柏人への道(起業家)

更新日 2017年11月22日(水曜日)

女性だけじゃない、女性用下着のお店です

  今回お話を伺わせていただいたのは、女装用下着を中心としてトールサイズのランジェリーを扱うネットショップの『フリージア』代表の西澤由美さんです。西澤さんは「あったらいいながきっと見つかる」をキャッチコピーとして、店頭ではほとんど売られていない大きめのサイズの下着をオンラインで販売しています。

 本日は,たまたま柏高島屋で催されていたハロウィンイベントで商品を出品されていたので、イベントブースでの取材となりました。

写真1 

一番右が西澤さん

Question 1


トールサイズの下着というとかなりニッチですが、この事業分野で起業をしようとしたきっかけは何ですか。
   

Answer 1  

2年前までは正社員として働いていましたが、実は…その傍ら、ランジェリーを商材とした副業もしていました(汗。副業の収入が本業を上回り、忙しくなってしまって、体調を崩してしまったことを契機に、2015年12月に退社し、トールサイズの下着のネットショップ一本に絞りました。

「なぜ、トールサイズの下着」に目をつけたのかというと、娘の身体が大きく、娘に似合う下着がなかなか無い! というのがきっかけでした。ですから、きっかけとしては結構いきあたりばったりだったかも(笑)。そんな理由でスタートしたので、仕入れ先を探すことからでした。詳細を聞ける方もいなかったし、自分の足で探しました。

2016年1月に柏商工会議所主催の創業塾に入り勉強して、素人に近い状態からスタート。商工会議所の方に教えてもらいながら何とか起業できました。創業塾は起業したい人にとっては本当にオススメですね。創業塾を受講することで、登録免許税の減免や融資を受けられますし。
 

 

Question 2
   起業して良かった・悪かった点を教えてください。 
 写真2
Answer 2   
     

やっぱり一番良かったのは「自由がきく、そして、稼げるだけ稼げる」こと。やりたいだけ収入を得られるし、時間も自由にやりくりできる。サラリーマン時代は上限がきまっていましたし、組織の一員ですからそんなに自由にはできません。悪かったことというのは特に無いのですが、全て一人でやらないといけないため、福利厚生などの目に見えていない会社が負担していたものが増えたり、年末調整などの事務処理を行ったりが大変です><

なお、当初、リアル店舗を構えようと考えていたのですが、かなり内装費用などがかかる見通しだったため、ネット販売だけでいくことを決めました。この種の商品を扱ってみてわかったことですが、店頭よりもネットの方が買いやすいという声をいただいています。ネットだけにしたのが良かったと感じている。 

写真3

Question 3
男性の顧客がかなり増えたとのことですが?

Answer 3

当初は想定していなかったのですが、男性からの反応が大きく、「可愛く女装したい男性」からの注文が増えてきました。今では、男性が買いやすいように男性向けのコピーを考え、プロモーションを行っています。

特別なサイズを扱っているので、サイズに関するリクエストを受けることが結構多いのですが、私どもの会社で生産しているわけではないので、探してなければ「ごめんなさい」をしています。同様の商品を展開している会社はネットにいますが、リアル店舗にはほぼないため、私どもの商品は特別にオーダーして生産してもらっています。


Question4

 今後のビジョンについて教えてもらえますか?

Answer 4

   特注といえども、既定のサイズなので、まだサイズのあわない人たちがいます。その人たち向けの商品をもっと充実させていく予定です。そして、「女装下着NO.1企業」を目指したいと考えています。

 

 

(学生コメント)

 元々は娘さんの体型がきっかけで始めた副業を本業にしてしまった西澤さん。大変バイタリティあふれる方でした。創業塾で知り合った方とも今でも交流があるようで、今回私たちが取材に訪問した柏高島屋のイベントは、創業塾の先輩に誘われて出品したとのこと。

 いつか女装の聖地「歌舞伎町」などで、『フリージア』の名前を知らない人がいないくらいの知名度を獲得できるのを私どもも期待しています。西澤さんの「あったらいいな」というご自身の体験をもとに、お客様に商品をお届けされている姿勢にとても惹かれました。

 

(執筆)古谷樹

(撮影)髙尾 美嬉

 

取引対象企業の基本情報(記事執筆時点)

企業名:フリージア

代表:西澤 由美

Webサイト:http://www.freesia-online.jp/index.html

 

更新日 2017年10月6日(金曜日)

夢や希望の光を柏から発信“Rays”

     

 今回お話を伺わせていただいたのは、英語保育・英会話『Rays English Institute』です。ここには多くの外国人講師が所属しており,カリキュラムは英会話だけでなく、英語保育“プリスクール”という分野に目をつけ、今の教室を開校しました。

『プリスクール』とは英語保育を行う保育施設をさす日本独自の呼び名です。
本来、英語のpreschool(プレスクール/プリスクール)とは5歳以下が通う幼稚園や保育所を指す言葉ですが、日本においては特に英語を基本とした環境で過ごすことを目的とする保育施設を指します。

 写真1

 

Question 1

   

 柏で起業をしようとしたきっかけは何ですか。また、その思いを聞かせてください。

写真2

Answer 1

 私は柏市出身ではないのですが、幼少期から柏市で育ちました。もともと海外が好きで、留学経験や大手英会話スクールで勤務していたこと、そして自分独自の英語教育をしたいということで柏商工会議所主催の創業塾に通い、独立を思い立ちました。

 また、教室のキャッチコピーでもあります、“Ray of light”という言葉に、子供たちの光る夢や希望がこの地から広がりますように…という意味も込められていることから、「柏から世界へ」を形にしたいと思っています。日本人は、『う~ん』や『なんとなく』という言葉をよく使いがちで、自信がないように見られてしまいます。対して英語は、『Yes』や『No』のように気持ちをはっきりと伝えることが多い言語です。英語を学ぶことで自分の意思をしっかり主張することができ、またチャレンジ精神を育て、海外での活躍を応援してあげたいという気持ちが強くあります。


 

 

Question 2
   『Rays』の存在をどのように広げていったのですか?

写真3 
 
Answer 2   
     

 近所にビラ配りをしたり、路線バスにステッカーを張らせていただいたり、1番はお母さん方の口コミが大きいです。お子さんを年少くらいから習い事に通わせる家庭が多い中で、2歳までの時期には特に集中して英語を聞かせてあげたいですね。   

Question 3

 『Rays』の強みを教えてください。

写真4


Answer 3

    

強みは、幼少期からの英語教育は年齢を重ねるにつれて効果が上がるということです。小さい子は見たまま聞いたままを素直に吸収するスポンジのように柔らかい頭を持っています。1歳までのお子さんは母子一緒のレッスンも行っており、お母さんの声でリピートすることがお子さんの頭にも1番入りやすいですし、親子で楽しんでレッスンを受けていただいています。

 また、外国人講師と日本人講師が交互にレッスンを行うことで、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングが効率よく習得できます。そして、週1回の年間44レッスンとしており、休んでしまった分のレッスンも別日で補えるシステムになっています。

 

 
Question4

 今後の展望を教えてください。

写真5

Answer 4 

英語が上達して自信がついてきた子に、1、2週間ほどのホームステイなどを考えています。保護者の方からのリクエストも受けており、親子で楽しんで参加をしていただきたい。また、英語でのプログラミングも・・・「欲張りですかね(笑)」

 実際のところ、やっていきたいことは山ほどありますが、講師の育成やテキスト作り、内容の構成など課題も山積しています。まずは、海外の子と交流が持てるツアーから着手していこうと思っています。

 

(学生コメント)

 『Rays』は鏑木さんの明るい性格や、子供たちを思う気持ちが全面に出ている素敵な教室でした。鏑木さんの思いがたくさん詰まったこの教室から夢と希望の光を持った子供たちがたくさん羽ばたけることを願っています。また、創業塾の同期の方と今でも交流があるとのこと。「経営者は孤独である」という側面もあるのかもしれませんが、学校や企業とは異なる「同期」がいるのは心強く思えました。鏑木さんのとても率直な思いもたくさん聞くことができ、とても楽しい取材になりました。

 

(執筆)五井 佑莉

(撮影)吉田 健一郎

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

企業名:英語保育・英会話 Rays English Institute

住所:千葉県柏市明原3-21-25三芳ビル

Webサイト:https://www.raysenglish.com/

更新日 2017年9月21日(木曜日)

新世代!「ソーシャルビジネス」のパイオニア~日本のシニアと日本語学習者のマッチング!?~

   

 今回取材させていただいたのは、株式会社Helteの代表取締役 後藤 学さんです。
後藤さんは学生時代,2カ国への留学経験や約30カ国へバックパッカーとして旅行した経験を持つ等、非常に爽やかでアグレッシブな方で、楽しく取材を進めることができました。

 写真1

 左から2番目が後藤社長。両端は従業員のお二人です。



Question 1

 御社の事業は「ソーシャルビジネス」とのことですが、具体的に教えてください。

Answer 1

 東南アジアで日本語を学んでいる学生と介護施設に入居している日本人の高齢者をマッチングさせる事業を行なっています。
日本人高齢者が日本の文化や歴史、知恵、経験等を、ビデオチャットを介して話し伝えることで、老人ホームに居ながらも社会との交流を保つことができ、高齢者に対してもより良い効果を与えることができます。一方で、日本語を学びたい外国人には自国にいながら、リアルタイムで日本人と会話ができる機会があります。
将来的には、このマッチングによって日本語を勉強した外国人が介護士として働き、日本の介護士不足を解消させていきたいと思っています。 

 写真2

Question 2
   なぜ日本語を学ぶ外国人と日本人高齢者をマッチングさせようと思ったのですか?

 
 
Answer 2   
 大学時代、アメリカやインドに留学しており、帰国後英会話教室などに通うお金がありませんでした。
そこで、私の母の紹介でアメリカのCCRC(Continuing Care Retirement Community)に住むアメリカ人のおばあちゃんとスカイプで会話する機会を得ることができました。そこで、現地の文化や歴史、知恵、経験が多く得られました。
 今現在、東南アジアには400万人の日本語を学びたいと思っている人がいると予想されています。しかし、彼らは経済的理由で日本へ行くことができなかったり、会話する機会がなかったりするのが現状であり、東南アジアでは多く見られます。このような「語学学習難民」は留学から帰国した直後の私自身と非常に重なりました。

 一方で、私の祖父が介護施設に入居したのをきっかけに祖父から色々話を聞くと、「誰かに教える」「文化を伝える」という体験型のアクティビティがあっても良いのではないかと感じました。

このような体験や思いがきっかけとなり、このソーシャルビジネスを発案するに至りました。

   写真3

Question 3
 なぜ柏市で創業したのですか。


Answer 3 

 私の出身が柏であったことももちろんですが、柏というまちが今後大きく発展する可能性を持っており、今現在成長している過程にあると思ったからです。
 また、実は私、商工会議所のかしわ創業塾の出身で、このブログでも紹介されたSamforte(サンフォルテ)株式会社のシュタウスきりこさんと同期なのです。創業塾をきっかけとした仲間たちが柏にいるというのも大変心強く思います(同業者だとライバルになってしまいますが…笑)。

 写真4

 
Question4

 創業する前と後で、ギャップはありましたか?



Answer 4

 2つあります。1つは自分が思っていた業界の成長スピードが想像よりも遅かった事です。介護業界は情報技術の導入に対して比較的保守的であったということです。もう1つは、私たちの知識、経験、人脈不足により思うように企業が成長しない事が創業前と後のギャップだと思います。


Question5

 これから起業する人達へのメッセージをお願いします。

Answer 5
 港を出てみないと分からない事が多い中、どんなボロ船でも出港することが大事であり、もし沈没したとしても港に戻って再出港すれば良いと思います。起業することに対しても、リスクを背負って楽しむことが重要だと考えています。

 写真5

 写真6

 

学生一言

「日本の高齢者は元気でまだまだ活躍できる」という点と日本語の「語学学習難民」が現状多くいるという点をそれぞれ結びつけることが、ただ単に日本語を教えるという価値以上の価値を生み,斬新で画期的で非常に面白いと感じました。
後藤さん自身,大学生時代は非常に様々な経験をしていらっしゃる方で、その経験に基づくお話を聞いている中で、私も残りの学生生活を後藤さんの様に充実させたいと強く感じました。

(執筆)辻 大輝

(撮影)吉田 健一郎

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

企業名:株式会社Helte(ヘルテ)

代表者:後藤 学

住所:千葉県柏市東上町2-28 第一水戸屋ビル3F Noblesse Oblige内

Webサイト: https://www.helte.jp

 

更新日 2017年9月1日(金曜日)

Detective Suzaki「あれれ~おかしいぞ」

 

 (※今回のタイトルは某アニメを参考にさせていただいております)

 

 今回取材をさせていただきましたのは、株式会社トラスト トラスト探偵事務所 代表取締役 須崎 秀幸さんです。TVドラマやアニメ、漫画等で正義の味方となることが多い探偵。私たちが抱く探偵のイメージは本当に合っているのか、そして、探偵という少々珍しい(失礼^^;)ビジネスの苦労などについて、取材してきました。


写真1



Question 1

   

柏で起業しようと思ったきっかけは何ですか? また、創業時に苦労したことは何ですか?

写真2
 

Answer 1

      

 高校生のときから柏に住んでいたことが一番大きいです。そして、東京・茨城、埼玉に近く、アクセスが良いこと。人が多い地域というと東京となるわけですが、都心でいきなり挑戦するのはハードルが高く、かといって、人がいない地域で事業展開をしても仕方ないと思い、柏での起業を決めました。

起業したての頃は、探偵をしたくてたまらなかったので、楽しくて仕方なかったですね。ただ、集客をするのに大変だったときもありました。具体的には、チラシを自分で作って、ポスティングをしたりすることも。手が空いているときは、他の探偵社のヘルプとして協働して案件にあたったりもしました。

起業時は私1人でしたが、今では従業員が6人に増え、全員が現場にバリバリ出て活躍しています。

 

Question 2
   

このブログの趣旨とは少し異なってしまうのですが、「探偵の実際」について、ズバリ教えてください!

 写真3
 
Answer 2   
    

色々な案件を受けているのですが、実務で言えば、調査、具体的には「張り込み」が中心になります。クライアント(依頼者)のためにも絶対に失敗はできない。結果が出ないと、信用がなくなってしまうため、緊張感がとてもある業務です。

 

例えば、浮気調査で調査対象者が個人宅に入っていったとします。当然、そこから出てくるまで待つわけですが、住宅街で車のエンジンかけたままにはできないから、炎天下の中、車のエンジンをきって何時間も張り込みすることもあります。その時は、車の中に氷を用意したりしています。

このような苦労をしながら、いわゆる決定的瞬間となる「一瞬の証拠どり」をしていきます。この一瞬の証拠写真は私たちにとっては一種の作品です。決定的瞬間の証拠収集ができて初めてクライアントの依頼に応えることができたと言えます。依頼者の中にはいまだにお中元とかを送ってくださる方もおります。

 

実際、様々な依頼がありますが、犯罪に関わる調査などは見極めて、受けないようにしています。

   

Question 3

探偵にはどのような人が向いているのでしょうか?

写真4

Answer 3

  

先を読むというようなスキルがあると望ましいと思います。警戒心もある程度強いとベターです。先ほどの話ではありませんが、張り込み中に、「暑いからエンジンかけちゃえ」というのはまずいですね。あらゆるパターンを考えて、柔軟かつ慎重に対応できる人が向いています。

少し話はズレますが、某アニメに影響を受けて探偵になった従業員もいます(笑)。

 

(岩村・達川コメ)んーー私たちには向いてなさそう(泣) なお、画像の機器は盗聴器を発見するためのものです。女性が男性からもらったぬいぐるみの中に入っていたこともあるとか….(怖)

  

Question4

 今後、起業される方へのアドバイスをお願いします。

写真5

Answer 4

   

私の場合、行政からの支援を受けず、自己資金300万で事業を始めました。柏は、地理的な面ではとてもいいと思います。実際、私自身、柏を拠点として、東京・茨城と広げていきました。スタートアップの拠点としては、ここはとても良い場所。人口も増えていますし。

そして、どの事業を始めるにしても目標を高く、当該事業の地位向上を意識してほしい。企業なので利益を出すことは事業を継続させる上で必要なことですが、その一方で、私たちが営んでいる探偵事業はまだまだ怪しい職業と見られがちなので、その地位を上げていきたいと考えています。

写真6

 

 最後に、「実際とドラマでは違うところはありますか」と質問したところ、探偵ドラマは見ないそうです。理由としては実際とは違うところがあるため、ツッコミを入れたくなってしまうからだそうです。盗聴器を見つけるシーンではすぐには見つかるものではなく、ドラマとは大幅にズレています(実際は見つけるのに本当に時間がかかるし、地味な作業だそうです笑)。

ちなみに、張り込みと言うと「あんぱんと牛乳」が定番ですが、それはあながち間違ってはいなく、お弁当だとバレる可能性があるため、お手軽に食べられるものが主流になっているそうです。

 

(執筆)岩村京香・達川奈央

(撮影)吉田健一郎

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

企業名:株式会社トラスト

代表者:須崎 秀幸

本社住所:千葉県柏市大塚町5-10

Webサイト:https://www.tr-office.jp/

更新日 2017年8月16日(水曜日)

捨てられますか? 自分が育てた野菜で調理した料理を。


 
株式会社 CHATEO Table beet 代表 安生俊一


写真1

 今回取材させていただいたのは、柏市に農園レストランを構える株式会社CHATEOが運営するTable beet代表取締役の安生俊一さんです。
Table beetさんは代表の安生さんがご自分で栽培された野菜を,安生さんご自身が作る料理で頂けると言う、農園レストランになっています。


写真2

写真3

Question 1

  
 柏で創業した理由はなんですか?

Answer 1

    

 地元が柏近辺であったことと、街と田舎が融合する場所であり、お店のコンセプトでもある、農園レストランという考えに街自体が当てはまっていたからです。


写真4

Question 2
 
 なぜ自ら農園レストランを経営しようと考えたのですか?

 
Answer 2   
   

 元々東京都内の洋食店に勤めており、そこで疑問に思うことがあったからです。
 肉や魚などは産地のブランドの影響力が強いことに対して、野菜については「どこの産地であっても、とりあえず用意すれば料理として出せる」という様にブランドの影響力が弱いという考えに疑問を持っていました。

 もし起業前に洋食店で勤めていなければ、この疑問を抱くことができず、Table beetとは全く異なるコンセプトの密集地でキャッチーなお店を経営していたと思います。

  

Question 3

これからのビジョンを教えてください。

Answer 3

 

 新しく2店舗目を展開することよりも、今あるこのTable beetの店舗としての質を向上させたいと思っています。

 例えば、素材を自前で用意して、究極を言えば仕入れをゼロにしたいと考えています。

 他にも、売り物にならない様な傷モノの野菜などを加工できる様な加工所を作り、畑でのムダも少なくしていきたいと考えています。

 更に、経営理念として「何もない所(=ゼロ)から作りたい」と考えています。

 しかし、何もかもゼロから作るには個人レベルでは壁があると感じているため、行政と連携した取組を行う際は自分の考え方や色を出すことができるよう取り組んでいきたいと考えています。

 

Question4

 これから起業される方へのメッセージをお願いします。

Answer 4

  目標を1つ1つ達成する手段をどう選んでいくかで道はどんどん変わっていくので、自分のわがままをどう貫いていくかが大切になるのかなと思います!



 

 

店内は安生さんのこだわりが感じられるインテリアで飾られており、Table beetのロゴや店内の黒板の絵はデザイナーさんに依頼したそうです!

写真5 

 

店内の片隅には安生さんの農園で採れた野菜の販売が行われていました。

その野菜の多くは西洋品種であり、他のレストランにも納品しているとのこと。新鮮な西洋品種野菜をお店や自分の家で食べられるというのは、柏にあるTable beetさんだからこそできるのだと思いました。


写真6

 

安生さんの考えとして

・「0から1にする」

・「古い物に新しい価値を再発見する」

・「ムダをできる限りなくす」

の3点について非常に考えさせられました。

飲食店や家庭での食料廃棄問題が騒がれるこの社会で、この様な考えのレストランは非常に貴重な存在だと感じました。

 

(執筆)辻 大輝

(撮影)吉田 健一郎

 

取材対象企業の基本情報(記事執筆時点)

企業名:株式会社CHATEO

代表者:安生 俊一

Table beet 店舗住所:千葉県柏市中央町7-26 栄マンション1F

Webサイト: http://tablebeet.com/

お問い合わせ先
広報広聴課 / 電話:04-7167-1175 メールフォーム