発信する~

 今回、取材させていただいたのは、「まくら株式会社」代表取締役の河元 智行さんです!

 社名にもあるように、河元さんが主に取り扱っているものは、「まくら」です。そのこだわりのつまった「まくら」と会社について紹介していきます。




写真1

写真2 

 

Question 1

 「まくら」でビジネスを始めようと思ったきっかけを教えてください。

Answer 1

 大学卒業後、家電量販店で携帯電話販売の仕事に就きました。そのころに、使用していた「まくら」が自分に合わず首を痛めてしまいました。

 そこで、「まくら」の性能や適性について疑問を抱くようになり、まくら選びについて考え始めました。

 そして、同じような疑問を抱く人々のために、ホームページや掲示板を設立し、意見交換をしているうちに、「自らまくらを作る」というところまで行きつきました。

 2004年に「まくら株式会社」を設立し、7年後、スタッフの増加に伴い、ビジネスチャンスを広げるためにも柏に移転し、本格的にビジネスをスタートしました。

 

写真3

写真4


Question 2

 移転先を柏に決めた理由を教えてください。

Answer 2  

 一番大きい理由としては、我孫子で育った者としての「柏=都会」という憧れです。私たちは、ネットショッピングがメインですが、企業様との取引もあるので、オフィスの立地は、“都会でアクセスしやすい”といったイメージが大切になってきます。

 また、従業員のほとんどが、柏周辺在住のため、そのような配慮もしました。

 実際、商品開発からサイトの運営、メディア開発などすべての業務を柏のオフィスで行っています。そのため、社員同士の連携もスムーズですし、一体感が生まれます。今後もより良いものが生まれやすい職場環境づくりに力を入れていきます。


Question 3

「まくら株式会社」の強みを教えてください。


Answer 3
 

 あらゆる角度から、「まくら」に携わっていることです。例えば、「まくら」をオーダーメイドしている有名企業や製造・販売元とお客様との仲介役となるサイトを運営したり、カタログ通販への卸売りを行ったりと様々なビジネス展開をしています。

 また、社員とのコミュニケーションも大切にしているため、あえて社長室は設けずに、対等な立場で業務に取り組んでいます。

 このように、常に新しい商品を生み出し、お客様1人1人にマッチングするこだわり抜いた「まくら」の開発をしています。

写真5

写真6


 Question 4

 最後に、「まくら」に対する思いや、今後の目標について教えてください。

 Answer 4 

 私たちは、【まくらは人生の“パートナー”】と捉え、約100年後まで見据えています。理由は、一生のうち、日々の時間を積み上げると平均20年弱は、「まくら」に触れているからです。その上、触れているのは体の中でも重要な顔周辺です。

 そして、人間の睡眠欲がなくならない限り、「まくら」がなくなることもありません。毎日利用する「まくら」を、一人ひとりの理想に応えられるよう、追求し、最高のパートナーを見つけてもらうことが目標です。また、「まくら株式会社」としては、皆さんの生活をより豊かにするため、「まくら」のように陰ながら支える会社を目指しています。いうなれば、【日本のまくら】のような感じですね(笑)

 (執筆)奈良崎真人・古谷樹
 (撮影)五井佑莉
 

 

 取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

 まくら株式会社

 代表取締役:河元 智行

 住所:千葉県柏市柏4-8-14 染谷ビル4F

更新日 2017年5月15日(月曜日)

柏で活きた○○を?!イカした和モダン割烹『いっか』

 今回、取材させていただいたのは、株式会社「いっか」(活イカ料理 割烹)代表取締役の芳村 剛さんです!

  芳村さんは、18歳で料理の道へ進み、「30歳で独立したい」という夢を叶えるべく、都内のホテルで修業を積み、31歳で念願であった自分の店「いっか」を地元、柏で創業しました。

 今年で創業10周年を迎えます。そんな芳村さんの思いがたくさん詰まった自慢の店「いっか」について紹介していきます。

 写真1


Question 1

店名「いっか」の由来と、メイン食材をイカに決めたきっかけはなんですか?

写真2

 

Answer 1

  10年ほど前、まだホテルで修業をしていたころです。私が家族と行った福岡旅行の際、地元の人の勧めで佐賀にも足を運びました。そこで食べた、新鮮で透明なイカのおいしさに感動し、多くの人に味わってもらいたいと思い、独立するときのメイン食材に決めました。

 当時、透明なイカといえば、漁港付近や海沿いの地域でしか食べられず、生簀トラックも主流ではありませんでした。

 しかし、戻ってすぐ、ホテルの料理長に相談し、3週間程、長崎までイカの勉強をしに行きました。そこから数年して、独立。店名はメインの食材であるイカを文字って「いっか」と名付けました。

 

写真3


Question 2

柏で、「いっか」を創業した理由はなんですか?


Answer 2
  

 一番大きな理由は、育った地ということです。中学生の時に、引っ越してきてからずっと柏に住んでいますが、言葉では言い表せない魅力があります。修業時代は、都内のホテルまで通い、銀座や板橋などでも仕事をしましたが、あまり魅力は感じず、やはり「独立するなら柏で」と考えていました。

 他にも、人が多い・通勤が楽・知り合いが多いなど様々な理由はありますが、とにかく、自分が育った地元の人たちに、自分が持てる最高の味を食べてもらいたいという気持ちが強いです。

写真4


Question 3

イカ好きの芳村さんが大切にしている心とは何ですか?


Answer 3
 

 私が、こだわっている点は、主に3つです。

 ①イカへのこだわり
  私が初めて食べた、透明で甘いイカ。あの感動を、お客様にも体感していただくために、上は北海道から、下は長崎まで、日本全国のおいしい新鮮なイカを生簀トラックで届けてもらい、調理する寸前まで、店内にある水槽で飼育しています。

 写真5

 ※これは、「薄造り」と言って、ふぐにも用いられる切り方で、極限まで薄く切りイカの透明感と甘さ、美しさを最大限まで引き出しています。

 

②最高のイカを完成させるための「器と盛り付け、召し上がり方」
 器は季節ごとに選び、盛り付けも写真のようにイカをきれいに並べ、器の色や模様まで楽しんでいただくと同時に、イカの透明度を実感していただけます。
 また、全ての部位を刺身で食べていただくのではなく、部位ごとに異なる調理法を施すことで、飽きが来ることなくイカの全てを味わっていただけます。

 写真6

 ※イカのお造りを目でも楽しむことができる点に、芳村氏のこだわりを感じました。

 

③こだわりのイカと一緒に楽しんでいただくための「酒」
 イカがメインではありますが、そのイカ料理とともに日本酒を楽しんでいただきたいので、お酒にもこだわっています。ちなみに、2020年 東京オリンピック 公式乾杯ドリンクの候補にも挙がっている、「八海山 スパークリングあわ」も取り扱っています。

 

 最後に、共通して大切にしていることは、「人とイカと酒のつながり」です。 

 そのつながりを、維持するために欠かせないことが、「イカへの追求」です。日々、試行錯誤を繰り返しながら、よりイカのことを知り、オリジナリティの高い料理を作り、お客様に、よりおいしく召し上がっていただくための追求を続けています。

 写真⑦

 ※とても素敵な店構え。あ・・それだけでなく、芳村さんもかっこよかったです!

 

 実は今回,私たち2人は初めての企業取材だったこともあり、とても緊張していました。

 しかし、芳村さんはとても気さくな方で、お店にも明るく出迎えてくださり、リラックスして取材ができました。

 従業員の方々との関わりも大事にされていて、芳村さんが求めている人との繋がりが全面にでていると感じました。業績は大変好調で日々多くの常連さんで賑わっているようです。常連さんが集う理由もやはり、芳村さんの人柄にあると感じました。

 このような方が創業するまちとして選んだのが「柏」。きっと来て見て感じることができる魅力が柏にはあると確信した取材でした。

 

 

 

(撮影・執筆) 奈良崎真人  五井佑莉

 

取材対象企業の基本情報 (記事執筆時点)

株式会社 いっか

代表取締役 : 芳村剛

住所 : 千葉県柏市柏4-11-16 1F

 

更新日 2017年5月1日(月曜日)

本場の製法にこだわりを持つ、イタリア料理店

今回お話を伺わせていただいたのは、イタリア料理店「トラットリアキッコ」オーナーシェフの渡邊秀和さん。

自分の思いが詰まったお店を開業したいという夢から、お店を始めたという、渡邊さん。インタビュー中も、開業した今が充実していらっしゃるのが、ひしひしと伝わってくるほど生き生きと話してくださいました。

1

 

Question 1

なぜ、柏で起業しようと思ったのですか?

そして、柏で起業してメリットなどはありましたか?

Answer 1

北イタリア、ピエモンテ州のレストランで修行して、日本に帰ってきてからまず、東京のレストランで修行しました。シェフをやっている限り、夢であり目標であったのが自分の店を持つことでした。その時に候補にしていたのが、自分の地元である三重県と奥さんの地元である千葉県柏市でした。その2つを比べた際、柏の方が自分の料理の方向性に対する需要が高いと思い、柏で起業しようと決断しました。

起業するにあたって、柏商工会議所主催の柏創業塾の1期生として学び準備を進めました。創業塾には起業という同じ目的を持つ、いろいろな職種の方がいらっしゃったので、講師からの指導に加え、受講生からも多くの刺激を頂いたり、さらには、いい情報交換の場ともなりました。そこでの交流は現在の営業に至っても大きく役立っています。開業にあたって助成金をもらうための資料作りのサポートもしてもらいました。

Question 2

開業してからお客様に来てもらうためにどのような工夫をしましたか?

Answer 2

開業時、レセプションを開き、まずお店を知ってもらうことに努めました。さらにホームページの作成、SNSの活用などにも力を入れました。ターゲットの絞り込みをしたことも集客につながったと思っています。顧客層を40~50代の子育てが終わられた時間にゆとりのある女性やシニアのご夫婦といった方々が中心と考えましたので、お店の雰囲気もゆっくりとお過ごし頂ける大人の空間づくりを心掛けました。

Question 3

今現在、大事にしていることを教えていただけますか?

Answer 3

早いものでこの6月でオープンしてから3年目を迎えます。この間にたくさんの常連のお客様に支えられてまいりました。月に何度も足を運んで下さるお客様に、マンネリ化されてしまわぬよう、常に料理で新たな感動を与えられるように、季節の食材を積極的に取り入れつつ、料理への研究心を忘れないようにしていることです。

2

Question 4

では、最後にお店のこだわりを教えてください。

Answer 4 

長年過ごした北イタリア、ピエモンテ地方の郷土料理を中心に、本場のイタリア料理と地域一の品揃えを誇る豊富なイタリアワインの提供。アンティークに囲まれたこだわりの内装やワインセラーを眺めつつ、大人の皆さまに、ゆっくりと優雅な時間をお過ごし頂けるようなお店づくりです。

3

3

お店の前でパシャリ(この画像、ゼミの先生やゼミ生から「夫婦みたいだね」と言われました^^;)

 

今回取材させていただいて、イタリア料理へのこだわりをすごく感じました。他のジャンルの和食の料理人と話したりすることで、なにかヒントを得ようとしたり、違う考え方ができたりするというお話を伺い、そのようなところからも何かを得ようとする料理への探求心がまだまだある方なのだなと、驚かされました。いつか、私も本場のイタリア料理をいただきに行きたいなと感じました。

 

(撮影)辻 大輝

(執筆)塚原 史子

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

トラットリア キッコ

オーナーシェフ:渡邊秀和

住所:千葉県柏市柏3-3-18 AK BLD.7 1F

Web:http://trattoria-chicco.com/

更新日 2017年4月15日(土曜日)

地産地消!地元密着型手作りパン屋さん

今回お話を伺わせていただきましたのは、株式会社ハレビノ 代表取締役の上野 公之さん。

上野さんは約8年間プロデュース会社に勤めておられ、その経験やノウハウを基に起業されました。

その為、大変明確なビジョンと考えを持っていらっしゃる方でした。

 

 1

 

Question 1

なぜ、柏で創業したのでしょうか?

Answer 1

地元が柏なのです。

小さい頃から柏で育って、是非柏で起業したいと思ったから。

30歳くらいの頃から「自分で店を作らないと、自分の店作りはできない」と考え、起業しました。 

 

2

 

Question 2

ファーマーズプロジェクトというものに参画されているそうですが、これは起業前から実施しようと考えていたのですか?

Answer 2

いいえ、起業後ですね。まず、ファーマーズプロジェクトですが、「生産者とともに、地元の新鮮で美味しい野菜の魅力を伝えたい」という思いから、野菜が主役のメニューを提供し情報発信をしながら、飲食店側が生産者と消費者の橋渡しをしていこうというプロジェクトです。

私たちはパン屋なので、サンドイッチを作る時の野菜は開業当初は八百屋から仕入れていました。

しかし、そこで入ってくる野菜は柏産の野菜ではなく、他県からの野菜が多く、鮮度もあまり良くない物でした。

この問題をどうにかしたいと考え、柏の直売所から鮮度の良い野菜を仕入れ、それを活かしたパン作りをしたいと思ってプロジェクトを立ち上げました。

柏は農業が盛んなので、柏の野菜を柏の飲食店が使う事で、農家さんと飲食店、消費者の三者が地産地消をし、幸せになれると考えています。

 

3

お店の前でパシャリ!

「ハレビノ」とは「気持ち良く晴れた日」という意味だそうです!

お店そのものが太陽のように明るく、とても居心地の良いパン屋さんでした。

 

Question 3

これからどういうパン屋になっていきたいですか?

Answer 3

パン屋だから作れるパンを作っていきたいと思っています。

最近、スーパー等でも美味しいパンが売っていて、値段では勝てないですよね。

でも、その値段の差には焼きたてパンであったり、手作りカレーのパンだったり天然酵母のパンであったり、専門店としてのパン屋のこだわりがそこにはあります。

そのお店によって異なるこだわりや違いを大切にしていきたいと思っています。

柏でパン屋のパンが消費されるように頑張っていきたいなと考えています。

 

 4

5

 

店内には何枚もの手書き看板がありました!

ハレビノさんの手作りに対するこだわりが強く感じられました!

 

6

 

店内には広いイートインスペースもあり、取材終了後パンを頂きました。

写真に写っているトースターで食パンを焼きましたが、サクサク食感で非常に美味しくいただけました。

 

今回取材させていただいて思ったことは、上野さんは心の底からパンを愛している人であり、その愛はお客様においしいパンを召し上がっていただくためのこだわりであるということです。

今回のお話の中で、上野さんは「手作りに勝るものはない」とおっしゃっていましたが、私もその通りだと改めて感じました。

また是非美味しいパンを頂きに行きたいと思います。

 

(執筆・写真)辻 大輝

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

ハレビノ

代表取締役:上野 公之

住所:〒 277-0023 千葉県柏市中央2-11-13

Web:http://www.harevino.com/

 

お問い合わせ先
広報広聴課 / 電話:04-7167-1175 メールフォーム