都市部宅地課

  • 宅地造成等規制法とは

    目的規制区域内の宅地造成に関する工事等について、必要な規制を行うことにより市民の生命及び財産の保護を図り、安全なまちづくりを促進することを目的としています。適用範囲国土交通大臣が指定した宅地造成工事規制区域内の土地を宅地や駐車場等として利用する際、次の事項に該当する場合は宅地造成等規制法の許可が必要です。

  • 市街化調整区域内の建築の建替えについて

    市街化調整区域内での建築等の具体的な相談や照会については、個人の財産に関するプライバシーや重要な取引判断に係わる事が多く、また、判断ミスや聴き違いを防止するために電話での相談はお断りしています。また、開発行為許可物件の調査については、都市計画法に基づく閲覧規則により、当課、窓口で閲覧してください。