ヒアリについて

最終更新日 2018年8月2日

ページID 042233

印刷

特定外来生物のヒアリについて、平成30年8月1日現在、本市においては未だ確認されておりませんが、平成30年7月31日に成田空港において県内でも初めて確認されましたので、今後の侵入及び定着防止等のため、ヒアリに関する情報をお知らせします。

なお、柏市内において平成30年6月10日にヒアリと同属のアカカミアリが確認されています。

アカカミアリの確認についての詳細は柏市ホームページ「柏市内におけるアカカミアリの確認について」を参照してください。

ヒアリとは

ヒアリは、体色が赤褐色で腹部が暗赤色、体長2.5ミリから6ミリと大きさにバラつきがあり、土でアリ塚を作って住むのが特徴です。

中南米原産ですが、米国をはじめ中国、台湾等の環太平洋諸国に定着しており、攻撃性があり強い毒を持つため、日本では特定外来生物に指定されています。平成29年5月26日に尼崎市において、国内で初めて確認されました。

また、ヒアリと似たアカカミアリも国内への侵入が確認されており、ヒアリより毒性は低いものの、これも特定外来生物に指定されています。

ヒアリ写真

ヒアリ 全体的に赤茶色で腹部は黒っぽい。前伸腹節にトゲや突起が無い。

アリ塚写真

アリ塚 直径25から60センチ、高さ15から50センチのドーム状の巣。土でアリ塚を作る日本在来種はいない。

出典 環境省ホームページ「ヒアリに関する諸情報について」(外部リンクが開きます)

ヒアリを見つけたら

ヒアリと思われるアリを見つけたら、まず、環境省ホームページ等で生態等の特徴をご確認ください。
平成29年9月13日現在、千葉県内及び柏市内での発見確認はありません。
市民の皆様が生活する地域にヒアリが生息している可能性は低いと思われますが、もしヒアリを発見したら巣やアリを刺激したり触ったりせず、柏市環境政策課(電話番号 04‐7167‐1695)に連絡するようお願いします。

刺された時には

ヒアリはお尻に毒針があり、刺されると火傷のような激しい痛みが生じます。
刺された可能性がある場合は、直後20分から30分程は安静にして、体調の変化がないか様子を見てください。
まれにアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こすことがあります。
呼吸が苦しい、激しい動悸、めまいなど、容体が変化した場合は、早急に医療機関を受診し、ヒアリに刺された可能性があることを医師に説明し治療を受けてください。

参考

環境省ヒアリ相談ダイアル(通話料発信者負担)

受付曜日
月曜日、水曜日、金曜日、土曜日、日曜日、祝日(ただし、12月29日~1月3日を除く)
(補足)平成30年度は7月から9月の期間は毎日利用可能
受付時間
午前9時から午後5時
電話番号
0570‐046‐110

情報発信元

環境部環境政策課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎4階)
電話番号 04-7167-1695
ファクス 04-7163-3728
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート